こばと。 15話『…秘めたる祈り。』

管理人から保育園へ贈る折り紙を勝手に切ってしまう小鳩。それが折るものだと知るも時既に遅し。切ったものは戻らない。


よもぎ保育園。
清花の疲れた顔を本気で心配する清和だが、清花は誤魔化す。
そんなところで小鳩がやってきて折り紙を渡す。勝手に切ってしまったことを謝るところで、清花先生は急に倒れてしまう。苦しそうな顔で平気と言う清花だが、それを見るこっちも心苦しいもの。小鳩は知り合いのお医者を呼びに走る。

向かった先は琇一郎のところ。

画像


とことで琇一郎に清花先生の容体診てもらったところ、寝不足からきた疲労と軽い胃炎とのこと。心配ですな。

今回はちょうどよく琇一郎がいたから良かったものの、いなかったらと思うと怖いところだ。
たかが疲労と思わない方がいいという忠告を残し、琇一郎は去っていく。


清花先生のことは子供たちも気になるところ。しかしあんま心配させて落ち込ませてはいけない。清和は子供たち、そして清花先生も元気づけようと、いつも通りオルガンを弾く。まったくもって清和はかry

小鳩は清花先生が心配で傍に付きっきりだが、それでは駄目。子供たちの面倒をみる方がよっぽど清花先生にとっていい薬になるだろうな。

画像



子供たちに折り紙のことを教わる小鳩。
その中で、俊彦が折ろうとするのは千羽鶴。
「鶴っていう鳥」と答えた俊彦だが、一瞬「鶴ってゆとり!」って聞こえたわw

そんなことはどうでもよく、小鳩は子供たちと一緒に千羽鶴を折ることに。
こういうのって贈られる側は励まされるだろうな。特に清花先生のような人は。さすがにハイチにやっても仕方ないけどw



子供たちが帰り、小鳩は清花先生のお傍に。
バイトに向かった清和は、しばらくはバイトの時間を減らしてもらうよう店長に頼む。実際、清花先生もだけど清和もハードなとこで心配だな。

清花を看病するのは小鳩。
そこで清花は打ち明ける。気を張っていたとのことだが、小鳩がやってきて安心してしまったのだろうな。
倒れたからといって、もしも自分に何かあったらというたとえ話は悲しいもの。実際にそういう時が近くなっても言ってもらいたくないものだな。

とことで、小鳩は清花の言葉に悲しみ涙を流す。
その様子を清和も聞いていたが、何を思ったかな。


清花の看病は清和に交代。
ベッドの傍らには小鳩が子供たちと折った千羽鶴。たとえ不器用な出来でも、思いは通じているだろう。

画像


それにしても、清和は清花の傍にいながらも勉強するのな……ホント凄いよこの人は。



小鳩は家で心配。
いおりょぎさんは、なくした記憶が戻ってきてるのかと言うが……

小鳩は双子のもとを訪ねる。というか双子、片方わからなければもう一方もわからないのは割と当たり前な気がする。

双子に、清花が病気だという話をする小鳩。
千羽鶴も贈ったし、あとやることと言えば何かとことで、お粥を作ることに。お粥がわからない小鳩に、双子は絵で教える。つか絵てw
しかもそれも曖昧な情報。せめて何で作られてるかぐらいは知っとけよw





翌朝。
目覚めた清和は怪しい雰囲気のする調理場へ向かうと、そこでは粥作りに苦戦している小鳩が。

画像


さすがに酷すぎたため、清和に教えてもらい作り直すことに。

清和は正直に厳しいことを言うが、それにまともに応えていられないほどに小鳩は清花先生のことを心配していた。
人は簡単に死んでしまうこともある。小鳩が忘れている過去とどういった関係があるのか……

画像


お粥は清花に喜ばれたようで。
作ったのはほとんど清和だけど、清花先生は小鳩の思いで充分満足なとこだろう。



後日。
清花先生は無事復帰。とりあえずは良かったとこだが、陰から見ている者は気になるところだ。


こばと。限定版 第1巻 [DVD]
角川エンタテインメント
2010-01-29

ユーザレビュー:
あたたかい(^O^) ...
ほんわか「こばと。」 ...
ほのぼのした画風に魅 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"こばと。 15話『…秘めたる祈り。』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: