涼宮ハルヒの憂鬱 24話『涼宮ハルヒの溜息Ⅴ』

長門のマンションの裏で適当に猫をチョイスし、その猫が撮影における長門の相棒となる。

そして撮影再開。
その場でね。


猫はシャミセンと名付けられ、話すという設定まで加えられる。
猫の世話を担当するのはやはりというべきかキョン。

この日の撮影を終え、解散することに。
ハルヒの我がままに付き合わされたシャミセンに、キョンは声をかける。

「御苦労だったな。後で猫缶をおごってやるよ。それとも煮干しがいいか」
「どちらでも構わない」

画像


喋ったのはシャミセン。
やはりこうなってしまったか。

「驚きですね。三毛猫でオスとは」

いや、それはとりあえずどうでもいいってw

あたかも会話しているように聞こえるだけかもしれない。しかしそれで納得できない、というかそうであったとしても驚くべきことなのだろう。猫が喋っている、或いはそのように聞こえることは。


ハルヒの映画内設定が、現実として定着する恐れが出てきた。
現実とフィクションを無意識に混同してしまっているハルヒ。それを防ぐには、あくまでフィクションだとわからせることが必要。

喋る猫やみくるビームがフィクションであることを納得させる。それには、映画において常識的に落ち着かせる結末が必要だと古泉は言う。

「夢オチです

わかってはいたけど、酷い作品ができあがりそうだ。


キョンはシャミセンに喋らないよう言い聞かせ、家に連れていく。
妹も喜んでいるようで何よりか。

画像


文化祭まであと数日。
準備段階なのに明らかにおかしな人がいるw

画像


宇宙人や未来人やらと比べるとマシか。



みくると鶴屋さんに呼び出されたキョンは、焼きそば喫茶の割引券をいただく。
その別れ際に、みくるはキョンに自らの考えを打ち明ける。
それは古泉とはまったく異なり、世界は最初からこうであったというもの。
こういう考え方は我的には好きではない。というのも、その可能性を感じているからかな。
みくるにはみくるの目的があり、古泉には古泉の目的がある。だからこその考え方の違いか。

古泉の理屈は、さも正しいように聞こえるが、それが正しいという保証はまったくない。もちろん、みくるの考えも。そして長門の考えもか。
これは難しいものだな。



また別の日。
映画撮影は順調……と考えているのはハルヒのみ。異常はひたすら続く。

そんな夜。
キョンのもとに古泉が訪ねてくる。

画像


古泉によると、ハルヒを中心とする組織はたくさんあり、その抗争は絶えないという。キョンにも、ハルヒ自体にも、それは無縁のことか。
しかし、語ったことには理由がある。他人に打ち明け、頼りたくなるということ。訪ねてきた時の表情といい、古泉も万能というわけではないのだろう。

そしてみくるがキョンたちと行動を共にする理由についても言及する。みくるはキョンを籠絡しようとしているという話。それを話した後、その話は冗談だと言うが、どうなのだろうかね。

今回の映画撮影で参ってしまう。それはキョンのような一般人ではなく、特別な人にとってもそうなのだからその重さがよくわかる。



翌日。
キョンはハルヒに一つの提案をし、その了承を得る。

撮影については終了。
内容はともかくとしてね。

しかしキョンにはまだまだ仕事が残されている。
監督のハルヒ指導のもと、編集作業を行うキョン。明日の文化祭には徹夜で間に合わせるしかない。

画像


ハルヒも手伝うとのことだったが、何にも役に立たない。


気付くと朝。
映画は見完成のまま。であるはずだったが、キョンに覚えのない編集作業が行われていた。

そして古泉たちも部室に来て、皆での試写会も済ませる。
今回の件は無事に終わった。シャミセンが喋らなくなったことで、懸念していた現実の変容もおさまったことがわかった。
文化祭準備期間に見た変な連中が出るような演目もないという。
いったい何だったのか……?


映画は、幕引き時のハルヒの言葉で締める。
それはキョンがハルヒに提案したことで、フィクションであることを告げる魔法の言葉。大事なことなので2回言わせましたw



ハルヒはこの世界を普通で思ってしまっている。そのためか起こる異常現象。
よってキョンは、宇宙人や未来人、超能力者が思いもよらぬ身近にいるとハルヒに告げる。
しかし通じず。それはハルヒが何気に常識人だからこそ。
長門やみくる、古泉の正体を告げるが、

「ふざけんな!!」

と一喝。

やれやれ、おかしなところで常識を持っていやがる。


涼宮ハルヒの憂鬱5.142857 (第2巻) 限定版 [DVD]
角川エンタテインメント
2009-09-25

ユーザレビュー:
視聴者から見るとエン ...
物には限度というもの ...
ある意味傑作(笑問題 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"涼宮ハルヒの憂鬱 24話『涼宮ハルヒの溜息Ⅴ』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: