けいおん!! #16『先輩!』

部室。
先生が来ないとことで、デザートが一つ余る。梓はそれを食べたそうにしているとことで、皆は食べるよう勧める。
そんなところで梓は、唯の髪にシールがくっついていることに気付き、それを取ってやろうとする。
そんないつもの軽音部に、純が梓の忘れ物を届けにやってくる。

「休憩中でした?」
いや、いつもこんな感じですw



梓は純に言われるがまま、一日の活動内容を書いてみることに。

4:30~5:30 ミーティング
5:30~6:00 練習
6:00~6:30 ミーティング

ミーティングという名のティータイムですねw
梓はミーティングの時にちゃんと音楽の話をしているというアピールをするも、
「梓、変わったよね」
純にそう指摘されてしまう。

梓にとって、それは許されざるもの。唯たちのペースに馴染んでいることに危機感を感じた梓は気合を入れ直して部室に向かうものの、それすら皆に影響されたもの。ともかく気合を入れ直して部室を訪れると、昼寝をしている紬がいた。誰かがいたら驚かせるつもりで隠れていたとのことで、紬はそれを言ってから梓が来ていることに気付き驚かせようとする。今からじゃ驚かせるのは難しいよw

唯たちは掃除当番で遅くなるとのこと。そこで梓は、部室で紬と二人きりが珍しいことに気付く。それを意識すると緊張するもの。梓はギターの練習をして誤魔化そうとするが、
「って近っ!!」
紬がギターに興味を持っていたとことで、弾かせてみることに。……しかし、そう簡単にできるわけもなく断念する。

一段落したところで、梓はどうして紬が軽音部に入ったのか疑問に感じる。あんまりそういう話をしたことがなかったなぁとも。そんなことを考えていたところで、紬のほっぺにクリームがついていることに気付き、それを取ってやる。

「つまみ食いしてたのばれちゃった」
と、紬。
今までもたまーにしていたのだという。

画像
色々考えてるのがバカバカしくなるくらいに和む梓。笑いが堪え切れず、紬もそれにつられて笑う。
そんな素敵な二人を、唯たちは入口でコソコソと観察していた。面白い組み合わせ、素敵なやり取りだったものね。

皆が集まったところで、紬は今度の学園祭用に書いたという新曲を見せることに。シールにハマっている唯は、そんな紬に“たいへんよくできました”シールをプレゼント。



そんな軽音部の話で盛り上がる梓、憂、純。
楽しいところだったが、梓は紬をかわいいと思うために部室に行ったわけではないことに気付き、この日も気を改めて部室に向かうことに。

今回は澪一人。他の皆は日直とかいろいろあるとことで、二人で練習を始めることに。
その前に弦を張りかえたいという澪をじーっと見つめ、学園祭の曲についての話もする。バラードを取り入れるという提案などもして、梓はカムバック自分に自信を持つ。

「何かこうしてると、ホントの軽音部みたいですよね」
そう思ってしまっている時点でもう手遅れな気がしなくもない。

澪が弦を張り終えたところで梓は立ち上がる。

「じゃあ私、お茶の用意しますね」
ほらやっぱりw

「お茶にするのか?」
澪に素朴な疑問を投げかけられたところで、梓は自分の考えが本来の軽音部にあるまじきものだと気づく。
画像

「まあ、まだみんな揃わないし」
「言ってみただけです」
「えっ? いや、お茶にしたいなら」
「言ってみただけです」
さいですか。

そんなところで律たちが部室に飛び込んでくる。
「頼む! 家庭科の宿題手伝って!」
と、律は澪に泣きつく。

ボタンをつけるのはうまいのに、スカートを縫えないとのこと。課題をほっといて部活はできないとことで、今から律の家に行くという流れに。もちろん、今の梓にはこの流れに逆らうほどの力はなく、律の家にやってくることになった。
皆が田井中家に着いたところで、律の弟の聡がトイレから出てくる。いきなり見知らぬ姉の友達が目の前にいるとことで、聡はトイレにカムバック。

「もっかいトイレいったね」
「反抗期か」
画像
察してあげて>_<

澪が巧みにミシンを扱う中、唯は昨日梓が部室に忘れていったものを渡す。……シールを貼った状態でw

「……取っていいですか?」
後でこっそり取ろう。

梓がトイレにいくと部屋を出ようとしたところで、ちょうど聡がやってくる。姉に言われるがままに皆を呼びに来た聡。反抗期はまだ先の話か。

宿題を手伝ってもらったお礼とことでの食事。
ハンバーグもご飯もおいしいとことで何より。日本人なら米という律の考えも何より。



結局律の家に遊びに行っただけで終わった翌日。
寄り道も必要だと純に気遣ってはもらうものの、寄り道ばかりであることに気付き、三度目の正直に挑戦。でも二度あることは三度あry

今日は唯だけの部室。トンちゃんの水槽を洗ってやらねばならぬという流れになる。
今日こそ練習をと思うものの、トンちゃんを放っておくこともできない。とことで、掃除をする。
それが終わってから練習というとこだったが、唯が紬からもらった曲の見方がわからないとことで、それを梓が教えることに。
そしてしばらくして。

「それにしてもみんな遅いな~」
「そうですね」
「ムギちゃんのお茶が恋しいな」
「そうですね」
それではダメ。
そのことに気付いた梓は練習に取り組もうとする。

今日はやけに気合が入っている。その考え方ではいけない。これくらいが普通で自分らしいと強調する梓だが、唯はそこまで深くは考えない。

「だって、あずにゃんはあずにゃんだもん」
画像

考えなくとも、梓が何をしようともそれは梓らしい行動。もちろん梓だけに限らず、皆それぞれがする行動は、その人なりのらしい行動となる。それでいいじゃない。



ある日、梓が落としてしまった“ぶ”のキーホルダーが届けられる。何故持ち主がわかったのかと言うと、そのキーホルダーの裏には“なかのあずにゃん”とシールが貼ってあったから。唯グッジョブ!
唯らしさで軽音部の絆は繋がり、皆のらしい優しさに触れて梓は梓らしさを発揮する。それが彼女たちの軽音部らしさ^^


学園祭に向け、クラス内での役割の話について話し合うことになった梓たち。
純は、ウェイトレスをやろうかと言う。

「ふぅ~ん。じゃあ何猫にするの?」
「ぇ、何それ?」
「え? だって猫耳付けるんでしょ?」
「だから何で?」
「え? だって、ウェイトレスって猫耳付けるものでしょ?」

梓のその考えに教室の皆も注目。

画像
軽音部の中野梓。
実に彼女らしい考えだね^^


けいおん!!(第2期) 1 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2010-07-30

ユーザレビュー:
けいおん大好き!でも ...
ん?あのけいおん!の ...
話数が増えた第2期だ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


"けいおん!! #16『先輩!』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: