ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 12話『蒼穹ニ響ケ』

アーイシャが確保された。
そのことを聞いたフィリシアは、ホプキンスに銃を突きつけ、部下を下がらせるよう命令する。

カナタたちは、撃たれたアーイシャの手当てをする。
アーイシャに死なれてはマズイとホプキンスは言う。ホプキンスによると、アーイシャは開戦のための生け贄になるという。ローマから手を出させるための一手……なんということをしおるか。
ホプキンスはその行動について、ノエルに同意を求める。

「そうだろ? 寒凪乃絵留。いや、我が盟友、ヘルベチアの魔女よ」
画像

何ですと!?
見えない死神と呼ばれる生物兵器を復活させたというノエル。その過去がノエルを苦しめていたか。




「いくら耳がよくても、こんなところから届くわけねぇだろうに」

という停戦信号。
その音は、カナタの耳に届く。
地下に放り込んでおいたホプキンスは、既にそこにおらず。脱出した彼に停戦のことを伝えようとするが、彼のことを知っているノエルは無理だと言う。
街の住人も後押しするが、やはりホプキンスは言うことを聞かず、開戦は決定的に。

カナタは自分の聞いた音を何としてでも届けたいとことで、戦争を止めることを諦めない。
とことで、アーイシャの許しをもらったノエルらとともに、カナタたちはタケミカヅチを動かす。
カナタは攻撃開始の合図を鳴らし、そしてタケミカヅチを出動させる。脱出を阻止しようとするホプキンスだが、それを妨げるのはこの地の住人たち。後はカナタたち次第か。



戦争が開始されようとしていたその場に、ボロボロになったタケミカヅチが現れる。
そして、カナタは停戦信号を吹く。
しかし、軍は止まらず。

そこで、カナタが吹いたのは、『Amazing Grace』。
画像

空に素敵な音を響かせる。

カナタがこめた思いが伝わったのか、軍はその足を止める。
そこへやってきたのはリオ。
ヘルベチア大公位継承権第二位であると同時に、正統ローマ皇帝の婚約者であるリオ・カズミヤ・アルカディアとして、戦いを止める。
画像

戦わないで済んだことを喜ぶのはカナタたちだけでなく、他の軍人たちも。やっぱり戦いたくはなかったんだよね。
戦わねばならないという使命感よりも強かったであろう戦いたくない思い。両国で共通して響く『Amazing Grace』がそれを気付かせたのかな。
画像

戦わずに済み喜ぶ軍人たちの中には、カナタが最初に会った軍曹殿も。なんかこういうのっていいなぁ^^





春。

1121小隊にまた新たに仲間がやってくる。

「本日付で、第1121小隊への編入を命じられた、リオ・カズミヤ・アルカディア少尉です。フィリシア・ハイデマン大尉。着任許可を願います」

もちろん、許可。

ローマ皇帝にお願いを聞いてもらいきたというリオ。ローマ皇帝は話のわかる人なのですな。

皆はリオを温かく迎え入れる。
良かった良かった^^


ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2010-03-24

ユーザレビュー:
背景美術と音楽がこの ...
ほのぼのアニメを否定 ...
今期1番!6話まで観 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 12話『蒼穹ニ響ケ』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: