オオカミさんと七人の仲間たち 11話『おおかみさんと羊の毛皮を着た狼』

修行中の亮士に、涼子がさらわれたという連絡が入る。


その涼子が目を覚ますと、そこは鬼ヶ島高校生徒会室で、近くには士狼と麗狐がいた。
士狼の目的は人の不幸。御伽銀行を巻き込もうと画策しているため、士狼は亮士が来ることも待っていた。

その亮士は、猫さんとともに御伽銀行の残ったメンバーと合流し、作戦を考える。


美々とともに逃げるアリスは、いったん追手を撒くことに成功する。
落ち着いたところで美々はアリスに謝るが、その意外に素直な一面にアリスは驚き。なんだか打ち解けた雰囲気になる。


つれてこられた浦島は、捕まっていた乙姫と合流する。
乙姫はなんとか無事なようで、これで不良軍団に構わず手出しできるところであったが、浦島の相手をするのは男どもではなかった。
とことで、水着美女軍団登場。
まさかこんな汚い手を使ってくるとはw


町はずれの廃工場。
そこにはおつうが連れてこられていた。そして男どもの言いなりにされようとしていた。

「メイドに、ナース服を着せようなんてー!」
緊張感のないピンチな状況だことw


同じく緊張感のない状況なのは、美女にデレデレな浦島。
それを前にし、乙姫は生きることに絶望する……

「だがやはり一番美しいのは乙姫だ」
画像
さすがイケメン。

水着美女を乗り切り、浦島は男どもと戦う。
それと同じように、水着美女を前に乙姫も立ち上がる。

「女の嫉妬は海よりも深いんですのよ……。お覚悟なさいませ」
二人はどうやら大丈夫そう。


ナース服に着替えさせられそうだったおつう。
そこにマジョが現れ、不思議な気体を発して攪乱してる内におつうを奪取することに成功する。
助け出した後、魔女はいくつかの服を提示して言う。

「これ着るよ~」
画像
どちらにしろ避けられぬ運命でしたねw


なおも追手に追いかけられていたアリスと美々。
インドア派のアリスが足をくじいてピンチだったが、追いつめた不良は味方に倒されることとなる。

「もう。遅いよりっくん」

とことで、いつの間にやら不良の一人になりすましていたリストにより、二人も無事助かることに。
残るは、一番厄介なことになりそうな涼子救出。
とことで、亮士、林檎、猫さんの3人が、涼子のいるであろう鬼ヶ島高校へと向かう。


鬼ヶ島高校で待っていたのはたくさんの不良。
さすがにマズイ状況であったが、
「大丈夫よん」
と色っぽい声をかけてきたのは桃ちゃん先輩。下僕と豚田三兄弟まで従えて登場する。

彼らがやってきたのは依頼30%offのお陰。
とことで皆で外にいる雑魚どもを倒していくが、その間に校内へ入る入口のシャッターが閉まっていってしまう。
しかし、それを止めるブタが二匹いた。
「ここは我々に任せるブー」
「早く行けブヒ」
『燃えるセリフが語尾のせいで台無しです』

皆が校内へ入った後、三男も含めて壁となり、外の不良を中に入れさせない。

バットをその自慢の脂肪ではじいていたところで、御伽銀行の皆がやってくる。
浦島は紳士モードで登場。とことは……w

ガチ戦いに怯える美々であったが、ピンチな乙姫を助ける。
とっても素敵ね^^


校内に現れた雑魚どもは桃ちゃん先輩とその仲間たちが担当し、亮士と猫さんは先を急ぐ。
その道中、猫さんは亮士に修行をした理由を打ち明ける。

猫さんは3年前、不良にからまれた自分を助けようとしたある女の子を見捨てたのだという。その女の子に報いるため、猫さんは鍛えるようになった。そして、それをまた亮士に伝えたとことか。それはつまり、猫さんを助けたという女の子は……


さらに追ってくる雑魚ども。それを猫さんが足止めする。
「鬼ヶ島の鬼ども。この俺様が、一匹残らず退治してやろうじゃニャいか……じゃないか!」
画像
ご愛敬^^;

とことで、亮士は一人、涼子のもとへ辿りつく。
さっそく士狼に殴りかかる亮士だが、飛び道具も封じられ突き飛ばされてしまう。

士狼のラッシュを喰らった亮士は、倒れながら猫さんの言葉を思い出す。
不良に囲まれても逃げなかった亮士を尊敬していると言う猫さん。彼を救った女の子というのは、やはり涼子のことだった。しかし、今までの亮士では涼子を守れないと思ったため、猫さんは亮士を鍛えた。

「亮士。お前が大神を守りたいと思った理由は何だ?」

猫さんが訊いたその質問の答えこそ、亮士を真に強くする想い。
それを思い出した亮士は、士狼に蹴られようと踏みつけられようと立ち上がる。そして、修行の最初に猫さんが言った言葉も思い出し、いったんクールダウンし士狼と間合いをとる。
それに気付かなかったか、士狼は今までと同じタイミングで殴りにかかる。亮士はそれをかわしカウンターを食らわせるが、それが逆に士狼を本気にさせた。

しかし、そこへリストと林檎が辿りつく。
リストも自分たちに売られた喧嘩に対して、本気で怒りを抱いている。

「覚悟しておいてね」
画像

売られた喧嘩は全力で返すことを約束し、涼子を回収してこの場を去っていく。
御伽銀行前に帰り、涼子が助け合いの素晴らしさを実感したところで皆解散。

乙姫も今日のことを美々に感謝する。それに対し、美々も過去のことを謝る。
画像
なんて素敵な光景か。素直になれるって素晴らしい。


猫さんは涼子から感謝される。
これで、彼がこれまで抱えていたものも少しは軽くなっただろう。
過去から逃げずに立ち向かった猫さんもとっても素敵^^



夜。
皆それぞれ安心した夜を迎える。
そんな中、亮士が修行していたことを知った涼子は、複雑な感情を抱く。そんな涼子に、林檎は一緒に強くなればいいと言ってあげ、解決する。


後日。
エリザベスとフランソワの散歩に付き合うという口実で亮士と二人きりになった涼子。
そこで素直に感謝の言葉を言おうとしたものの、通りがかった子供たちの視線に怯える亮士を前にし、その気も失せてしまう。
そんなヘタレを殴ったところで、めでたしめでたし^^


オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2010-09-22

ユーザレビュー:
かわいいやっぱりアニ ...
普通に今期一番作画良 ...
近年ありがちな近年あ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オオカミさんと七人の仲間たち 第1巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"オオカミさんと七人の仲間たち 11話『おおかみさんと羊の毛皮を着た狼』"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: