世紀末オカルト学院 Episode.05『夏のこずえ』

朝。
こずえが慌てて見せてきたきたのは錆びないスプーン。オーパーツだと言うこずえだが、それはただの贋作。マヤにそのことを教えられ落ち込むこずえだが、すぐに気を改めて別のものを探すと言う。
もともとおかしいが、それとは違ったおかしさを感じるところ。そんなところで1時間目が始まる。

授業は日本史。当然、教師は文明。
教科書を読むよう指名されるマヤだが……

「シャッ!!」
画像

威嚇してかわす。
とことで代わりに読むのは亜美とことに。

「ヘタレが」
返す言葉もございません。



休み時間。
オーパーツを探しに行っていたこずえが、包帯だらけで帰ってくる。
心霊写真だと示すそれには、オーブと呼ばれる人間の魂や思いが写っているように見られた。
画像

しかし、それはよくあることで、空気中の埃の光が乱反射しただけのこと。
特に、この写真を撮影した場所は滝の傍。湿気の多い場所ではフラッシュ系の乱反射が起こりやすいという。

「心霊写真の大半は、撮影ミスよ」
残念。

ちなみに、こずえが包帯を巻いている理由はというと……
黒猫を発見したこずえは、黒猫に横切られると不幸になるとことを確かめようとその猫の後を追った。しつこく追った末、自分の前を横切った次の瞬間、崖から転落したというわけ。

あまりに無理矢理なそれに呆れるマヤ。それに、この迷信は国によっては幸運の前兆でもあると、亜美が指摘する。どちらが正しいか、こずえは自身でそれを実証することに。

その手段はロシアンルーレット。まんまのそれだと明らかに危険だが、わさびロシアンならそんなことはない。しかし、こずえがいつもハズレを引くとことで、実証にはならないよう。

そんなところで、次の授業が始まる。
そこでポルターガイストが発生。
「いや、ただの地震だから」

さらに次の授業。
謎の文字を書く教師に、ルーン文字なのか神代文字なのかを問うこずえ。
「いや、字が汚いだけだから」

体育。
こずえがツチノコだと言って持ってきたものも、ただ蛇がとんでもないものをのみこんだだけ。



文明。

みのるん♡ちい

その弁当は、千尋が用意したもの。恐ろしいものだ。
そんなところでお客さんが来たとことで、文明は職員室を出ていく……


体育が終わったところで、こずえはまた新たにスクープを目撃。
その先には文明と美風がいた。

美風は定食屋だけではやっていけないとことで、校内でお惣菜パンのワゴン販売を考えているのだという。
車のローンがある。その言葉にトラウマを思い出すところであったが、文明は試食のパンを食べて美風にアドバイス。
全ては美風のため。そんな文明の様子を見守っていたマヤや千尋は不機嫌そう。


昼食。
3秒ルールを守れなかったことはともかく、マヤは弁当を残して横になる。
食べてすぐ寝ると牛になる。それを聞いたこずえも横になってみることに。

こずえがここまでオカルトに拘るのは、この学院で唯一オカルト体験がないからだという。

「大事なものは、目に見えない」

星の王子様。
心で探さねばならぬ大事なもの。いつかは見つけてみせるというその思いがあれば、きっと見つけることができるだろう。
オカルトを信じていないマヤでもそう思っているはず。3人は素敵な一時を過ごす……
画像

「ベントラーベントラースペースピーポー」
「呼ぶなぁぁぁ!!」



日本史。
にも関わらず、星の王子様を読むマヤ。それを注意する文明だが、マヤの迫力に圧され注意しきれないでいた。
皆からもヘタレ印象を持たれ始めているようだが、大丈夫なのだろうか……


休み時間。
こずえが欠席なことを気にかけるマヤ。そんなところで、文明が持ってきた携帯に電話がかかってくる。
現在はマヤが預かっているそれ。非通知設定の電話に出てみるも、無言のまま切れてしまう。
そして、亜美の携帯にもこずえからメールが届く。

件名『さがさないでください。』
本文『わたしは神になります。』


とことで、マヤと亜美で慌ててこずえを捜しに行くと、家庭科実習室でこずえを発見。アホみたいなことをやっていましたw

途中で一緒に捜しについてきた文明は、こずえの無事を確認するとマヤに頼みごとをする。とことで、学院内販売許可証を見せるが、却下されてしまう。
鍵を探すコンビも解消。文明は承認のハンコをデコに捺される。
画像

それを紙に捺し直し、美風と約束した件は無事解決。承認の文字は逆になってるだろうけどねw



授業。
そこでおこなわれるモニターにこずえが立候補する。
これからやろうとしていることは臨死体験。呼吸や脈拍もない状態から生還することの再現。
死後の世界に何があるのか。それを見てくるというそれはとても危険なもの。それを覚悟しておこなったこずえの脈は0になり――――


死後の世界。
こずえが見るそれを、皆もモニター越しで見守る。
画像

とても神秘的なその世界に皆は驚き、こずえは幸せそう。
制限時間の3分が近づき、元の世界へ戻ろうとしたところで、こずえは激しい波に飲み込まれる。
そして目覚めたこずえは、メガネをしていなかった。それだけではない。こずえは、前のこずえとは別人になっていた。
モニターになおも映るのは、なくしたメガネを必死に捜すこずえ。
これはいったい……


世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]
アニプレックス
2010-09-22

ユーザレビュー:
新鮮☆第一印象、ヒロ ...
しっかりしたアニメ現 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"世紀末オカルト学院 Episode.05『夏のこずえ』"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: