ヨスガノソラ 02話『アキラハズカシ』

穹は下着姿になって悠に迫る。
夜這いかと思いきや……

「だから採寸して。作るの。制服」
わざわざ夜中に来んでくださいw



朝。
登校中の悠に髭男が話しかけてくる。
彼は中里亮平。他に合流した奈緒や梢、瑛、一葉を含めて悠はもうすっかり馴染んでいる。
それに引き換え、穹は未だ家で独り。退屈で怠惰な生活を送っていた。

それがもう十日も続き、悠はいつものように一人で登校しようとする。
すると家を出て間もなく、穹の悲鳴が聞こえてくる。悠が慌てて戻ってみると、部屋中にスプレーをまき散らす穹がいた。
画像

蚊がいたとのことだが、

「ヘアスプレーじゃ無理だろ」
兄は割と冷静ですねw


必要以上に疲れた悠は、学校で瑛のマッサージを受ける。
その様子を見守る一葉の視線が素晴らしいw

亮平や瑛によると、これから蚊が大発生してくるという。

「大丈夫か穹ちゃん。俺が守ってやろうか?」
「却って心配だよ」

とことで、亮平の手は借りず、瑛から余ってる蚊帳をもらうことに。

「じゃあ、私も一緒に」

チャンスとばかりについつい口を出してしまった一葉は、悠のことが好きなのかと亮平にからかわれる。
そうでないとしたら何なのか。答えられないあたり、一葉が悠のことを気にしているのは事実であろう。


体育の授業でも昼食でも、一葉は瑛の世話を焼く。
瑛は元気で人懐っこくもあるため、危なっかしく思えるのは確か。それにしても一葉の心配は過剰に思えた。
でも、だからこそわかることもある。瑛は優しすぎるため、人のためであれば自分のことを疎かにしてしまう。それをフォローするという部分でも一葉は役目を担っていた。
同じクラスの友達というより、まるで姉妹のような二人の関係は、それはそれで素敵なもの。


穹に悠からのメールが届く。

『ごめん、少し遅くなる。天女目が蚊帳をくれるっていうからちょっと寄って帰る。』
むむむ……

悠は瑛から蚊帳を貰いに神社へとやってくる。
画像
巫女さん姿の瑛にやや驚くとともに、気になるのは彼女の頭の上に乗る猫。うまい具合に乗ってらぁ。
そして次に気になるのは、胸元から覗く下着。実にエロエロだ。

瑛はこの神社で一人暮らしだという。
ただご飯はひろ姉ちゃんなる人と食べたりするとのことで、悠は帰りにその伊福部商店という駄菓子屋に寄ってみる。
そこで出てきたのはキツそうなお姉さん。瑛のことについて話を訊くと、

「狙ってんのか?」
そういうわけではない。しかし、それはそれで問題だった。

「興味本位で首突っ込むんじゃねぇよ」
なんと恐ろしきお人か。


帰り、悠は一葉に会う。
穹の制服ができていたとのことで、車に乗せてもらいそれを取りに行くことに。

悠にとっての一葉の第一印象は、瑛に接する様子からして厳しそうに見えた。
しかし、本当は優しいということに悠はしっかり気付いていた。瑛のことをいつも怒っているように見えて、本当はすごく気を遣っていることに。

「ずーっと見てたから、なんとなくわかったんだ」

画像
ずーっと。
悠は一葉のことをどれだけ凝視していたか……
赤面する一葉が可愛らしい^^

悠は、瑛がどうして一人暮らしなのかを一葉に訊く。

「詮索はなさらないで」

やはり、一葉からも具体的なことが話されることはなかった。
ただ、気になるのはその理由。

「瑛のためにも、私のためにも……」

余計気になるとこだが、これ以上は訊かぬべきだろう。



悠は家へと戻ってくる。
穹の制服にはボタン付けが必要とことで、それを一葉にやってもらうことに。そんな話をしている様子は、家の中から穹がバッチリと目撃していた。
次から次へとフラグ立てをする悠に、穹は何を思うか……


ボタン付けを行う一葉と悠とで仲良くする中、穹は一人でアイスをペロペロ。
画像
悲しい姿だ……




翌日。
穹は出来上がった制服を着てみる。

「いいじゃん。よく似合うよ」

悠からのその言葉は、穹にとってとても嬉しいものだろう。
こういった言葉が自然に出てくるのが悠の魅力であるが、だからこそフラグを乱立してしまっているのが複雑なところか。

悠と穹。共に登校する二人に、危険な髭男が迫ってくる。
早速亮平を警戒する穹とは別に、穹のことを気に入る亮平のことを悠も警戒。穹にとっては嬉しいところだろう。

「春日野穹……です」
画像

素っ気ない挨拶を終え、穹も学校生活が始まる。


今日の体育は合同授業のプール掃除。

一葉は珍しく水着を忘れたという。恋のせいなのか……

穹の水着姿に、亮平を含め男子どもが注目。恥じらう姿がまた可愛らしく、皆の目を引きつけるのだろう。

教師がいないプール掃除で、瑛は暴走。
画像
その余波は、制服姿の一葉にも振りかかる。
危うく携帯電話も濡らすところであったがなんとか無事。しかし、一葉はそれを落としたまま、瑛とともに更衣室へと向かってしまう。

携帯を届けようとした悠は、女子更衣室の前でどうしたものかと思案する。
すると中からエロエロな声が聞こえてきて、ついつい扉に耳を当ててしまう。イチャつく二人の様子に聞き耳を立てるのはよくないことであるが、そこで思いがけない言葉をも耳にしてしまう。

「もうやめて、お姉ちゃん!」

まさかの言葉。
しかも瑛の方がお姉ちゃんで……?


ヨスガノソラ Blu-ray版1(仮)
キングレコード
2010-12-22

ユーザレビュー:
この秋ベストのアニメ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ヨスガノソラ Blu-ray版1(仮) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ヨスガノソラ 02話『アキラハズカシ』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: