STEINS;GATE 23話『境界面上のシュタインズゲート』

2010.08.21 17:32

第三次世界大戦。
その結果、2036年には世界中の57億人が犠牲になっているのだという。
そのきっかけを鈴羽は示す。

「ロボじゃね? 変形とかしたりして」
ダルはそう言うが、岡部ならばそれが何かわかる。

「タイムマシンだ……」

ならば話は早い。

「あたしと一緒に来て」
そう言い、鈴羽は手を差し出す。しかし……

「……断る」

岡部はα世界線から来たこと、この3週間の内に何度も世界線を越え紅莉栖を犠牲にしてこのβ世界線に辿りついたことを説明する。

「その全てを無駄にするなんて……そんなことはできない…!」

紅莉栖。
まゆしぃもその名に少し覚えがあるか……

「岡部倫太郎。もしも、世界大戦を回避するのに必要なことが、2010年7月28日に亡くなった、牧瀬紅莉栖を助けることだと言ったら」
……!

鈴羽も詳しいことはわからない。
ただ彼女が受けたミッションは一つ。

「牧瀬紅莉栖を救い、世界線収束範囲-アトラクタフィールド-の干渉を受けない唯一の世界線……運命石の扉-シュタインズ・ゲート-を目指せ!
……!

シュタインズ・ゲートということはまさか……

「この計画を立てたのは、未来のおじさんと…父さん」

全ては推測でしかなく、二人の理論は間違っているのかもしれない。シュタインズ・ゲートなんて世界線は存在しないのかもしれない。

「でも、それでもあたしは行く。素晴らしい未来が待っているという、未知の可能性に賭ける!」

どうせこのままでは世界が大きな破滅を迎えてしまうのだ。それを避けようと行動を起こすだけでも、充分な価値があるだろう。
だから鈴羽は手を差し出す。もし岡部が一緒に来てくれるならその手を握ってと。
まゆしぃは今の話はちんぷんかんぷんだが、それでも岡部に言えることがある。

「その人が……紅莉栖さんって人が、オカリンにとって大切な人なら……頑張るべきじゃないかな」
「第三次世界大戦とかオカリンの妄想に近すぎで、他に対応できる人間はいないと思われ」

ダルの言葉も素敵な後押し。
でもそれは凶真に対するものであり、今の岡部にとっては瑣末なものでしかない。

「未来の57億人には興味はない。……ただ」

脳裏によぎるのは紅莉栖。
岡部は鈴羽の手を握る。
うぇへへ(*^ω^*)

それでは、すぐにタイムマシンに乗ってあの日へと向かおう。

「二人乗れるのか?」
「もちろん。あたしの父さんが作った最高傑作なんだから」

そう言い、鈴羽はダルにウインク。
背後に誰かいたかいなとダルはそちらを向くも誰もおらず。だって……ねぇ。

向こうの岡部の携帯と混線する可能性があるため、携帯はまゆしぃに託す。

「行ってくる」
「……うん。頑張ってね」

1975年と2000年にも立ち寄ったというタイムマシン。状態は良好だ。とは言え、そろそろ燃料がヤバいのだという。

「待て。過去から未来にも行けるのか?」
「当たり前じゃん。タイムマシンなんだから」

岡部の知ってるそれは一方通行だったが、世界線が違うことでタイムマシンの仕組みはこうも変わるか。

向かうのは7月28日の12時前。
Gがキツイというそれを受けながら、岡部は鈴羽とともに時を越える……



2010.07.28 11:51

初めてのタイムマシンを経験し、胃液が逆流しかけた岡部。それに耐えつつ、ラジ館内部へ。

「この時間にいる自分との接触は避けて。深刻なタイムパラドックスが起きるから」

紅莉栖が刺されるまであと20分といったところ。
鈴羽はタイムマシンのセッティングをしておくから、岡部は紅莉栖を守るようにと言われる。
だから岡部はあの日のことを思い出す。
中鉢博士の会見を見に来て、屋上の物音を聞いてそちらへと駆けて行った。今まさにそれが起きる。

凶真が会見場から飛び出してきて、岡部はとっさに階段の陰に隠れる。
この後まゆしぃは7階のうーぱのところにいたはず。それを思い出した岡部はすぐに今いる場所からも離れ接触を避ける。

メタルうーぱが出て喜ぶまゆしぃらを見送り、岡部は奥の階段で8階へと戻る。
ここまで来れば、過去の自分やまゆしぃとの接触はとりあえずなくなるだろう。そう思った矢先、

「あ、すみませ」
「く……紅莉栖……」

確かに生きている紅莉栖と接触する。
岡部にとってどれだけ愛おしい存在か。岡部は彼女に触れようとするも、今の紅莉栖にとって岡部は赤の他人。紅莉栖が生きていることが嬉しく、でも忘れてしまっていることが悲しく、いろんな思いが錯綜するところだろう。

「俺は……お前を……」

そんなところで放送が鳴る。
これから8階ホールで中鉢博士の会見が開かれるという報せで、それを聞いた岡部はすぐさまその場を後にする。

「待って。待ちなさい!」
待たないよ(´・ω・`)


中鉢博士タイムマシン発明成功記者会見が催される。

「計画書には、おじさんは牧瀬紅莉栖をマークできるはずだってあったけど、できる?」
うん(´・ω・`)

「それと、彼女を外に連れ出すのは危険だから」

彼女を殺害したのは誰かを特定しないと結局死へと収束してしまう。それはα世界線でのまゆしぃの件で痛いほどにわかっていることか。

岡部がそんな会話を思い出しつつ紅莉栖をマークしていると、会場から中鉢博士の理論をタイターのパクリだと指摘する凶真の声が聞こえてくる。
そこで紅莉栖は会見場へ入っていく。これ以降は凶真と接触するはずだからと、その間に岡部は場所を移す。そして紅莉栖が血まみれで倒れていた現場へ。

もしかしたら別の場所で刺されてここに来る可能性もある。それを考え、岡部は一瞬マズイと思うも、間もなく紅莉栖がやってきて岡部は隠れることに。
誰かを待っている様子の紅莉栖。彼女が読んでいるのは……

『タイムマシン!? だからクリスは世界線を変える鍵に…』

そこに間もなく、紅莉栖が待っていたであろう相手が現れる。

「あのね、これを読んでほしいのパパ」

紅莉栖がパパと呼ぶその相手は……

『な、中鉢博士!?』

紅莉栖は嬉しそうにパパと話す。
7年ぶりに連絡をくれたことがきっかけになり、紅莉栖はタイムマシン理論の論文を書いたのだと言う。

「もし、それが認められたら、学会を追放されたパパのリベンジに…」
「追放されたのではない! 私の方が私の方が嫌気がさして見切りをつけたのだ!」
「ごめん……」

中鉢博士がざっと論文を読んだところ、悪くない内容だという。
紅莉栖はパパさえ良ければそれを共同署名で出してもいいと考えていた。しかし、中鉢博士はバカなことを言うな、帰れと紅莉栖に言う。

「この論文は、私の名前で発表する」

……それは非道い。

「まさかパパ盗むの?」

その言葉が引き金になったか。

「黙れ!」

中鉢博士は容赦なく紅莉栖を殴る。
そして彼女を押し倒して苦しめる。
優秀な紅莉栖を妬み、お前さえいなければと……

そこで、岡部が中鉢博士に飛びかかる。
先ほど自分に突っかかってきた男が現れたことにより、中鉢博士は誤解してしまう。示し合わせて会見を台無しにしようとしていたのだと。
冷静さを失った中鉢博士はナイフを取り出す。

「パパ!」
『守るんだ。紅莉栖を!』

戻ること、やり直すことはできない危機的状況。
岡部は中鉢博士のナイフをかわしつつ、うまく相手の腕をとってナイフを落とさせる。
岡部はすぐさまナイフを確保しようとするも、運悪く中鉢博士の手元には別の武器があった。

「もうやめてパパ! お願い……!」
「私に……指図するなぁ!」

中鉢博士がマイナスドライバーを振りおろそうとしたギリギリのところで、紅莉栖はその腕を止める。
それでも中鉢博士の狂気はなくなる気配がなく、紅莉栖が殺されるのも時間の問題といったところであった。
だから岡部は……

「やめろぉ!!」

ナイフを中鉢博士に刺そうとし、そんな岡部からパパを守ろうとした紅莉栖が……
……岡部に刺される結果に。


最悪の結果。最悪の末路。
中鉢博士は紅莉栖の論文を持ち、笑いながら去っていく。

「ごめん…なさぃ…」

紅莉栖は苦しみながらも、岡部を巻き込んでしまったことを謝る。

紅莉栖は中鉢博士にあんなことをされながらも彼を庇った。父親だからと。
そして、怖いよと言う。死にたくないと言う。
でも彼女からは血が流れる一方で、やがて力なく倒れてしまう。

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」



2010 08.21 17:56

タイムマシンが戻ってくる。
ダルとまゆしぃがそれを迎えると、そこからは服を血に染めた岡部が出てくる。

「大丈夫。これはおじさんの血じゃないから」

とは言え、彼の精神は全然大丈夫なものじゃなかった。
紅莉栖を救えなかったことが彼を責める。

「おじさん。辛いだろうけど、まだ諦めちゃダメ。もう一度、過去に戻るだけの燃料は残っている…」
「うるさい!!」

どうせまた行っても同じ。アトラクタフィールドの収束によって紅莉栖は死んでしまうのだと、岡部は絶望していた。
そこで岡部の携帯が鳴る。

「開けて」

鈴羽の言うとおり、まゆしぃはそのメールを開く。

『テレビを見ろ』

ダルがテレビを確認すると、中鉢博士を乗せた飛行機が貨物室に火災を起こしながらも辛うじて亡命先のロシアに到着したことがニュースで報道されていた。
これが金属探知器にかかったお蔭で論文が焼けずに済んだと言う中鉢博士が持っていたのは、まゆしぃのメタルうーぱだった。

「あの論文が、全ての始まりなんだ」

これをきっかけにタイムマシン開発競争が始まり……それがやがて世界大戦に発展することになったと。

「57億人の命が懸かってるの。牧瀬紅莉栖を救って。世界線を変えて」

鈴羽のその願いは今の岡部には届かない。
彼は希望以上に残酷な絶望を知ってしまっているから。
彼にとってはたった一回の失敗ではないのだ。こうなるとわかっていて、これ以上やるにはもう彼は疲れ過ぎていて……
そんな岡部にまゆしぃの平手が入る。
画像

「オカリンは途中で諦める人じゃないよ。まゆしぃは知ってるもん。オカリンは絶対諦める人じゃない。まゆしぃがおばあちゃんとさよならできずにいた時も、諦めないで毎日お墓に来てくれた。だからさよならできたんだよ。だからまゆしぃは元気になったんだよ」

岡部の行為により、救われた者がいるのは事実なのだ。
今こうしてまゆしぃが生きていられるのが何よりの証拠。岡部は彼女の笑顔を守ることができているのだということを忘れてはいけない。

岡部が希望を取り戻しかけたところで、鈴羽はそれを後押し。7月28日にムービーメールが来ていたはずと言い、それを見るように言う。

「今なら見れるはず。牧瀬紅莉栖の救出に、一度失敗した今なら」

それはどういうことか。

「騙してごめん。一度失敗するのは計画の内だったんだ。おじさんがそれを見るための」

かつては見れなかったムービー。それが今ならば映る。

『初めましてだな、15年前の俺』

未来の岡部からのメッセージ。紅莉栖を亡くした世界の彼からの。
だから今の岡部が味わっている辛さは彼も理解している。

『だが、その辛さが、俺に執念を与えた。だから、なかったことにするわけにはいかなかったのだ』

ここからが本番。
シュタインズゲートに入るための条件は二つ。

『中鉢博士がロシアに持ち込んだタイムマシンに関する論文を、この世から葬り去ること。もう一つは、牧瀬紅莉栖を救うことだ』

後者については、アトラクタフィールドの収束により不可能だと思われたが、

「はっきり言おう。紅莉栖を救うことは可能だ」

方法が間違っているだけなのだという。

「いいかよく聞け。確定した過去を変えてはいけない。最初のお前自身が見たことを、なかったことにしてはならない。なかったことにすれば、過去改変が起こり、全てが失われる」

α世界線を思い出せ。
僅か3週間でも紅莉栖と過ごした記憶がある。紅莉栖とともに、まゆりを救うため多くの思いを犠牲にし、もがき続けた経験が存在する。
その3週間の世界線漂流を無駄にしてはならない。なかったことにしてはいけない。
たとえα世界線があるべきものではなくとも、それがあったからこそ紅莉栖を助けたいと思う岡部が今ここにいる。タイムマシン開発に全てを捧げた岡部が未来にいる。
今岡部が立っているその場所は、全てを通しての岡部が紅莉栖を助けたいと願ったからこそ到達できた場所なのだ。

『だから、騙せ。お前自身を』

紅莉栖が死んだという過去を変えずに彼女を救え。生きている紅莉栖を、過去の自分に死んだと観測させろ。そうすれば過去改変は起きないのだから。

ちなみにタイムマシンの形式はC204型。
それが何を意味するか言うまでもないだろう。

「クリスティーナ…」

目的の世界線を“シュタインズゲート”と名付けた意味も、“彼”にならわかるはず。

『「特に、意味はない」』

そうだ。そうなのだ。

『これより最終ミッション……未来を司る女神作戦-オペレーションスクルド-の概要を説明する』

彼は言う。
血まみれで倒れている牧瀬紅莉栖と、それを見た岡部倫太郎の、確定した過去を変えずに結果を変えるのだと。

『最初のお前を騙せ。世界を騙せ』

それがシュタインズゲートに到達するための条件。
そして最後の言葉は決まっている。

『エル・プサイ・コングルゥ』


笑う。
“凶真”は笑う。33歳にもなって厨二病全開の自分のことを。

「やってやる。 それがシュタインズゲートの選択というのならばな…!」
うむ(´・ω・`)

「俺は狂気のマッドサイエンティスト。鳳凰院凶真! 世界を騙すなど、造作もない! フゥーッハッハッハッハッハッハッハッ!」

大事なことなので敢えてもう一度。

「この俺は……狂気のマッドサイエンティスト。鳳凰院凶真! 世界は、この俺の手の中にある!」
フハハハハハ(´・ω・`)


STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray]
メディアファクトリー
2011-09-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STEINS;GATE Vol.4【初回限定版】[購入者限定イベント応募券封入!] [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • あるるかん

    惚れ惚れするくらい展開や伏線回収、演出ですね。すごい作品だ。
    あのカメラの撮影の仕方も中二っぽかったですね。てっきり顔に醜い傷跡があってそれを見せないためだと思いました。

    厨二病な鳳凰院凶真は常に誰かのためにある存在するんですよね。一度目はまゆりのため、二度目は紅莉栖のために。
    2011年09月11日 14:04
  • 本隆侍照久

    >あるるかんさん

    いやぁもうテンションが高まってついつい声が出てきてしまいそうな展開でしたね(`・ω・´)
    今まで散々中二っぽさを見せていて、最近は普通の彼に……でもやっぱり“凶真”は確かに必要な存在、彼らしさを出す存在なのだと感じられてとても素敵な展開になりました(*´・ω・`*)

    オカリンは自分のために、凶真は誰かのために、ってとても素敵なものですね。
    紅莉栖復活が成功することになれば、凶真は厨二病の星。是非ともこのオペレーションを完遂してほしいですね(´・ω・`)
    2011年09月11日 19:40

この記事へのトラックバック

STEINS;GATE 第23話「境界面上のシュタインズゲート」の感想
Excerpt: 鈴羽「牧瀬紅莉栖を救い、アトラクタフィールドの干渉を受けない唯一の世界線、シュタインズ・ゲートを目指せ!」  全てのDメールを取り消し、世界線を元に戻し、まゆしぃが死ぬ未来を変え、全ては終わっ...
Weblog: To LOVEるダークネスと結城美柑&金色の闇が好きだあっ!!(新さくら日記)
Tracked: 2011-09-07 06:34

Steins;Gate #23 「境界面上のシュタインズゲート」
Excerpt:  世界をだませ。
Weblog: つれづれ
Tracked: 2011-09-07 06:50

STEINS;GATE 第23話 「境界面上のシュタインズゲート」
Excerpt: 「未来の57億人には興味はない。ただ─」 全人類よりも全ては愛する一人の女性のために 最終章は紅莉栖を救うために鈴羽とそして未来の自分と共に再び時間を跳躍するオカリン。 もうこのアニメでやる..
Weblog: ムメイサの隠れ家
Tracked: 2011-09-07 07:20

【アニメ】Steins;Gate シュタインズ・ゲート 23話 シュタインズ・ゲートの意味
Excerpt: Steins;Gate 23話「境界面上のシュタインズゲート」 の感想を 世界の圧倒的な力の前に、絶望する「岡部」 「岡部」にはもう限界だったが、「マッドサイエンシスト」なら!! 中二..
Weblog: おもしろくて何が悪い ケの人集会所
Tracked: 2011-09-07 14:36

最後の関門 朝夕のあにめより
Excerpt: シュタインズ・ゲート 23話「境界面上のシュタインズゲート」 花咲くいろは #23 神様ドォルズ #10
Weblog: 義風捫虱堂
Tracked: 2011-09-07 21:16

STEINS;GATE  第23話 「境界面上のシュタインズゲート」
Excerpt: STEINS;GATE  第23話  「境界面上のシュタインズゲート」   2010.8.21.17:32…『私の受けたミッションは1つ、牧瀬紅莉栖..
Weblog: ★アニメ三昧★戯言・言いたい放題★
Tracked: 2011-09-08 20:00

Steins;Gate??23?????????????????
Excerpt: ??????????? ??????????????? ???????????????????? ???????????? TV????STEINS;GATE???..
Weblog: ??????????????
Tracked: 2011-09-08 21:38

Steins;Gate テレ玉(9/06)#23
Excerpt: 第23話 境界面上のシュテインズゲート 公式サイトからラジ館の屋上に現れた鈴羽に
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2011-09-08 22:26

Steins;Gate 第23話 「境界面上のシュタインズゲート」 感想
Excerpt: OPの歌詞が変わっていますね。 ここにきて2番の歌詞とは、いい演出ですよ。 明らかになった紅莉栖死亡の真相。 絶望する倫太郎、差し出された希望。 甦る鳳凰院凶真! 伏線の..
Weblog: ひえんきゃく
Tracked: 2011-09-08 23:35

それがシュタインズゲートの選択ならば。『Steinz;Gate』23話。
Excerpt: 1%の壁の向こう側で。ここまでどん底に落ちたのであれば、あとはもう這い上がるだけ。そうしてラスト、鳳凰院凶真は、復活する。いよいよ大詰め、『シュタインズゲート』。二度 ...
Weblog: あんりみてっど・くっきんぐ・わーくす
Tracked: 2011-09-09 17:25

Steins;Gate 23話 「境界面上のシュタインズゲート」 感想。
Excerpt: フッ切れたオカリン最強すぎる!!ヤヴェえまた#1から見たくなってきましたw(ゲムもッ回やりたひw >>ということで、STEINS;GATE #23 境界面上のシュタインズゲート 感想です.+..
Weblog: 追憶の本屋
Tracked: 2011-09-09 21:07

STEINS;GATE 23話 「境界面上のシュタインズゲート」(アニメ感想)
Excerpt: 【あらすじ】 ラジ館の屋上に現れた鈴羽によると、この世界線の未来では、第3次世界大戦が勃発し、多くの人々が犠牲になるという。それを回避するためには、2010年7月28日に死んだ牧瀬紅莉栖の命を救い、..
Weblog: アルベロの雑木林
Tracked: 2011-09-10 20:40

STEINS;GATE 第23話「境界面上のシュタインズゲート」
Excerpt: 57億人の人間が犠牲になるという第3次世界大戦。 それを防ぐ方法は、紅莉栖を救うこと。 岡部は鈴羽と共にタイムマシンに乗り込み、2010年7月28日に跳ぶ…。 紅莉栖の死体を発見した場所..
Weblog: 妹教大付属小学校S.S.(セカンドシーズン)
Tracked: 2011-09-11 00:00