けいおん!! #12『夏フェス!』

夏休み。

「合宿をしよう!」

とことで、唯は合宿を提案する。
それに律と紬も賛成。澪は梓の意見もと言うが、唯は既にメールで確認済みだった。
とことで、4対1の多数決で合宿をすることに決定。


「みなさんいらっしゃい」

とことで、軽音部は平沢家に集う。
やるのは合宿の打ち合わせ。梓は賛成しながらも、本当にいいのかと心配になる。だって皆受験生だものね。

「まあ、ちょっと息抜き息抜き」
「そうそう」
「ちょっとで済むかどうか……」
唯たちだからこそ心配なところか。

去年と一昨年は海だから、今年は山。
とことで、夏フェスに行くことを提案。

夏フェスは山の中でおこなわれる。唯はその様子を想像する……
画像

「食べられちゃったり…しないよね?」
「何考えてるか知らんが、絶対違うからな」

夏フェスに行く案はとてもいいものとしても、チケットの問題がある。今からでは難しいとこかもしれなかったが……

「仕方ないわね。今回は特別よ」
と、さわ子先生が人数分のチケットを提示する。
さすがさわ子先生。

「って、神出鬼没だなぁ!」
人ん家に神出鬼没で現れるなw

ともかく、これでチケットの心配もなくなった。皆は初の野外を楽しみにするが……
「そんな暢気に構えてると負けるわよ」
「えっ! 何にですか!?」
「夏によ!」
さわ子先生は夏フェスの恐ろしさを説く。

「ギラギラ燃える太陽、むんむんした熱気、そして今かと獲物を待ちかまえる夏の虫たち! 夏フェスに参戦する者はね、その全てと戦うの! 覚悟なさい!」
その言葉に、澪は覚悟を決める……



とことで、夏フェス当日。
軽音部メンバーの中で集合場所に一番乗りしたのは梓。その後に紬、澪&律がやってくる。

「やっぱり時間通り来てたのは、ムギと梓だけか」
クマのある澪はそう言う。
画像

そんなところで会場へ向かうバスがやってきてしまう。
唯がまだやってきてないとことで梓が慌てて電話しようとすると……

「私ならここにいるよー!」
と、唯。
いるなら声をかけてくれればいいのに。

「いやー、いつ気付くかなーと思って」
「すみません。唯先輩が先に来てるって発想がなかったんで」
格好的にわからなかったこともあるが、それが一番の理由だろうw

これで残るはあと一人。そのさわ子先生も集合し、これで全員集合。
さわ子先生は、前日にライブに行き、朝まで飲んでそのまま寝ないで来たという。

「テヘ」
画像

「……先生。キツイです」
そう言わんといてあげてw

『とにかく出発』
とことでバスに乗るが、唯とさわ子先生は酔って大変そう。
酔うといっても唯は乗り物酔い、さわ子先生は二日酔いだけどw

澪は絶対に見たいバンドを挙げる。
しかし、同じ時間で別の会場。ともなれば難しいところ。

「体が二つ欲しい!」
アホかw

「瞬間移動したい!」
無理言うなwww

わがままを言う澪に対し、紬もちっちゃいわがままを主張。

「焼そばだけは絶対食べたい!」
お好きにどうぞw


ちょっと休憩をはさんだところで唯は復活。
会場へと近づく中、澪もどんどん楽しみに。
画像

そして会場へと到着する。
すごい人だかりに圧倒される唯たち。まだ全然集まっていないのにな……

会場に到着し復活したさわ子先生は気合を入れて皆を先導する。
まずはキャンプエリアに行き寝場所を確保というところであったが、出足が遅れたために平地は埋まっていた。とことで、仕方なく斜面にすることに。

「えー。寝る時頭に血が上らなーい?」
どうしてそっちを下にするw

テントを設置し終えたら、ライブ会場へ向かう前の最終確認。そこで衝撃だったのが、紬の履く靴。しかし、ここは唯が持ってきたビーチサンダルでフォロー。
とことで、いざライブ会場へ。

メインはFIRE STAGE。
4万人収容だがなだらかな斜面になっているため後ろの方も見やすい。

裏メインはTHUNDER STAGE。
1万人収容の通好みな会場。

この二つを往復することが主な行動となるところだが、その距離は700m。

「100mを10秒で走っても、約70秒かかる」
仮定がおかしいw

ここにきて、そういえば何でさわ子先生はチケットを持っていたのかという疑問を思い出す。毎年行っていたのはいいとして、6枚も持っていたのは不思議なところ。
しかしそれは、一緒に来るはずだった友達が急にキャンセルしたためとのことだった。嫌われてるわけではない……よね^^;


夏フェス開始。
最初のバンドの演奏が始まったとこだが、さわ子先生は一押しのバンドが屋内ステージで演奏とことで、ダッシュしていく。

澪と律はTHUNDER STAGEへ向かう。
そこで演奏のギターは左利き。良かったね。

唯は唯で真剣にステージを見つめる。
これに触発されて真面目に練習をするようになればと期待する梓であったが、唯の興味は髪形に向いていたよう。
画像

「あれは天然パーマよね」
お前ら……w

売店。
焼そばは売り切れ。唯が食べたかったものも同じく。
そんなところで律からメール。予定のスケジュールが送られてくる。

この後、雨も降りだすが、皆充分に満喫。
次に見たいバンドまでは時間があるとことで、晩御飯を買ってくることに。
買い出しに行ったのは澪だが、買ってきたのはTシャツ。

「着てみた!」
画像

知るかよ。飯はどうしたw

………………


ともかく、1日目は充分に楽しめたようで何より。
夜はゆったりとした時を過ごす。

地べたに仰向けになって星を見つめ、一日を振り返る。
どのバンドもすごかったが、唯は自分たちの演奏の方がすごいと言う。オリコン1位とったものねw

「これからもずーっと、みんなでバンドできたらいいね」
画像

そんな素敵なことを思いながら、素敵な一日が終わる……


けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2010-07-30

ユーザレビュー:
1クールぐらいで…け ...
二期で崩壊したけいお ...
最近気づいた事アンチ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"けいおん!! #12『夏フェス!』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: