狼と香辛料 07話『狼と幸福の尻尾』

次回予告のタイトルと違うじゃないかと思った人は、よくお気づきで。
テレビ未放送、DVD(Blu-ray)のみに収録されている話。

大量に買った林檎を食べきれず飽き、それでも意地を張るホロ。
林檎のパイを勧めるロレンスだが、ホロは知らずそれを信じない。が、話を聞いていくと食べたくなって尻尾を振る。まあホロなら真偽はわかるだろう。

晩飯は肉。ということで市場に出る二人。
前話で一難去ったこともあり、平和な光景が続く。

服を買いたいが細かい金がないというロレンス。
今の時代とはこういったところで大きく違う。

今のリュミオーネ金貨はトレニー銀貨の35枚分。慎ましく生活すれば銀貨1枚で7日は暮らせる。
ホロが着ている服は金貨2枚。つまりは相当高いもの。


両替せねばならない。となれば行くのはワイズのもと。

今日の相場は、リュミオーネ金貨1枚に対してトレニー銀貨34枚ちょうど。手数料はリュート銀貨なら10枚、トリエ銅貨なら30枚。

大事なお客様より大事な娘様。素直なワイズ。

両替を済ました二人は服を買いに行く。
ミローネ商会と懇意になったと言うだけで一気に態度の変わる店員。社会では大事なことか。

ボロい服は着れないと言うホロ。トレニー銀貨7枚で良い服を買ってもらう。
ホロは商人とは違った、世間知らずな感じの値切り方をしますな。

店を出たロレンスは、買ったばかりのボロい服を売るという。
それ自体の収支ではロレンスは損をするのだが……。

ここで種明かしをする。
ホロが着ていたローブは高級なもの。そんなホロをつれたロレンスのような者は、普通ああいう店(ボロ服をあつかう店)には来ない。そのため、店側はそういった者と良い関係になりたいと思う。よって、安くものを売ろうとする。
そこでボロい服を買うのだが、まずはそれをそこそこ安く売る。で、そんなボロい服を銀貨2枚で買ってくれるような客だから、続いて買うホロの服はかなり安くする。しかし、その二つの値段には大きな開きがある。値引きの割合を考えればわかるだろう。

つまり、差し引きで考えればかなりの得となるのだ。先に買ったボロ服で損をする以上に、次に買う服の値下げで得をする。実に姑息な手ではあるが、それが商人の知恵である。
こういったところは非常に興味深いところだ。

そして二人は酒場へ向かう。
平和な一時。

次回こそ、『狼と正しき天秤』


狼と香辛料 Blu-rayDiscBOX【期間限定生産】 [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2009-01-30

ユーザレビュー:
狼と香辛料BD-BO ...
そこまで文句をいう画 ...
細かいことを気にしな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"狼と香辛料 07話『狼と幸福の尻尾』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: