けいおん!! #09『期末試験!』

早朝。
ハイテクな唯は出かける。
その際、お隣の一文字おばあちゃんと遭遇。

「とにかく一生懸命頑張ろうと思ってね」
こっち見んなw


学校。
早起きしてジョギングしてたら遅れそうになったという唯は、進路調査表に書いたとおりに頑張っている。何かしら頑張れていることは素敵なんじゃないかな^^

もうすぐ期末試験。
とことで、勉強も頑張るため、図書館にて皆で勉強会。
唯は律の作ったクロスワードに頭を悩ませる。

「頭が“た”で真ん中が“き”、最後が“ん”」

ヒント→食べ物。

「たぬきうどん」
「それどういう食べ物?」
紬は興味津々に訊く。

「まるごと入ってるんだよ。たぬき」
怖ぇよwww

コンビニにてコピー。
そもそもコピーをとる必要がある時点で心配なところ……

帰り。
隣のおばあちゃんと遭遇。筑前煮をおすそ分けしてもらい、ギー太一筋で頑張っていることを褒めてもらう。

家に帰り、唯はおばあちゃんにお世話になってばかりであることを思い返す。
画像

ただ、今頑張るのは期末に向けての勉強。
とことで夕食後、ステレオな唯は机に向かって勉強を始める。

頑張るのだと決めた。その決意に嘘はなく、唯は真剣に勉強に取り組む。

翌日、憂はそのことを梓と純に話す。
学校での休み時間においても、唯は勉強に取り組んでいる。時折見せる唯らしさも含め、素敵なとこだね^^


期末試験の季節だが、バーゲンの季節でもある。

「バーゲン?」
「季節の商品が、みんなみーんな安くなるんだよ」
「それはダイナミックね」
紬の表現が素敵だなw

唯は30%引きのものに夢中。
手に取るのは『NEO』。
唯らしいセンスだwww


平沢家。
お醤油がきれてたとことで、料理中の憂に代わり、NEOな唯が買ってくることに。
塩じゃなく醤油。ソースじゃなく醤油。砂糖じゃなく……
てなところで、お隣のおばあちゃんに声をかけられる。

「唯ちゃんはこれからおつかい?」
「お砂糖をきらしてて」
ヲイwww

とことで、おばあちゃんに砂糖を分けてもらうw
そんな折、おばあちゃんは唯に話があったとことで演芸大会のお知らせを示す。
今年は出場者が少ないとことで、おばあちゃんは唯に出場の打診をする。若い人が出ると商店街の人達も喜ぶし、おばあちゃんはギー太を弾いてる唯のことも見てみたいとのことで、唯は日にちを確認してみるが、それは期末が終わる次の日という厄介な日程。
おばあちゃんがしげじいも含め唯の参加を楽しみにしていること、そして唯としてみれば日頃の感謝の気持ちから、その演芸大会に出場することに。

帰宅。
冷や奴には醤油がなくw
でも醤油を使うのがこれだけだったのなら救いなとこだろう。

唯は演芸大会に出ることになり、ハードな日程が強いられることとなった。しかし、何事も頑張ると決めた以上、勉強も演芸大会もどちらにしても手を抜くつもりはない。
全力。それがオレンジ卿の教えです。


翌日。
唯は演芸大会に出ることになったとことを、澪、律、紬に伝える。

しかし、出場するのは唯のみ。
おばあちゃんに、小さい頃からお世話になったお礼をしたいという思いがあってこその参加。

「優勝して、温泉旅行をプレゼントするんだ」
ええ子や^^

「おばあちゃん、何かりっちゃんによく似てるんだよね」
「どこがだよ!」
デコがだよw

演芸大会ではギターで弾き語りをするつもりだという唯。
そんな唯の話を、梓も憂から聞く。

ネギその他もろもろを買った帰り、梓は河川敷でギターの練習をする唯を発見し話しかける。
唯はおつかい帰りの梓に忠告。

「お醤油とお砂糖は間違えちゃダメだよ」
間違えねぇよw

「ま、よくあることだけどね」
ねーよwww

唯は演芸大会に一人で出る。
唯が勉強も頑張っているということを知っている梓は、自分も演芸大会に出ると宣言する。優しいねぇ^^

画像


とことで、翌日。
梓が唯の教室を訪れ、スケジュールを示す。
授業が午前中しかないのは試験前のシフトなのかな。それにしても緩い気がするが、どうなんだろ……
あと睡眠時間、けっこう長くねw

まずは図書館での勉強。
練習問題の答え合わせというとこだったが、ノートにはあずにゃんの絵がw
そんな様子を、憂と純が近くの席で見ていた。

「憂のお姉ちゃん、ホント面白いよねぇ」
「うん。だから毎日楽しいよ」
少しも恥じることなく笑顔で頷く憂。
こういうところが素敵だね^^


演芸大会はお年寄りが多いとことで、ふわふわ時間の演歌バージョンを試みる。
画像

しかし、難しいとことで、民謡で試みる。
こきりこ節。デデレコデン♪
そんなところでおばあちゃんが差し入れに。唯は一緒に出場するあずにゃんを紹介。

「あずにゃんさん。無理しないでね」
あずにゃんさんwww

こんなおばあちゃんのためにも頑張らなくては。
とことで、まずはユニット名をゆいあずに決定。曲はどうするか……


翌日。
さわ子先生はお茶とお菓子が足りないと軽音部に訴えかける。しかし、テスト前の今はできないから仕方のないところ。

「そんな規則と私、どっちが大事なの?」
「そりゃ規則だろ」
ごもっともwww


とことで、試験。
唯は練習疲れからか寝てしまう。それを察した和は、消しゴムを落としたと先生に言い、それで唯を起こしてやる。
実際、消しゴムは手の中。試験中も唯を気遣うとはいい子であり、唯も素敵な友達に恵まれてるね。
きっと、唯だからこそという部分もあるんだろうけど^^



第32回演芸大会。
客席には律、澪、紬、和、憂、さわ子先生の姿が。
そして裏では唯と梓が控える。皆素敵な姿だね^^

画像
寝てた唯だが、ゆいあずの出番がやってくる。
唯はいつも通り、梓は少し強張った状態でのステージ。

「最初は演歌やろうと思って、拳を回す練習してたんですよ~」
「そ、その“こぶし”じゃなーい!」
梓がツッコミ。

「私の方が先輩ですが、あずにゃんの方がちゃっかりしてるんですよ~」
「それを言うならしっかりだー!」
はははw

「それじゃあいきますか」
「いきましょう」
「……あれ? 何やるんだっけ?」
「いい加減にしなさい」
はははは……w

そんな失笑はともかく、曲へ。
ふでペン ~ボールペン~(ゆいあずVer.)。
画像

画像

演芸大会仕様のそれで鐘二つw
貰えたのは参加賞だったものの、おばあちゃんとしては唯の素敵な晴れ舞台を見れただけで満足だろう。これできっと成仏でき……ってそれは別アニメだったw



テスト返却。
とにかく頑張った甲斐があり、唯のテストはどれも高得点。
紬も演芸大会に出たかったとことで、今度はゆいむぎでと唯が提案。

「りつみおでどうだ?」
と澪に言うのは律。

「ゆいむぎ、みおあずがいい」
律も仲間に入れたげて>_<


けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2010-07-30

ユーザレビュー:
けいおん!!の原作と ...
ほんらかムードはかわ ...
意味のわからないアン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"けいおん!! #09『期末試験!』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: