世紀末オカルト学院 Episode.09『雪のあかり』

学長室に、文明がハンコを貰いにやってくる。
今度はアイスクリームの販売許可とことで、私情もはさんでいるように思えるとこだが、マヤはそれを許可してやることに。
そんなところで、文明は不動産売却の書類を発見する。

「ちょっと! 勝手に見ないで!」

マヤにもいろいろ事情があるのだろう。
取り壊しは明後日。とことで、今は誰も住んでいないマヤのかつての家は取り壊されることになるのだという。



千尋担当の授業。
実際に霊を呼び出すという話になり、エクトプラズムを使用し霊を具現化することに。

マヤは、霊の姿を物質化するのはハードルが高いと言う。19世紀の有名な霊媒者ヘレン・ダンカンも霊を物質化している最中に他界してるとことで不安なところか。

誰の霊を呼び出すかの希望。皆が様々な者を挙げる中で、こずえは旧学長を提案する。
空気の読めないこずえであったが、マヤは別に構わないとことで、旧学長を呼び出すことに。

千尋が旧学長・神代純一郎を具現化する……
しかし、実際現れたのは一人の少女だった。
画像
彼女が移動する際には、その場に雪が残るという不思議な現象が起こっていた。

純一郎の召喚は失敗。それだけ降霊術が難しいとことか。

現れてしまった少女はスマイルに懐いてしまったようで、スマイルの背中でぐっすり眠る。
なんとかしてほしいとマヤたちのもとに相談にやってきたスマイルだが、そんなところで少女が目覚める。少女はおうちに帰りたいとのことで、どうしたものかというところ。
とりあえず、ほっとくわけにはいかない。

「お姉ちゃんが一緒に探してあげる」
とことで、マヤは素敵な笑顔を見せる。
画像


岡本あかり(7)。
彼女が降霊術の授業で現れたという事情を、通りがかった文明に話すことに。
どこの小学校に通っていたかわかれば家も割り出せるだろうから皆で探すつもりだと言うマヤ。それに対し、文明は珍しいと言う。ノストラダムスの鍵とは関係ないのに積極的に首を突っ込んでいるのだから、そう考えるのも無理のないところだろう。
しかし、今のマヤにとっては当然のこと。

「私だって小さな女の子が泣いてたら手助けするわよ」

文明も放課後は暇なので付き合ってもいいと言う。
そんなところで美風がやってくる。マヤの顔といったらそりゃあもうw
しかも、美風は今日の放課後に頼みがあるとのこと。迷っていた文明だが美風と約束をすることにしてしまう。

とことで放課後、文明抜きであかりの家探しをすることに。
画像
不満顔のマヤであったが、あかりの笑顔でそれもすぐに吹き飛んでしまう。

松代の小学校を全て回る前に、あかりから手がかりを訊いてみることに。
学校にあるのは門と庭。当たり前とも思えるその情報を得たところで、JKは物凄い形相で閃く。
画像
その場所というのは真田邸。その隣に長野市立松代小学校が建っており、まさにそこがあかりのいた小学校であった。とこであかりの家の情報も入手することに成功する。
そこから歩いて10分くらいとことで、嬉しそうにするあかりと手を繋いで家に向かうことに。


その頃、文明は中川定食に試食にやってきていた。
オムカレー。思いのほかそれが美味しかったようで、まあ良かったんじゃないのかな、うん。


マヤたちはあかりの家に辿り着く。
しかし、そこであかりは寒いと訴え始める。そしてポルターガイスト現象が発生。JKでなくても物凄い霊体エネルギーを感じるところか。

あかりの座るその部屋から物凄い吹雪が発生してるとことで、とりあえずはそこから離れるべきであったが、マヤは突き進んであかりのもとへと向かう。

「どうしたの!? どうしてそんなに苦しそうなの!? どうすればいい!?」

マヤのその問いに、あかりは何かを口にする。
そして、吹雪は嘘のように消えてなくなった。
その場には雪だけが残される……
画像

そんなところでやってきた管理人さんに事情を説明する。
信じがたい話であっただろうが、管理人さんは不思議なその話を信じる。そして過去の話をしてくれる。

あかりの両親は彼女が小学校に進学した頃に離婚したのだという。父親に引き取られたとことで、寂しさもあっただろうがあかりはいつも笑顔だったという。
そのあかりが、クリスマスイブの晩に凍死した。雪の中、ずっとドアの前で座ってたためにそうなってしまったという。
どうしてそこで座っていたかはわからないものの、早く見つけてあげるべきだった。その悔しさに、管理人さんは涙を浮かべる。


話を聞いた後、皆は帰宅する。
どうしてあげるべきか。そんなことを考える中で、マヤはあかりも自分と同じだったのだと考え始める。
彼女の為になんとかしてあげたい。そう思うのはマヤだけでなく、皆も同じ。彼女を救う手を考える。
画像

そんなところで文明から電話がかかってくる。
これから合流すると言う文明だが、マヤはそれを冷静に断る。
平静を装ってはいたものの、電話の向こうで美風がいると知ったマヤの眉は引き攣る……

あかりの父親の所在を確かめるため、職場を訪れてみることに。
しかし、仕事をやめたとことで連絡先もわからぬところであったが、棟梁が前に見かけたとのことで、そこからあかりの父親・健吾へと辿り着くことに成功する。


マヤたちは健吾にここまでの経緯を正直に話す。
しかし、オカルトは信じてもらえず、健吾は帰れと言うのみ。

「あかりちゃんを助けなくていいんですか!」

そう強く訴えるマヤに、健吾は言い残す。

「あかりは……俺のせいで死んだんだ」

詳しい事情はわからない。
しかし、あかりのためにも、健吾のためにも、なんとかせねばならぬとこだろう。


世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2010-09-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"世紀末オカルト学院 Episode.09『雪のあかり』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: