2009年アニメアウォーズ!

『おちゃつのちょっとマイルドなblog』のおちゃつさんからのお誘いもあったとことで、2009年アニメアウォーズ!に参加させていただきたいと思います^^
去年は完全に見る側で、まさか参加することになるとは思っていませんでした。なんか感慨深いものですね。フフフ……
それはいいとして、詳細です。

~2009年アニメアウォーズ~
・最優秀作品
・特別賞 (捨てがたいもの、大穴だったものなど)
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ)
・OP部門 (映像込みの評価)
・ED部門 (同上)


今回の選考には年度をまたいでいる作品も入れさせていただきました。
それでは早速。

最優秀作品:『CLANNAD ~AFTER STORY~』
とことで早速年度またぎの作品です。
自分がアニメを見始めるきっかけになったのはコードギアスですが、よりアニメを好きになったのはCLANNADを見てからです。
ギアス同様、特別な思い入れがある作品なんですよね。世間的には厳しい評価となるストーリーなのかもしれませんが、辛い過去を背負いながらも現在を生き未来を生きようとする人生はとても素敵だと思いましたよ。
とことで、最優秀作品に選ばさせていただきました^^
ちなみに、次点では『とらドラ!』です。
思いをぶつけるキャラたちには激しく心揺さぶられましたよ、ええ。キャラが良かったですわホント。

特別賞:『宙のまにまに』
よくわかりませんが、とにかく好きな作品です。大きな期待を持たずに見始めた分、より一層良いと感じたと思うのですが、それにしても気持ちよく見れた作品でした。
各話に充分なほどの内容が詰め込まれ、そして綺麗な終わり方をする。そんな1話ごとの最終話っぷりに一気に惹かれたんですよねw
主人公の朔も自分好みないい人で、他のキャラも良くて素敵でした^^
次点では『にゃんこい!』ですかね。
猫に限らず、ペットは大切にしなければなりませんね。自分はもう絶対に飼いませんが。

男性キャラ部門:『岡崎朋也』(CLANNAD ~AFTER STORY~)
悩んだところでした。しかし、ふと浮かんできたのが岡崎だった。
その理由は自分でもよくわからないです……。強いて言えば、こういうことなんだと思いますが……まあそういうことなんでしょうw
岡崎も自分にとって特別なキャラだということですw

女性キャラ部門:『八九寺真宵』(化物語)
「マオでもいい。教えてよ!」
そう訊きたくもなるくらいに悩みました。迷いました。
つまりはそういうことです。
悩みに悩み、迷いに迷った挙句、答えにたどり着けませんでした。このキャラがその一つの答えを表しているということになりますw
作品ごとに決めるのなら簡単なんですけど、総合的には難しいものですねぇ。

OP部門:『only my railgun』(とある科学の超電磁砲)
魔術サイドの禁書目録、科学サイドの超電磁砲。
さらに奇術サイドのOPがくるとは思いませんでしたw
それは冗談として、OPはこういったテンポいいのが好きですね。
これから始まるぞといった感じでやる気が出てきます。何のやる気かはわかりませんがw

ED部門:『君の知らない物語』(化物語)
負けた気分がしなくもないですけど、普通に良いと思ったので選びました。よく聴いてますからね。
12話とのマッチングは素敵でしたね。それで完全にハマりましたよ。


以上になります。
自分の場合はあまり多くアニメを見ていないのですが、さすがに一年の中から選ぶのは難しいものですね。
来年からはこういった選考を見据えて見ていきたいものです。


CLANNAD 1 (初回限定版) [DVD]
ポニーキャニオン
2007-12-19

ユーザレビュー:
全てを飲み込めれば・ ...
涙、涙、涙、人生を教 ...
顔のデッサンの変化K ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"2009年アニメアウォーズ!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: