咲-Saki- 21局『追想』

個人戦。

団体戦では出れない者も出るので、その数はかなり多い。
全国に出れるのは3人だけ。これまた厳しいな……


そして初戦の組み合わせが発表される。

優希はタコスの準備もバッチリ。多すぎだが。

モブは地味。
というかテンション低すぎw


とりあえず一回戦が開始する。
和だけでなく、団体戦で優勝した清澄メンバーは全員マークされる。そういった方がかえって力を発揮する。

和、まこ、久、優希は順調な様子。

画像


透華の卓には、鶴賀の佳織も。
智紀のようにはいかないと、透華はツモ。そしてロン。

透華のワンサイドゲーム……かと思いきや、佳織の国士無双。

画像


リーチをしていたため、思いもよらぬ振り込みをせざるをえなかった透華は意気消沈。
調子を落とすだろうな……

特別調子がいいのは優希。
絶好調すぎるのが怖いところ。


午前は終了。

透華は真っ白に燃え尽きた。

「使えない子状態」

智紀w
団体戦の時のことを根に持っていたのかw


それでも、和に勝つということが透華に元気を与え復活。もういいよ。

画像



不調なのは鶴賀の睦月。
最初の相手が不思議だったという。その人物こそが個人戦のダークホースか。


風越は順調な様子。
団体戦のことを考えると、いささか信じられないが。


清澄で元気ないのは京太郎。
男子個人戦で既に負けたと。まあ仕方ないよな。

そんな京太郎を励ます優希たち。
しかしそれは釣り。所詮はパシリ要因なんだよw



午後の後半戦も優希は好調。

そして最後の試合。
というところで、因縁の対決か。清澄部長と風越キャプテンという組み合わせが。

久は得意の悪待ちで先手を取る。
さらにロンして調子を上げる。


他の対局では、次々と本選出場者が出てくる。

部長とキャプテンの本選出場も決定的。それでもキャプテンは、開眼してこの対局での勝利を狙う。

そんな本気なキャプテンがリーチ。
そして牌を叩きつけてツモ。

牌がかわいそう……w

てなわけで、キャプテンが逆転で終了。


久はキャプテンのことを思い出していた。
予選はこれで終わりだが、まだ本選がある。また再戦あるやもしれぬ。


これで本選出場者が決定。
全体1位で抜けたのは優希。この調子に乗り具合は逆に不安になるところだな……

画像


ちなみに、2位はキャプテン、3位はかじゅ。
といったような感じ。

本選の注目は南浦数絵……か。


咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]
ポニーキャニオン
2009-07-15

ユーザレビュー:
買って特した~このア ...
アニメ初心者です麻雀 ...
演出がもの凄いアニメ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"咲-Saki- 21局『追想』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: