デュラララ!! #17『有為転変』

それは――――偽り。

それは――――真実。


かっこいいまでの静雄の強さ。それは圧倒的なもの。
画像
この場は静雄に任せるとして、セルティは罪歌の気配を感じた方へと向かう。

大元の罪歌を所持していた杏里は、春奈の持つ子である罪歌を地に落とす。
今の騒ぎを起こしている罪歌の親は、春奈の所持する罪歌。春奈からやめるよう命令すれば子供たちは止まるとことで杏里はそれを頼むが、春奈の持つ罪歌の親である杏里のものからそれを命令しても大丈夫なよう。
画像
しかし、春奈はそんなはずないと杏里の言葉を否定。

「私は罪歌を抑えつけた。愛の力で! 愛を知らない、あなたなんかに……!」

そう言う春奈に、杏里はいつも自分の中に響いている罪歌の愛の言葉を聞かせてやる。

人を愛する罪歌の声。

それは偽りだった。

それが現実だった。

古物商だった杏里の父は、うまくいかない商売の鬱憤を家族への暴力で晴らしていた。
そのため、次第に杏里は心を閉ざしていった。
画像

そんな頃、切り裂き魔が現れる。
その正体は杏里の母親。父親を殺し、そして自らもその命を絶った。
残された杏里は罪歌を手にし、人を愛する声を聞いた。



静雄は多くの罪歌と熱いバトルを繰り広げる。
他の人とは違い、静雄は恐怖を感じず。静雄が恐怖を感じるのは己の力に対して。
自分のことを愛してくれる者の前では倒れるわけにはいかない静雄はまさに最強か。


罪歌の声に耐えられない春奈。それに対して、杏里は人を愛する心が足りないからこそそれに耐えることができる。客観的にいることで。

春奈はそんな杏里を斬りつける。それをわざと受けた杏里は、その代償として春奈の心を罪歌により乗っ取ることに。
自分の平穏を守る行為。それは仕方のないもの。

「寄生虫……ですから」

罪歌が人間を好きなのは事実。そして、春奈は人を愛することができる。
ならば春奈は罪歌を愛するべきか。

罪歌だった者たちは元通りに。
それに気付いた静雄は、殴る直前でその拳を止める。

「やっと俺の言うこと、聞いてくれたな」


杏里たちのもとにセルティが現れる。
那須島は杏里に一緒に逃げようと言うが杏里はその手をどける。

那須島には美香と同じクラスにしてくれた恩がある。しかし、杏里はその借りはもう返したと言う。
杏里はセルティが切り裂き魔だと思っていた。だから那須島が襲われるのだと思い、そこで那須島への借りを返したのだと言う。
そこでセルティが那須島に見覚えがあることを思い出す。追いつめたものの、切り裂き魔と思しき人物に邪魔された時。その時追いつめられていた人物が那須島とこと。

那須島は今さらになって物騒なものを持つ杏里に怯えるが、杏里は春奈とは違う。

「私は先生のこと……大嫌いですから」



画像

「つるぺたキタコレ~」
それは遊馬崎の言葉。

そんなお気楽な遊馬崎とは違い、渡草は不機嫌。というか赤面。
それはドアの修理を遊馬崎に頼んでしまったがためによる悲劇のせい。
画像
こんなになっちゃったんだもの、渡草が不機嫌になるのは仕方ないw

来良総合医科大学病院に入院した杏里を見舞う帝人。
今後は被害が起こらないことを予感している杏里はついつい笑う。それは、怪我をする数時間前にも切り裂き魔に襲われ、そこでかっこいい人に助けられたため。帝人にとっては嫌な展開w
サングラスをかけたバーテンさんと……

「あの、首なしライダーさんなんです」

『ちょっと待って!』
画像
帝人w

さらに怪我したとこでも助けてくれたという首なしライダー。首なしライダーが女であることを言いたい帝人だったが言えず。日常とかけ離れた存在であることを告げ遠ざけようとするも……

「この世で本当の非日常って、何だと思いますか?」

たとえばセルティの存在。
首なしは非日常であろうが、この街においてその存在はすでに日常。

「何も変わらない。それが本当の……」


事件が終わった時。
セルティは春奈を知り合いの医者に見せると言い連れていく。
そんなセルティに、杏里は謝ろうとする。それはかつてセルティが那須島を追いつめた時に、首を刎ねたことに対して。セルティはそのやりすぎた行為に対しては罪歌に文句を言うとし、その場を後にした。

今回のことを経て、杏里は罪歌の集団を操れる力を手に入れた。
罪歌は杏里のことは愛せなくとも嫌いではないという。

杏里は日常に戻ってきた。
本当のことは帝人たちに言えない。ただし、春奈の記憶を辿ったことにより黒幕の存在は知っている。


折原臨也。


那須島を杏里の家に行かせるよう仕向けたのは臨也の仕業。
那須島は借金に苦しんでいたため、春奈の親をゆすり金を作ろうとしていた。そこで臨也に調査を依頼しに来て、そこで金を奪っていった。
春奈が罪歌だという情報を掴んでいた臨也は、那須島を捕まえ金を盗んだことを脅して春奈を利用しようと思っていた。しかし、そこに本物の罪歌が現れたというわけ。

事件後逃げだした那須島は適当に声をかけた相手の静雄に殴られ撃沈。


今回の事件のことがよくわからないでいたドタチンたち4人のもとに一斉にメールが届く。

『切り裂き魔の情報求む』

ダラーズのリーダーからと思しきそのメール。
落ち着け帝人。

黄巾族の将軍。
ただの高校生でいたかったが、杏里を傷つけられたことにより切り裂き魔が許せなくなり、戻ってきた彼。
その人物こそ、紀田正臣。
画像



デュラララ!! 4 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-05-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"デュラララ!! #17『有為転変』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: