11eyes 11話『滅亡という選択 ~valogatott -hoz kialvas』

ゆかの手助けにより復活してもうたリーゼロッテ。

画像


助けてくれたゆかからも虚無の欠片を手に入れ、さらに力を得る。

ゆかは何がしたかったわからぬまま退場。死ぬことで駆の心を自分に惹きつけることが目的だったやもしれぬが、ぶっちゃけどうだかわからんw

リーゼロッテにこれ以上力を与えぬため、アワリティアは駆と美鈴を別空間へと飛ばす。栞はそれを一人それを防ぐ。それは禁書目録聖省としてリーゼロッテと戦うため。

駆と美鈴は元いた世界へと戻された。が、ゆかの作った世界である、賢久が暴走した場所が未だ存在する。とことはつまり、ゆかは生きているとのこと。

ゆかが存在していたことを確かめるため、喋るゴミと香央里に確認する。
当然ながら二人はゆかを知っていた。駆にとって愛するハニートーストで愛しい小ブタちゃんであるということも。

画像


つまりゆかは生きているとことか。



赤い夜でアワリティアはゲオルギウスに姿を変え、スペルビア、栞と共にリーゼロッテと交戦している間、駆と美鈴は待つことしかできない。

虚無の欠片が集まっていないため、リーゼロッテの力は昔よりも弱い。が、黒騎士の数も少ないからどうだかな。

赤い夜で戦う栞たちに、アブラクサスを駆使する菊理も参戦。
普通に喋ってる……というかこの存在はどういった扱いになるんだか。

スペルビアはリーゼロッテを羽交い絞めにし、自分もろともアワリティアに攻撃させる。

画像



その頃の駆と美鈴。
リーゼロッテに勝つための方法があるとのことだが、それは草壁の血を持つ者同士が結ばれるというもの。それでパワーアップとはどういう理屈かw

画像


ゆかのためを想うならどうすべきか、駆の判断は難しいところか。
しかしもうやるっきゃないとことでやってしまう駆。
何だこの展開wwwwwww


儀式を終えた二人の前に赤い夜への道が開かれ、ボロボロの草壁操も姿を現す。
操はアワリティアに恋に落ちたため今のようになってしまったと。
しかし、そのアワリティアも戦死したという。菊理も栞も死亡。
そして操も消え逝く。滅茶苦茶だ、もう。

そんなところで赤い夜からゆかが姿を現す。
ゆかが戻ってきたと安心した駆はゆかに歩み寄るが、そこを一突きされる。
ゆかが生きているのはリーゼロッテの中でということだった。なるほど。



「こんな世界、滅びてしまえばいい」

かつてそう言ったヴェラードの願いを叶えるため、リーゼロッテは駆を抹消し劫の眼をその身に宿す。
残されたのは美鈴のみだが、それも終いか。

さて、どういう結末になるんか……


11eyes 1 初回限定特装版(Blu-ray Disc)
ポニーキャニオン
2009-12-25

ユーザレビュー:
時間が短い放送の方は ...
原作に対する愛も敬意 ...
シナリオは仕方ないか ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"11eyes 11話『滅亡という選択 ~valogatott -hoz kialvas』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: