WORKING!! 12品目『なぜか!?の決戦前夜。種島の恩返し』

「弁償するってば。マジックハンド!」

とことで、自分が壊してしまったマジックハンドの弁償を申し出るまひるであったが、宗太はそれを遠慮する。宗太が怖がらせたせいというのもあるものね。
しかし、今後も帰るのに必要なのは確か。それはもちろん宗太もわかっていて、既に通販で次の1本を買ったのだという。

「どうやら何らかのキャンペーン中だったようで、2本届きまして」
これでもう一回折られても大丈夫^^

二人でそんな話をしていたところへぽぷらと山田がやってくる。
何を話していたのか。それを誤魔化そうとする宗太だが、山田は先日のお泊りのことをぽぷらに話そうとする。宗太はそんな山田の口をマジックハンドで封じる。
別に話してもよさそうな気はするが、姉のことや昔のことがばれることを危惧する宗太は、家のことは全部ぽぷらには秘密に。
ぽぷらはしゅーん……

「でも、しゅーんとしてるよ。いいの?」
「そうですね……。しゅーんとしている先輩も良いなぁ……」
そっちの良いじゃないってw



「じゃ、お疲れさまでした」
バイトを終えた宗太はさっさと帰ろうとする。

「あれ? かたなし君、今日はお急ぎな感じ? 伊波ちゃんと帰らないの?」
「はい。今日は醤油が特売なんです」
え……w

「こんな閉店ギリギリじゃ、もう売り切れかもしれませんけど、最後まで諦めたくないんです!」

まひるは女子更衣室内で宗太のその宣言を耳にする。
画像

『醤油に負けた……』
それも閉店ギリギリであるかどうかもわからない醤油にw

ぽぷらは宗太の魅力を改めて実感。

「最高の女の子だよね! かたなし君!」
「男じゃなかったらな。好みじゃねぇけど」
小鳥のことでしたw

ぽぷらの小鳥に対する感情は恋ではなく憧れ。びょ~んでぼ~んですら~でば~んな人になりたいだけのこと。
そのためには、まず身長が伸びなければいけない。しかし、背が高くてもいろいろ不便だと潤は言う。

「けっこう頭ぶつけそうになるし、嫌でも目立つし、どこへでも手が届くし、映画や花火は気使うけどよく見えるし、満員の地下鉄で頭一つ出るから呼吸しやすいし」
「途中から自慢になってる!」
それもけっこう早い段階でw

もう一度小鳥の登場を望むぽぷら。
「伊波ちゃんもかたなし君にくっつけるし、私もいい女ムードもらえるし……。かたなし君が女装したら、みんな幸せ!」
「小鳥遊は不幸じゃん」
それも皆の幸福分ね。

こういうこと考えちゃうからいろいろ秘密にされてしまう。嫌われているかと心配するぽぷらだが、まひるはそんなことないとぽぷらに言う。宗太はぽぷらに姉たちのことを知られたくないだけ。

「私なんかより全然好かれてるよ~」
まひるの震えた声が悲しい。

そんなところで、ぽぷらは宗太の生徒手帳が落ちていたことに気付く。定期も入っているとことで、早い段階で家に届けねばというところ。
ぽぷらは早速届けに行ってしまい、マズイ展開に。しかし、まひるは着替え中でそれを止めることできない。


小鳥遊家。
ぽぷらがそこを訪れると、まずは一枝が出てきた。
ぽぷらは一枝が大きいことに、一枝はぽぷらが小さいことにそれぞれ衝撃。
それでも負けじと要件を告げようとしたぽぷらであったが、一枝はそんなぽぷらをぎゅっとする。
画像

『絶対かたなし君のお姉さんだ』
やっぱり姉弟なんだなぁw

さらに梢となずなも出てくる。一緒に住んでるとことは、答は一つ。

「かたなし君の家族!?」
「小鳥遊です」

醤油を買えたものの定期をなくした宗太。意気消沈して帰宅すると、そこにはまた絶望的な光景が。
画像

姉のことがぽぷらにばれてしまっていて残念なところ。
ぽぷらはとりあえず、小鳥遊家の大きな女性陣たちを拝むことに。

「ご利益なんてありませんよ!」



翌日。

これまで宗太の姉のことを秘密にされていたぽぷら。宗太にしてみればからかわれたり嫌われたりすることが心配だったようだが、ぽぷらにしてみればそれはショックなこと。
画像

「そんなひどいこと思ったりしてないのに。私、かたなし君に信用されてないんだ。先輩としての自信なくした」

『自信、あったんだ』

宗太は、傷つけてしまったぽぷらのことを心配する。

「あんなにちっちゃくしゃがんでしまって……」
「今、ちっちゃくなってる先輩かわいいって思ったでしょ?」
思ってたなw

早めに謝った方がいいと言うまひるだが、
「今の先輩見てると、思わず家に持ち帰りたくなってしまうので」
「それは、いろんな意味でやめといた方がいいね」

とことで、まひるがぽぷらに話すことに。

「小鳥遊君ね、きっと種島さんがとっても大事で、恥ずかしいお姉さんのこととか言いだしずらかったんだよ。私なんて、伊波さんに姉のことばれてもどうでもいいって言われたんだから」
「かたなし君ひどい! 伊波ちゃん可哀相!」
画像

『あれ!? なだめるつもりが……』

とことで、まひるはなだめ直してぽぷらを落ち着かせる。

「伊波ちゃんはホントいい子。かたなし君てば、こんないい子に想われてるのに気付かなくて……もう! かたなし君ひどいよー!!
もうどうしようもないw


その後、宗太は素直にぽぷらに謝る。

ぽぷらは自分の気持ちを微妙にわかっていないと宗太に言う。
その言葉に、宗太はショックを受ける。

「先輩の気持ちをわかってない…。そうだったのか…。子供心はわかっているつもりだったのに」
「そういうところがわかってないの! 乙女心! 私はかたなし君が、私を信用してくれなかったことに怒ってたの!」

それがわかっていなかった宗太は、お詫びにぽぷらの言うことを何でも聞くと言う。
言ってから女装の危機を感じるが、ぽぷらが望んだのはそれではなかった。

「伊波ちゃんとデートして!」

それがぽぷらのためにもまひるのためにもなるものね。
まひるはムリムリムード全開だけどw
画像

そんなところで博臣が現れて提案。

「小鳥遊君が、女装してデートする~」
何でだよw

博臣はそこにもっともらしい理由を付ける。

「もし伊波さんに好きな人ができたら、その人と初デートさせてあげたいでしょ? だから、女装してたら、ギリギリノーカウントになるじゃない」
背後に“おもしろそう”の文字があるのは気のせいw

宗太はぽぷらやまひるのことを考えて結論を下す。

「デートはいいですけど、女装はやっぱ……」
デートは決定のようです。


宗太とのデートに戸惑うまひる。
画像

そんなところで遭遇してしまえばやはり殴られるわけで……w

デートに自信をなくすまひるだが、倒れた宗太も心配なところ。いつもより威力増し、しかも5発目とことだが、女装をするということはやはり考えない。

「女装するくらいなら、素直に殴られ続けます!」

デートをなしにするという考えもない。そこが素敵なところ。

まひるはやっぱりデートはなしにと訴えるが……

「ぬるい!!」
と、ぽぷらは一喝。

「伊波ちゃん! 一生かたなし君を殴り続けるつもりなの!」

それを聞いたまひる。

「一生……一緒」
そこかよw

ともかく、デート成功に向けて頑張ることに。
とはいえ、デートまで時間がないとことで荒療治。ロープと手錠でまひるを拘束する。

「下手人?」
「お、主に男の人を殴りまくった罪で」

殴れないこの状況。これでどうなるか、キッチンの人達で試してみることに。
てか仕事はどうするw


キッチン。

「ということで、今の伊波ちゃんは安全だよ! ……多分

しかし、潤も博臣も慎重。

「どうして箸でつつくの!?」

箸でなく菜箸。

「どうして菜箸でつつくの!?」
「素手はやっぱり怖いから」

そして潤はぽぷらもつつく。

「わー!! どうして私までつつくの!?」
「面白いから」

「どうして山田はつついてくれないんですか!? 何か寂しいです!」
「え? きょ、興味がないから?」

まひるの管轄は宗太だと潤は言う。
「ちなみに、山田の担当は相馬で――――種島をからかう担当は、俺だ」

ともかく、まひるを引き連れ今度は宗太のもとに向かう。


今のまひるのこの状況、一度は宗太も考えたのだと言う。しかし、その後のことも予想してやめた。
宗太がまひるに触れようと近づくと……
画像

「いやぁぁぁぁーー!!」

蹴りがきましたw
それを身をもって示す宗太が凄い。

ともかく、根本から直さないといけないことがわかった。とことで、まひるはデートを断念することを提言する。しかし、宗太は殴られていることを覚悟していた。それをわかった上で了承していた。

「だから、伊波さんは気にしなくて大丈夫です」
惚れてまうやろw



―そして、デート前日の夜―
仕事を終えた宗太とまひるは帰宅。

小鳥遊家。
明日、宗太がまひると出かけるとことを知ったなずな。
宗太は成果を見たいと言っていたとことで、それは殴られることのだと勘違い。
画像
さすがのなずなでも引いちゃったかw


伊波家。
まひるは明日の準備にあたふた。
どこに行くかも決めてない。とことで、その参考に部屋にあった恋愛小説を読む。それを参考に宗太とのことを考えてみるが、なかなかうまく考えられないとこか。

服もヘアピンも、どこに行くかさえ決まらない。
画像
そんなまひるであったが、まひる母はそんなまひるを楽しそうだと言う。

「本当にまひるは小鳥遊さんのことが大好きなのね」

母には女性だと知らせてあるが、これでは男性だと感づかれてもおかしくないところだろう。
恋する乙女は就寝しようとするが、何も解決していないことに気付き大慌て。

「晴れるかな……」

空にも想いを託し、翌日のデートを控える……


宗太も思ふ。

「明日…………俺……死ぬかも」
頑張れw


WORKING!! 伊波まひる ストラップ
コスパ
2010-07-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"WORKING!! 12品目『なぜか!?の決戦前夜。種島の恩返し』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: