WORKING!! 01品目『ワグナリアへようこそ♪小鳥遊、働く。』

とあるファミレス。
そこではバイトを欲していた。

バイト探しを頼まれたのは、種島ぽぷら。
知り合いにあたってみるが、いい返事は得られず。寒空の下、街で呼びかけをすることに。
それでもバイトをしてくれる者は現れず、厳しいところで一人の青年に声をかける。

「バイトしませんか」

そう声をかけたにも関わらず、親御さんはと相手に問われる。
どうやら迷子と間違えられているようだったが、ファミレスのバイト勧誘とことで一緒に働かないかと訊く。

「ファミレスごっこ? さすがにちょっと……」
だから違うっつうにw
話が通じないとことで、ぽぷらは自分が17歳(永遠でない)の高校生であることを示す。

「あん? 高校生?」
態度一変w
しかし、ぽぷらのミニマムさは、これはこれでアリとことで、相手はバイトすることを決意する。


北海道某所
ファミリーレストラン「ワグナリア」

そこで働くこととなった小鳥遊宗太。
自己紹介する宗太に、同じく変わった名を持つぽぷらは言う。

「お互い変わった名前だけど、間違えないようにしようね、かたなし君」
画像
早速間違えてますぜw

店長の名は白藤杏子。
仕事については一切助言しないとのことで、厳しいところ。見て覚えろということかと思いきや……
「いや。私はあんま仕事しないから知らないんだ」

(・_・)エッ..?
仕事のことはぽぷらに訊くしかないのか。

ぽぷらの勧誘により働くことになった宗太。名前を間違えられていようと、ぽぷらならいいやと思ってしまうのは納得。
宗太は、そんな可愛らしいぽぷらから仕事を教わる。ちゃんとできてるかどうかは別と考えていいんじゃないかな^^;

ぽぷらが苦戦しているところでやってきたのは佐藤潤。見た目は怖そうだが、なかなか優しい。ぽぷらができないことを代わりにやってくれるとは素敵だな。
そんなとこで、相馬博臣がやってくる。この人の見た目はいい人そうだがどうだろう。宗太がぽぷらと同じ高校だと知っているところがなんとも怪しい。

ぽぷらの教えにより仕事を覚え始めたところでやってくるのは綺麗な人。そう思い挨拶したであろう宗太だが、腰につけているものに驚き。
画像
帯刀wwwwwww
チーフの轟八千代。怖いだろw


一通り顔合わせが終わり落ち着いたところで、ぽぷらが涙目で話しかけてくる。
どうやらぽぷらが中学生だと勘違いした客がいたよう。酷い話だ。

「酷いです! 先輩は中学生じゃないですよ!」
そして断言。

「小学生です」
だよね~^^


ぽぷらが去ったところで店長がやってきて、恋愛沙汰は禁止の旨を伝える。
恋愛沙汰なんてありえない。

「俺はむしろ、先輩の父親になりたいんです!」
それもまた面倒な話だがなw

「もしかして、俺のことロリコンと思ってませんか?」
そう思うのが自然なとこだが、宗太はそれを否定する。
宗太が好きなのは小さなもの。そこにはミジンコも含まれる。ぽぷらもその一つ。
画像

「種島先輩は、俺にとってミジンコと同じレベル。さすがにミジンコとは付き合いませんよ^^」
酷いwwwwwww




宗太は店長の年齢を訊く。28歳だと知り一言。

「けっこうトシなんですね」
何故こうもあっさり失礼なこと言いやがるんだw
怒った店長は宗太のシフトを週7に。さすがにしんどいとことで、店長に頼もうとする宗太だが、まったく話を聞いてもらえず。怒っていることに心当たりがないどころか、更年期障害だと思ってしまっているのが失礼すぎるw

ぽぷらの指摘により、年齢に対する発言に問題があったことに気付かされる宗太。しかし、それに反論。

「だってもう年増じゃないですか。12歳過ぎたら
早すぎだwwwwwww
でもそのことを考慮したら、宗太に歳とってると言われることのダメージは軽減……するわけないか。
さすがに反省した宗太は、謝ることに。

「これだから年増は」
画像
ヲイw

杏子に謝ろうというとこだったが、その杏子は客に喧嘩売る。店長以前に大人としてどうなんだろw
失礼があったとことで、そこは宗太がフォロー。仕事はちゃんとこなしてるのね。

店長については、いつも客に喧嘩を売るような感じだという。しかし、それは時に頼りになるもの。
ぽぷらにちょっかいを出していた客に、杏子は蹴りを一発。そして言う。

「お客様。暴力は困ります」

えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?wwwwwww
画像
その理不尽さには誰もが驚いたであろうw
しかもそれが店長であるとならばなおさら。

蹴られた客は、杏子のことをクソババアと言い去って行く。そんなところで、博臣は店長のところに携帯を持っていくよう宗太に頼む。言われるがままに携帯を持っていくと、店長は電話。

「今出た客から有り金、全部取ってこい」
こんなんが店長やってていいのだろうかw
ま、店員を守るという点についてはいい店長なんだろうけど。

「クソババアって言ったし……クソババア……」
画像
前言撤回。
やっぱりそっちが第一の理由かw

そんな店長に、宗太は先日の発言を謝る。

「店長ガキですよね^^」
お前謝る気ないだろw

そして……
「あ。来週のシフト、一日休みがある」
もはや働くこと当然の考えとなってしまったか。




バイトに慣れてきた宗太。しかし、気になることが一つ。それは、伊波まひるというバイト仲間にまだ会っていないこと。
気になるとこだが、じきに会うことはあるか。

数日後。
働く宗太は八千代に頼まれ、物を取りに行く。
シフト表を見て、まひるとこれから会うであろうことに気付く。そんなタイミングで、着替え終わったまひると遭遇。

「やぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

そして宗太に先制パンチ。先手必勝とことですね。
どうやら興奮状態にある様子のまひる。

「怖い!」
怖いのはお前だw

男に怯えるまひるは、八千代にしがみつく。

「武器持ってるかも」
それは八千代だw

男性恐怖症のまひるは怖さのあまり男に襲いかかるという。タチ悪すぎだろw
画像

命に関わることであるため、宗太とはシフトを合わせないはずであったという杏子だが……

「間違った」
なら仕方ないか^^


WORKING!! 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-04-21

ユーザレビュー:
しょんぼりTVKでや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"WORKING!! 01品目『ワグナリアへようこそ♪小鳥遊、働く。』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: