夏目友人帳 参 07話『祓い屋』

ニャンコ先生は名取と合流。いつもより見晴らしのいい肩の上に乗りながら部屋へと戻る。
その途中、館内に猫ちゃんは困ると注意されるも……よく見てください、ぬいぐるみですよ。頭でかいし寸胴だし(´・ω・`)

的場に関して詳しくわかったことはないが、覚悟しておいた方がいいと名取は言う。
目的のためなら危険な妖怪でも恐れず使う怖い人。容赦がないのだ。

「だから置いてきたのか?」
名取の式のこと。

「別に意味はない。今は、むしろ連れてこなかったことを後悔して…」

そこで部屋に到着。名取はハッとする。
それもそのはず。部屋の入口に貼ったはずの護符が破られていたのだから。
破ったのはもちろんニャンコ先生。なんてことを……

「ニャンコに破られるちんけな護符を貼るお前が悪い!」

ともかく部屋へ。
夏目はいるかと部屋に入って見たもののそこにはおらず。
窓が開いてそこら一帯が濡れており、事の重大さが感じられた。



夏目は目を覚ます。
両手は普通の人には見えない紙で縛られている。
こうなったならばなったで仕方あるまい。夏目は妖怪の血を集めるということに関して、その目的を的場に訊く。

「妖怪の血は、大きな封印を解いたり、呼び出したりするのに使えるんですよ」

要は餌として使うということ。
自分の血は使いもせず、無関係な妖怪たちからとる……

「これ以上続けるなら、許しません」

そうは言ったものの、夏目にどれだけのことができるだろうか……

的場はコーヒーカップをとろうとして床に落として割ってしまう。
片目だから距離感が掴みづらいため。と言っても、右目は見ることはできるが、今つけている眼帯が必要なのだという。

「食べられてしまうんで」

昔、妖怪に手伝わせる代わりに右目を食わせてやると言った者がおり、けれど結局与えずじまい。以来代々、的場頭首は右目を狙われているという。
的場は右目はあっても顔には酷い傷があるとのことで、せっかくだからと夏目にそれを見せようとして……
そんなところで的場は呼び出され、部屋を出ていくことに。

「事情はどうであれ、罪のない妖怪を襲うことはやめてください。やめないなら、止めます」

「私は人を守るために強い妖怪が欲しいと思っているだけです。そのために恨まれたり、代償を払うのは仕方のないことです」

夏目は確信する。
的場は、同じ祓い屋でも名取とは全然違うということを。

『友人帳のことを、あの人に知られたら……』

夏目は割れたコーヒーカップと見張りの妖怪を交互に見やる。そして隙を突いて……!

音がして、的場はすぐに夏目のいる部屋へと戻る。そこでは夏目がもう窓から飛び降りようとしており……伸ばした手は届かない。夏目は木々の中へと消えていく。

妖怪は一撃で屈していた。
夏目はただ妖怪が見えるだけではないということを的場は知ったか。


夏目はなおも追ってくる的場使役の妖怪から逃げる。
的場が言っていた大物の妖怪がいる森はこの先。今ならばまだ止められるかもしれないと考えた夏目は、そちらへと向かう……


「夏目様! その森に行ってはいけない!」

羽の妖怪は跳ね起き、西の方から凄く嫌な気配を感じていた。
夏目を巻き込むわけにはいかない。そう考える羽の妖怪は、助けに行こうとよぼよぼと歩いて行こうとする……が、それを柊にあっさりと止められる。

「関係あるかないかは夏目が決めることだ。うちの主様も猫饅頭もついている」
まんじゅー(´・ω・`)

『何故呼ばない。名取。飛んでいくのに……』


その名取はというと……
的場はついさっきチェックアウトした。それを聞き、ニャンコ先生とともに顔面蒼白状態であった。

後手後手。
ニャンコ先生は名取のことを裏目と……裏目周一と呼び蔑む。

「何か言ったか白豚猫饅頭」
「ガッテーン!」
画像

喧嘩勃発。
んなことやってる場合かってーの(´・ω・`)

やっぱり猫ちゃんじゃないかと指摘され、誤魔化すのも苦しいところ。窓の外をある女性が走っていくのを見かける。



夏目は的場の妖怪から隠れつつ、なんとか大物の妖怪を見つけて止めないとと考えていた。
気配があるはずだと集中してそれを感じ取り……
夏目はそれを感じた方へと向かう。

気配を感じた辺り。
そこに着いて間もなく、夏目は足を引っ張られ、地下深くの洞窟へと落とされてしまう。

『いる。この奥……』

気付けば目の前に、女性がいた。
もうゆっくりしていられない。あいつが来る前に。
そう呟く相手はすぐに夏目に襲いかかってくるが……そこにニャンコ先生と名取が助けに入る。

ニャンコ先生の光は効かなかった。
が、夏目は彼女の声に覚えがあった。
紙面の妖怪の欠片から流れ込んできた悪意。その時の夢の声。

「もしかして、あなたは人間……?」

そう。
名取も気付き、女性が的場に仕えていた呪術師だとわかる。

彼女の式は的場の餌に使われ、以来引退したとのことだった。
だから、彼女は的場を許さないと……あいつを食う妖怪を目覚めさせようとしていた……

それは夏目達の背後にいた。
まだ目覚めてはいないようだが、そいつを中心に目覚めの陣が書いてあった。
近くにある壺には集めた血が入っているのだろう。

女は式を食われた復讐として、噂を流して的場をこの村におびき出したのだという。
式を食われたことは誠に残念なことではあるが、祓い屋という仕事をしている以上使っている妖怪は道具に近しいものであると、名取も考えていた。
しかし、女は違った。式は大切な存在で……
だからこんなことをしている。

まだ血が足りない。
女は次々と紙妖怪を出して襲わせるため、ニャンコ先生が斑になってそれを一掃しようとする。
そんなところで矢が飛んできて……それから斑を庇おうとした夏目をかすめて、斑にザクリ。

「おや失礼。妖怪がごちゃごちゃいたので、どれがどれやら」
的場……

彼はここを探すのに随分苦労したという。
事件がある度に現場に駆け付けて妖怪を調べたり、式たちにこの森を何度も探させたりしたが見つからなかった。
が、泳がされた夏目はすぐに見つけ出してしまった。

「もしかして君は……」

そこで赤い目がギラリと光る。
それは斑のもの。

「身の程を知らぬ者よ、覚悟するがいい……!」

狂気を見せる斑だが、彼も深い傷を負っているのは事実。だから夏目はそれを止めようとする。先生に何度も声をかける。
その結果、ニャンコ先生に戻ることに。

「先生。血が出てる」
「血の一滴二滴で騒ぐな。こんなの舐めときゃ……」
届きません(´・ω・`)

そんな時。
ニャンコ先生から流れ出た血が、精……おたまじゃくしのようにうねうねと飛んでいく。

「やっぱり先生、妖怪だったんだな」
「アホ! さすがの私でも、あんなにハッスルした動きのものが体の中を流れていたら恐ろしいわ!」

でも別の意味で先生は妖怪だと実感できた。
それは、壺の中の血も同様に流れ飛んでいくことからもわかる。それらは大物妖怪の口の中へと吸い込まれていき……ついにその封印が解かれてしまう。

的場が先ほど放った矢はこれを狙っていたのだろう。
女は自分が血を集めて陣を描いたと主張。的場を食べるように命令する……が、そんなの聞くはずもない。
誰の命令も聞かず、大物妖怪は力を振りまく。

夏目達は退避へ。
もちろん、女性を連れていくことも忘れない。


「無様ですね」

的場は言う。

「祓い屋をやっていながら、妖怪に情を移して、思慮に欠けた行いに走るとは。挙句にこれか」
的場……

「あの妖怪は使えない。うちは撤退する」

この男にとってはその程度の問題。だから、名取があの妖怪を封印しようと動き出す。
夏目は自分も手伝うと主張。先生は女の人についててやってとその頭をなでなで……そののち、夏目と名取は再び洞窟の奥へと向かう。


洞窟から出てきた的場を七瀬が迎える。
今回の妖怪は言葉を介さないから契約もできないし、力が強すぎるから術で従わせることもできない。
頭首直々に出向いたのにあんな妖怪とは無駄足だった……とも感じられるが、的場は夏目とニャンコ先生には興味を抱いていた。


名取は封印の陣を用意する。
夏目は石を投げて妖怪の注意を引き、その陣の中へと大物妖怪を導き……しかしその前に、夏目は捕まってしまう。

今にも喰われんとするその時。
大物妖怪に護符付きの矢が突き刺さる。
それを放ったのは的場。直後の彼の言葉により、大物妖怪はあっさりと消え去ってしまう。

「いらない妖怪に手間などかけず、消してしまえばいい」

そう言う的場にとっては、この妖怪もあの女もどうでもいいこと。だけど……

「君はおもしろそうだ」

また会うこともあるだろう。
夏目にお見知りおきの別れの言葉を交わし、的場は去っていく。

いつの間にか女がやってきており、消え去った妖怪の灰を集めていた。
彼女の悔しさは理解できる。決して忘れられぬ想いがあるということを……



夏目貴志。的場は彼があの夏目レイコの孫であると七瀬に聞かされる。
ますます興味を持ち、今後彼らはどう関わることになるだろうか……



今回の件は名取家が預かることに。
そんなこんなで帰り……
それを出迎えた柊からは無言の圧力のようなものが感じられた。

「怒っているのか?」
「私に腹を立てる理由などありません。私は主様に仕えているのですから」

『あの人たちには、見えないのだろうか。 仲間を守るために奔走する妖や、失って…心を壊してしまうほど妖と絆を持ってしまう人の……痛みが』

想いがあるからこそ、それが連鎖して災いを呼んでしまうこともある。でもそれが人間でも妖怪でも共通してあるものなのだ。だからこそ、想いを大切にした行動を心がけねばなるまい。これ以上悲しい連鎖を引き起こさせないために……

とは言え、夏目があの人たちのことで気持ちを揺らす必要はない。
ああいう人たちもいる。それも事実として認めねばならず、夏目は夏目らしくあるべきなのだ。

夏目には先生もいるし、名取や柊もいる。

『俺は…………あの人たちとは違う……!』


夏目友人帳 参 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2011-08-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夏目友人帳 参 1 【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • あるるかん

    柊は可愛いなぁ!
    仮面娘の多くを語らないところが良いです。
    名取も大人げないところがありますから、そこら辺の世話も焼いているのかも。夏目の嫁が多岐なら名取の嫁は柊か……。


    妖怪を殺す的場も、妖怪など人外の化け物が敵側として決まっているなら主人公や善のほうへ回れたのでしょうね。しかし夏目友人帳は人間も妖怪分け隔てない物語ですから、かなりの凶悪さを発揮してますね。

    平凡で安物っぽい服装なのに、眼帯・長髪・弓矢は意外性の塊ですね。
    追及されて「私のキャラが薄くなるだろ!!」とか言われたら印象変わったのに(笑)
    まあ理由は迷惑な話ですよね。

    弓矢を使うのは、銃器を持ち歩くのは不味いけど弓矢なら取り繕えるし、非力な人間が妖怪を殺すなら長距離から仕留める飛び道具でしかも無音な弓矢がうってつけだからでしょうね。

    今回は今までにない終わり方ですが、これが的場クオリティー!
    2011年08月16日 13:49
  • 本隆侍照久

    >あるるかんさん

    私的には柊はクールカッコいい印象でした。どちらにしろ、とても素敵な仮面娘さんですね。
    名取は最初の印象とは逆にユニークなお人でしたw ですから確かに柊とのバランスはいい感じだと思えます。嫁……そんな存在になれたら素敵ですよねぇ……(´・ω・`)

    妖怪が絶対的に悪ければホント問題ないんですけど、そうではないので難しいところですよね。実際妖怪を使役もしているわけですから、妖怪は絶対悪だという考えはすべきものではないのは明らか。的場は悪者としての地位は確立していますね。

    その的場ですが、弓矢を武器にしているとは……珍しいものですね。キャラを確立しようとしてチョイスしているのであれば憎めないキャラになるかも……w
    でも弓矢ってああいう一見和風な格好でのお仕事にはけっこう似合ってるかもと感じました。少なくとも、銃器を使うのよりは祓い屋という仕事らしいです(´・ω・`)

    これで的場とのお話は一段落。次は以前のように戻るのでしょうか。また温かいお話を見れるのが楽しみです^^
    2011年08月16日 16:38

この記事へのトラックバック

夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」
Excerpt: 夏目友人帳 参の第7話を見ました 第7話 祓い屋 妖怪の血を奪う人間を捜索していた貴志は、祓い屋一門の頭首・的場静司と出会う。 名取の助けもあって事件を調べ始めたが、宿屋で的..
Weblog: MAGI☆の日記
Tracked: 2011-08-16 10:04

夏目友人帳 参 第7話 「祓い屋」 感想
Excerpt: 猫饅頭なニャンコ先生は可愛いですね。 ニャンコ先生の本気も見たかったですが。 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の 頭首・的場静司と出会う。 名..
Weblog: ひえんきゃく
Tracked: 2011-08-16 12:10

夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」
Excerpt: 夏目を捕まえた的場。 妖怪への報酬で的場家当主は代々右目を狙われると話し。 眼帯の下の傷を見せようとしたり…性格悪いですね(^^; ▼ 夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」  名取と猫ちゃ..
Weblog: SERA@らくblog
Tracked: 2011-08-16 12:13

「夏目友人帳 参」7話 祓い屋
Excerpt: 的場静司のあの右目の紙は先祖が妖怪に仕事を手伝ったら右目をやるという約束をしたのに保護にしたために代々右目を狙われるようになったため取られないようにということだけどその妖怪倒せないのかね?それと.....
Weblog: 蒼碧白闇
Tracked: 2011-08-16 17:05

夏目友人帳 参  第7話
Excerpt: 第7話「祓い屋」です。 失って心を壊した呪術師さん。 妖はエサだという的場さん。 ああいう人たちもいるという名取さん。 そして、あの人達とは違うと感じる夏目くん 二人がコント..
Weblog: アニメノガゾウ
Tracked: 2011-08-16 18:47

【夏目友人帳 参】7話 血の動きが精子だったな。 そして次回は子狐きゅん回
Excerpt: 夏目友人帳 参 #07 祓い屋 505 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/08/16(火) 02:00:24.12 ID:tA/u+vjY..
Weblog: にわか屋
Tracked: 2011-08-16 19:16

夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」
Excerpt: 『妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場静司と出会う。名取の助けもあって事件を調べ始めたが、的場の式に襲われ捕らわれてしまう。目的のためなら容赦なく妖怪を.....
Weblog: Spare Time
Tracked: 2011-08-16 20:18

夏目友人帳 参 第07話 『祓い屋』
Excerpt: 名取とニャンコ先生が出ていった隙に夏目が捕まった。先生学習しろ。不用意にぼっちにして夏目ピンチな展開が多すぎる気がする。 的場一門って大丈夫なの。妖怪を襲っていたのは的場の元締めじゃなくて、元的場の..
Weblog: こいさんの放送中アニメの感想
Tracked: 2011-08-16 20:47

夏目友人帳 参 第7話「祓(はら)い屋」
Excerpt: 心を壊す程までに絆の深まった人間と妖怪、この壊れてしまった心は的場には見えていなかった
Weblog: 時は零から
Tracked: 2011-08-16 21:21

夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」
Excerpt: 「俺はあの人達とは違う――」 目的の為なら手段を選ばない的場――! 的場の目的を阻止すべく森へと向かった夏目     【第7話 あらすじ】 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、..
Weblog: WONDER TIME
Tracked: 2011-08-16 21:44

『夏目友人帳 参』#7「祓い屋」
Excerpt: 「俺はあの人たちとは違う」 妖怪の血を奪う人間を探っていた夏目だったが、的場側に捕らえられてしまう。 「逃げるからいけないんですよ。話を聞きたいといったのに」 しかも捕らえさせた本人である的..
Weblog: ジャスタウェイの日記☆
Tracked: 2011-08-16 21:49

夏目友人帳 参 7話
Excerpt: 命の重み、知るべし。 というわけで、 「夏目友人帳 参」7話 生殺与奪の巻。 道具、ね。 まあ、的場さんにとっちゃそうなんだろう。 家業。稼業。生業。これもまた、一つの考え方。..
Weblog: アニメ徒然草
Tracked: 2011-08-16 21:51

夏目友人帳 参 第7話 「祓い屋」
Excerpt: 夏目友人帳 参 第7話 「祓い屋」 です。 <キャスト> 夏目貴志:神谷浩史 ニャンコ先生:井上和彦 夏目レイコ:小林沙苗 名取周一:石田 彰 田沼 要:堀江一眞 笹田 純:沢城みゆ..
Weblog: 何気ない一日
Tracked: 2011-08-16 22:20

夏目友人帳 参 第7話 感想「祓い屋」
Excerpt: 夏目友人帳ですが、的場に捕まった夏目は大ピンチです。的場は妖怪の血を集めて、更に妖怪をハントする餌として使っているそうです。的場家では妖怪に目を取引に利用したことがあるので、代々狙われているので護符を..
Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記
Tracked: 2011-08-16 22:25

夏目友人帳参第7話感想
Excerpt: #7「祓い屋」 思いがけず、記事についてコメントをいただいたこともあり、勇気づけ
Weblog: うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳
Tracked: 2011-08-16 23:04

夏目友人帳 第7話 「祓い屋」
Excerpt:   夏目友人帳  第7話 「祓い屋」     中々戻らない名取を探して、部屋まで戻って来たが…名取が折角ドアに貼った ..
Weblog: ★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★
Tracked: 2011-08-16 23:34

(アニメ感想) 夏目友人帳 参 第7話 「祓い屋」
Excerpt: 夏目友人帳 参 1 【完全生産限定版】 [DVD](2011/08/24)神谷浩史、井上和彦 他商品詳細を見る 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場静司..
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2011-08-17 00:10

夏目友人帳参#7「祓い屋」感想
Excerpt: 妖怪と情を通じるなど笑止・・・。的場の矢が全てを射通す。「祓い屋」あらすじは公式からです。妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場...
Weblog: おぼろ二次元日記
Tracked: 2011-08-17 00:55

第7話 『祓い屋』
Excerpt: 本文はネタばれを含みます。ご注意ください。画像はクリックで拡大されます。 今回も、色々と考えさせられる良いお話だったんですが……すいません、予告の子狐に持っていかれましたwもうホントに可愛くてし..
Weblog: 冴えないティータイム
Tracked: 2011-08-17 04:01

夏目友人帳 参 第七話 「祓い屋」
Excerpt:  ねこまんじゅうとは上手いこと言いますね、柊は。
Weblog: つれづれ
Tracked: 2011-08-17 05:58

夏目友人帳 参#07
Excerpt: 第7話 『祓い屋』 陰陽師にとっての“人”とは、『冠位を持つ階級』のこと……。 それ以下の“人に非ざる物”の命は、『“人”の為に』遣われて然るべき。 と…言うのが『古代日本』の基本思想なワケです..
Weblog: インチョーのなんとなくブログ風 ~もしくはネットの海で瓶詰地獄~
Tracked: 2011-08-17 10:45

夏目友人帳 参 第7話「祓い屋」
Excerpt: 夏目を一人にしちゃあいけません。 名取さんとニャンコ先生じゃれ合ってる場合じゃ 夏目たちの身を案じる柊、 夏目、主様、ねこ饅頭 www 斑と呼んでもらえない先生(^_^;) 夏..
Weblog: のらりんすけっち
Tracked: 2011-08-17 17:06

夏目友人帳 参 第七話「祓い屋」
Excerpt: 夏目友人帳 参 第七話「祓い屋」です。 いつもならば、火曜日に感想を書いているん
Weblog: 藍麦のああなんだかなぁ
Tracked: 2011-08-17 23:43

夏目友人帳 参 テレビ東京(8/15)#07
Excerpt: 第7話 祓い屋 公式サイトから 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2011-08-18 00:31

夏目友人帳 参 7話 「祓い屋」(アニメ感想)
Excerpt: 【あらすじ】 妖怪の血を奪う人間を突き止めようとしていた夏目は、ついに祓い屋一門の頭首・的場静司と出会う。名取の助けもあって事件を調べ始めたが、的場の式に襲われ捕らわれてしまう。 目的のためな..
Weblog: アルベロの雑木林
Tracked: 2011-08-19 11:57

夏目友人帳 参 第7話 「祓い屋」
Excerpt: 仕方ない、これは仕方ない
Weblog: すずきモノがたり
Tracked: 2011-08-19 16:20

「夏目友人帳 参」#7【祓い屋】名取と先生のコント、最高♪
Excerpt: 6話と前後編での的場編、完結です。 いやはや、今回はなんといっても 名取と先生のコントが楽しすぎた~。 原作でもここ大好きだったので、 見事再現してくれて、嬉しいです。 動くって素敵ねぇ..
Weblog: 橘の部屋2
Tracked: 2011-08-19 23:09

◎夏目友人帳参第七話「祓い屋」
Excerpt: ナトリとニャンコ先生が話す。マトバは容赦がないんだという。そして、ナツメがつれさられたことに気づく。なぜ妖怪の血を集めているのかきくと、エサに使うという。奥に大物がいる...
Weblog: ぺろぺろキャンディー
Tracked: 2011-11-21 18:40