侵略!?イカ娘 01話

『侵略しなイカ!?』
侵略映画を観ていたイカ娘だが、その映画の最終的な結末はその侵略者が敗れることで終わってしまう。
それを観てイカ娘は涙を流す。勇気ある侵略者が不条理な敗北を迎えてしまったのだから、それも仕方のないことだろう……(´;ω;`)

「働けよ」
ごもっともで(´・ω・`)

ただ侵略者の方にも問題はあり、イカ娘はその生ぬるさを指摘する。

「生ぬるさで言ったらお前の方が上だろ?」
ごもっともで(´・ω・`)

いろいろと手伝いをさせられているのだから仕方がないと主張するイカ娘だが、それらは居候の義務なのだからそれこそ仕方あるまい。
それに自由時間もないわけではないのだ。その時間に、イカ娘はゲームをしたり漫画を読んだり……それでは侵略など無理だろう。

「そんなことはないでゲソ! 栄子は、私の恐ろしさを見くびっているでゲソ!」
「なら、今すぐ侵略活動に戻ったらどうだ」
え?(´・ω・`)

「海行って、サメに喧嘩売ったりとか」
「死んじゃうでゲソ……」
「姉貴に喧嘩売ったりとか」
「もっと死んじゃうでゲソ……」
平和が一番(´・ω・`)

だがこのままでいいわけないと考えるイカ娘は、再侵略計画を再始動しようと燃え上がる……!
イカ焼きうまそー(´・ω・`)


まずは海岸のゴミ拾い。
そういったところからコツコツとおこなうイカ娘の前に、たけるが現れる。どうやら遊んでいるようで、イカ娘の前に転がったボールを取ってと言う彼。イカ娘はそれを取ってやろうとするも、これは実はボール型爆弾じゃなイカと考え、それを海に投げる。ひでぇや(´・ω・`)

続いてシンディーが現れ、インタビューを受けることに。
シンディーが出した録音装置が、あの3バカによって作られた新兵器ではないかと考えたイカ娘は、それを叩き壊す。ひでぇや(´・ω・`)

いろいろと危機が迫っているのではないかと考えるイカ娘は、本拠地(海の家 れもん)の方にも異変が起きてるかもしれないとことで、そちらへと向かうことに。
今のところは異変がないようで、イカ娘は慎重に侵入すると……間もなく爆発しそうなタイマーを発見する。

「伏せるでゲソ!」
と、渚に飛びつく。ひでぇや(´・ω・`)


油断は禁物だと、海辺を歩いていると……

「あっイカちゃん。 ビデオ撮らせて」

全力逃走!
早苗は問答無用で危険だから、仕方あるまい(´・ω・`)

そんなこんなで走っていると、悟朗と、えーと……

「磯崎だ! 磯崎辰雄!」

そうそれ、そいつと遭遇する。
彼らは千鶴のところに昼飯を食いに行くところだった。エビピラフを奢ってくれるとのことで、それに惹かれかけたイカ娘だが、悟朗が奢ってくれるというそのことに警戒心を持つ。そして毒を盛るという可能性に行きつく。
そんな姑息な手には引っかからないと、イカ娘は走り去っていく。

今のこの状況が、抵抗にあう侵略者っぽいとのことで、イカ娘の顔は明るくなる。
はあ……(´・ω・`)


イカ娘は侵略者のノリで海の家 れもんへ。そして、侵略行為としてエビピラフのエビを奪取。駆けつけたシンディーや早苗には、迎撃としてイカスミをかける。
彼女ら嬉しそうですけどね(´・ω・`)

侵略開始。
今にも襲いかかろうと跳びかかるイカ娘であったが、その触手を掴まれ落とされる。

「いたた……。誰でゲソ、危ないじゃない…」
「店の中で暴れちゃダメでしょ」
(((( ;゚Д゚))))

画像
イカ娘はおとなしくなり、土下座をする。

「ごめんなしゃいでゲショ……」

千鶴は代わりのエビピラフを取りに行く。

「こうして、第一次再侵略計画は終わりを遂げたのでゲソ」
始まってません(´・ω・`)




『恋敵じゃなイカ!?』
イカ娘がいつものように店の手伝いをしていると、そこに清美がやってくる。
イカ娘は嬉しそうにおススメの品を勧めるが、他の客がいるから話すのは後。イカ娘はまずはそちらを済ませに行く。

清美は本当にいい子だと、栄子は感じていた。しかしだからこそ、この店にはあまり近づかないでほしかった。理由は単純。

『早苗がいるから…!』

イカ娘しか目に入っていなかった早苗にとっては、急なライバルの出現。今回のことが大きな壁だとも感じていた。
前に渚を好いた時は、渚がイカ娘を怖がっていたから救いがあるものの、イカ娘と清美は一見して相思相愛。
一番いい位置にいるのではないかと、危機感を感じていた。

栄子はせっかく清美が来てくれているのだからと、イカ娘を早々に仕事からあがらせる。

『な、なんてことを!!』

裏切り者はすぐそばにいた。
早苗の禍々しいオーラは栄子の方にも向き、その濃さはさらに増す。

そんなところで、清美の部活の部員がやってくる。
自分の知らないところでこんな交流があったなんて……早苗は焦るが、いったん頭を落ち着かせて探りを入れることに。

イカ娘たちは今度駅前のケーキ屋に行こうなどの話をしていた。イカ娘はエビが好きだからとのことで、清美はエビカツサンドの美味しいところを知っていると教えてやる。
とことで、お昼はエビカツサンド、その後買い物して、おやつにパフェという案が浮上する。
そんなこんなで話していると……近くに超怪しい人がいまっせ(´・ω・`)

バレた早苗は盗み聞きを否定するも……ダメだこりゃ(´・ω・`)

「そう! 私の名前は長月早苗。イカちゃんが大好きです!」
……(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

『ひ、引かれたー!!』

なんてこともなく、ツッコミなしでそれぞれ自己紹介をする。
だって彼女たちも大好きなのだから。

「「「イカ先輩のこと!」」」

侵略者なのに悪いことしないし、誰とでも仲良くなれるし。
それを聞いて早苗は気付くのだ。

『こんないい子、みんな好きで当然だもの』

誰だって彼女の存在を否定はしないのだ。
きっと思いが通じていないのは自分だけなのだと、早苗は落ち込む。
しかし……
“好き”の反対は“嫌い”ではない。“興味がない”である。
そんな俺言もある通り、嫌われている内はまだ見込みがあるだろうと、早苗はポジティブシンキング。
でもだからといって嫌われて嬉しいわけではないし……
そんなところで、清美がイカ娘は皆のことをどう思っているのかという質問をする。

「ま、まあ、嫌いではないんじゃなイカ」

それに早苗はハッとさせられる。

「イカちゃん。それって、私も?」
「嫌い」
(´・ω・`)

それを聞き、早苗は涙目に……

「……とは、言わないでゲソ」

視線を逸らしながらではあるが、こうした気遣いができるのがイカ娘の魅力だろう。
早苗は元気を取り戻すが、

「やっぱり嫌い!」
がっかり……

「……とは、言わないでゲソが…」
復活!

「やっぱり……」
がっかり……

「じゃなくて…」
復活!!

「とは言っても!」

そんな早苗は、面白い人として清美らに認識される。
気持ち悪がられなくて良かったね(´・ω・`)




『クラゲじゃなイカ!?』
海の家の前にて、どある男が足を怪我する。
リア充だから罰があたったんだ、へへーん!……じゃなくて(´・ω・`)
救護所には多数の人が並んでいた。

「クラゲが、大量発生してるんだ」

とのことで、悟朗は大変そうであった。
栄子は今の状況を不安に思う。このまま海水浴場が閉鎖になれば、儲けに響くのだから当然だろう。

「いい気味でゲソ」
イカ娘は言う。

「神聖なる私たちの海に、人間の分際で足を踏み入れるからこういうことになるのでゲソ。言わば、天罰じゃなイカ!」

とことで、イカ娘も加勢しに海へと向かう。その結果……

「ぅぅ…… 刺されたでゲソ…」
だっせ(´・ω・`)

無差別に危害を加えるのはただの無法者。とことで、成敗してやろうとイカ娘は燃え上がる。
イカ焼きうまそー(´・ω・`)


いつものゴミ拾いのように、イカ娘はクラゲを袋に入れていく。海の安全を守るために悟朗もそれをおこなっていたが、袋の中のクラゲはまだわずか。
イカ娘は自分が集めたそれを自慢するが、袋が破れてボトリ。で、そのまま足を刺される(´・ω・`)

まあ頑張ろうやというところであったが、どちらが多くクラゲを捕まえられるか勝負だとイカ娘は言う。
それに乗り気ではなかった悟朗だが、千鶴が仕切るとのことでは話は別。
クラゲ拾い大会を開催しようとのことだった。……安全面考慮してね(´・ω・`)


1位 焼きそば 1年分
2位 おでん鍋セット
3位 アナログテレビ

というなんとも微妙な賞品であったが、人はそれなりに集まり大会が開催された。
そこで大人げなさを見せるのはイカ娘。圧倒的な差を見せて勝つために、横取りしまくってクラゲを集めていた。
調子に乗っていると、自分の触手同士が絡み合ってしまい、自滅する。ざまあみろでゲソ(´・ω・`)

まあ何だかんだでタイムアップ。結果待ちに。
ハプニングがありながらも自信があるイカ娘だが、悟朗にとってはもうそんなことどうでもよかった。

「みんなで協力して海の安全を守ったことに、意味があるんだ」
その行為は危険でしたけどね(´・ω・`)


結果発表。
その優勝者は……シンディーと3バカチーム(´・ω・`)

もやしっこを自称する彼らがこれだけ集められた理由。それは、拾ったクラゲを増殖させたためであった。
が、主旨に異なるため栄子に蹴られました(´・ω・`)

「やっぱりズルはイカんでゲソ」
そういうこと(´・ω・`)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 名前なし

    前にも来てた名前無しです。本隆侍さんのブログがとても素敵だと思ってます。
    コメントの為、長く書けませんので、簡単にします。
    私は今、日本語独学していて、時々分からないところが出てくるんです。とはいっても、アニメしかで日本語勉強してませんので、それはアニメに限っての話です。
    そこで、質問させて頂きたいですが…
    15分34秒のとこ、栄子は何を言ってたでしょうか。例の「一体、これはどういう×××なんだ」、台詞のことです。大体の意味は推測できますが、「×」と表示したとこ、日本語はどう書いてますか。
    ご答えお願いします。
    2011年09月30日 01:48
  • 本隆侍照久

    >名前なしさん

    再びコメントしていただき、またお褒めいただきありがとうございます(*^ω^*)
    日本語独学なのですか!(; ̄Д ̄)
    それでここまで自然に話されるとは、すごいです。私なんて自国語であるにも関わらず怪しい感じの文章になりますし…w
    さて、質問の内容についてなのですが、これは『恋敵じゃなイカ!?』のエピソードの最終部分でいいんですよね。それならば、栄子は「一体、これはどういう相関図になるんだ」と言っています。“相関図”ですね。
    イカ娘と清美と早苗の関係は実に面白く不思議なものになっているので、栄子もこんな言葉を呟いてしまったのでしょう^^;

    もしまたわからないことがありましたら、私が出来る範囲でお答えしますので、気軽にコメントをくださいませ。今後ともよろしくお願いします(*^ω^*)
    2011年09月30日 11:09
  • 名前なし

    おはよ、本隆侍さん。いつもの名前なしです。答え見ました。ありがとうね。
    最近ちょっと忙しくて、ココにこれませんでした。
    気楽に…ですか。じゃ、本隆侍さんの言葉に甘えさせてもらいます(^^)。
    今日から、またアニメ見れますので、分からない部分が出てきたら、本隆侍さんに質問させてもらうつもりです。その時はよろしくね。
    それでは
    2011年10月02日 11:36
  • 本隆侍照久

    >名前なしさん

    こんにちは(´・ω・`)ノ
    私も今後ともマイペースにやっていきますので、名前なしさんもマイペースに、よろしくお願いしますね^^
    2011年10月02日 16:04

この記事へのトラックバック

(新番組)侵略!?イカ娘 第1話 「侵略しなイカ!?/恋敵じゃなイカ!?/クラゲじゃなイカ!?」
Excerpt: 「イカちゃんが可愛かった。」 いつも通りの感想ですなw
Weblog: とあるキノコの駄目日記
Tracked: 2011-09-28 00:29

[アニメ]侵略!?イカ娘 第1話「侵略しなイカ? / 恋敵じゃなイカ? / クラゲじゃなイカ?」
Excerpt: ゲッソ ゲッソ ついに再侵略の始まりでゲッソ。
Weblog: 所詮、すべては戯言なんだよ
Tracked: 2011-09-28 14:44

侵略!?イカ娘第1話(9.26)
Excerpt: 早くも秋アニメが始まりましたね 侵略のため地上に現れた・・・はずのに、 海の家でこき使われるイカ娘の活躍を描く話。続編が作られて嬉しい そんでもって、イカ娘の面白さと愛らしさが相変わらずで安心した ク..
Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)
Tracked: 2011-09-30 00:47

日常系作品の面白さはどこにあるのか…?(日常とか神様ドォルズとか)
Excerpt: 【海賊戦隊ゴーカイジャー 第31話】オーレンジャーの当番回。 …だったんですが、全部バスコさんに持っていかれた感じですね。ついに戦闘形態を見せたバスコさんですが…特別格好 ...
Weblog: アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)
Tracked: 2011-09-30 11:31

イカとは絶対に言いはしない!!! 侵略するからな。(第2期)本編第一話
Excerpt: ブログネタ: あなたが1日だけなってみたい動物は何? #「侵略しなイカ!?」 「恋敵じゃなイカ!?」 「クラゲじゃなイカ!?」
Weblog: 義風捫虱堂
Tracked: 2011-09-30 20:37

侵略!?イカ娘 テレ東(9/26)#01New
Excerpt: 第1話 侵略しなイカ?  SFのTV番組を見ているイカ娘。 内容に文句をつける。
Weblog: ぬる~くまったりと
Tracked: 2011-10-02 12:01

侵略!?イカ娘 第1話
Excerpt: 公式サイトhttp://www.ika-musume.com/ 1か月遅れの感想になってしまいましたが、これでも今期かなり期待していたアニメ。 第1期を楽しませてもらったので、これは第2期も見..
Weblog: パズライズ日記
Tracked: 2011-11-02 23:02