学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT12

学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT12『ALL DEAD'S attack.』

静香先生は、SATの隊員である友人の電話番号を思い出す。とことで、早速電話をしてみることに。
無事その相手に繋がり安心したところであったが、それも束の間、上空に眩い光が広がると携帯は壊れてしまう。
携帯だけでない。パソコンもペースメーカーも、その機能を停止していた。

そして紫藤が運転するバスもコントロールできないまま、バリケードへと突っ込んでしまう。
それにより生まれた隙。そこを突いて<奴ら>が侵入してきてしまう。


沙耶によると、先ほどの光はEMP攻撃。
電磁パルスを発生させるそれで集積回路が焼かれ、電子機器は使えなくなったのだという。

沙耶の冷静な分析はパパさんに褒められるも、楽観できぬ状況が迫っていた。
迫る<奴ら>を屋敷の敷地に入れさせないため、門を閉める。入ってしまった1体はコータが撃ち抜く。
画像

しかし、それで危機が去ったわけではない。
沙耶ママは華麗に銃を用意し、沙耶たちにもその武器を渡す。

門には無数の<奴ら>の圧力がかかり、それはついに破られてしまう。
画像

屋敷内はパニックに陥る。
そんな中、ここまで死線を潜り抜けてきた孝たちは、勇敢かつ冷静に<奴ら>と戦い倒していく。


このままでは、家に立てこもっても襲われるのは時間の問題。
とことで、壮一郎は戦うことを選ぶ。
孝には自分の道を行くように言い、そしてコータには……

「娘を……頼む!」

沙耶にとっては複雑なところだったかもしれない。
しかし、両親が一人の親として自分のためにしてくれたことであると知り、それを快く受け入れる。

「パパ…ママ……大好きよ!」


動かせる車があった。しかし、多少のダメージは受けているため、それを修理する時間は孝たち自身でなんとか稼ぐことに。

苦戦しながらもなんとか守り切り、皆はその車に乗り込む。
修理してくれた松戸は、惚れてる女が皆と一緒にいるとことでここに残る。
画像
かっけぇぜ。

孝たちはこのテリトリーからの脱出に成功し、壮一郎たちもそれを確認する。

「もはや……後顧の憂いなし!」



孝たちは国道へと出る。
そこも、道は<奴ら>で溢れてたとことで、孝、コータ、冴子の3人が外に出て<奴ら>と戦う。

「ホントに――――めんどくさいよ!」



『あの日。世界の終わりが始まった。 そして今は……もう全てが終わってしまったのかもしれない。 それでも……いや、だからこそ、僕らは――――』

画像


This is the way the world ends.
かくて世の終わり来たりぬ


Not with a bang but a whimper.
銃声でなくすすり泣きのうちに



学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-09-22

ユーザレビュー:
完全に狙いすぎた ゾ ...
大丈夫かなぁ…?単純 ...
スタートは快調で後半 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT12"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: