神のみぞ知るセカイ 04話

FLAG. 4.0『今そこにある聖戦』

少女は少年に訊く。

「ねえ。私の絵、見てくれる?」


難攻不落のゲームがあった。
幾多の人間が挑み、そして破れたゲームがあった……

「私の絵を見てくれる人は、もう……どこにもいない」

絶望する少女であったが、そんな彼女に救いの手を差し伸べようとする者がいた。

「ぼくが、必ず…」



朝。
桂馬はいつものようにゲームをしながら朝食を食す。
まったくもって器用なものだw

もちろん、登校中もゲームをする。そんな桂馬をエルシィは注意深く観察する……。
授業中もゲームをする。それでいながら正解するのだからたいしたものだ。

教師から散々どつかれても桂馬はゲームをやめようとしない。
そんな中迎えた昼休み。

「ごめん…、ごめんよ……」

いつもと違い、桂馬に元気はなかった。
それもそのはず、落とし神である彼にすら攻略できないゲームがそこにはあった。

桂馬ですら攻略できないのには理由がある。
彼が攻略しようとしているのは、飛鳥空というヒロイン。

「私の絵、見てくれる?」
画像

彼女がそう訊いてくる場面、もちろん“はい”を選ぶべきところなのだろうが……

「私の絵、見てくれる?」

空は同じことを繰り返し訊いてくる。
では“いいえ”を選べばどうか……

「私の絵、見てくれる?」

つまりは……

「バグでループしとる…!」

買う時から不吉なアロマが漂っていたというこのゲーム。
23回も発売延期され、2枚組とはいうものの1枚は修正ファイル。発売したと思ったらこのバグの山。誰もがこのゲームを見放し去って行った。
それでも桂馬は自分の力を信じてゲームに臨んだ。しかし、彼をもってしてもバグ相手ではどうしようもなかった。

「いくら落とし神様でも、無理なものは無理ですから」

エルシィはそう励まそうとするが、桂馬はそれでやめることはしない。
落とし神のプライドにかけて勝つことを宣言する。


桂馬は、エルシィに選択肢を全てメモさせ、あらゆる分岐パターンを試そうとする。
ループの原因は直前の選択肢にあるとは限らないため、時間はかかるものの手当たりしだいに検証していくのがもっとも効果的であろう。
とことで、最初から始めるべくゲームを起動する……が。

「始まりませんね」
「このゲーム……3回に2回は起動しないんだよ」
ファミコン以下かよw

ともかく、最初の選択肢を迎える。“学食へ行く”か“ほっとく”か。
桂馬は前者を選択する。
するとさらに選択肢が現れ……w

70を超えるほどの大量の選択肢が現れる。なんて豊富なメニューを取りそろえた学食なんだ……

どれだけ時間がかかるのか絶望したところで、桂馬は追加情報をエルシィに告げる。

「このゲーム、セーブできないから」
画像

セーブをしたらPFPが壊れるのだという。
逆にすげぇよw

エルシィは逃げ出そうとするが、やすやすとそれを見逃す桂馬ではない。
駆け魂集めの代償と考えれば仕方のないところだろう。

ゲームは
空が逆さになるのは普通。

時を消費する
音声がおかしいのは、作り手は演出だと言い張っている。

最強の怪物
急に変なおじさんが出てくることさえ……w
画像


まったくもって酷いゲーム。
答えは未だ出てこない。それでも桂馬は必死にゲームに向かっていた。
あらゆる選択肢を選び、何度も同じイベントを迎える。そして例のイベントに辿り着く。

「私の絵、見てくれる?」

学食で何を選ぼうと、ループ脱出の可能性が見出せない。さすがの桂馬にも疲労の色が表れていた。
それでも、彼はやめようとしない。

「いつもリアルはクソゲーだって無視するのに、どうして実際のダメなゲームにここまで拘るんですか?」
「じゃあ空の絵は、誰が見てやるんだよ」

桂馬はこのゲームがクソゲーだと認める。しかし、それに空は関係ない。彼女はむしろ一番の被害者であるだろう。

「悪いヒロインなんていない。悪いゲームがあるだけだ」

ゲームの中で助けを求めているヒロインのため、桂馬はその身を削ってでもその娘を助けようとする。

エルシィはこのゲームを作った会社に文句を言うことを提案するも、それはもう叶わない。

「その会社、先月潰れたよ」

空を救えるのはもはや桂馬しかいない。だからこそ、桂馬は強い意志を持っている。

「僕は必ず……この娘を、救ってやる!」

そして再び、あのイベントがやってくる。

「私の絵、見てくれる?」
「ああ。僕で良ければ」

真剣に向き合う桂馬。
幾度も彼と同じ時間を共有し、空も変わることができたか……

「ありがとう」
画像

桂馬は空からスケッチブックを受け取る。

ついにループから抜け出すことに成功。実に感動的なもので、桂馬もさすがに大きな喜びを味わっているであろう。

エンディングが見えた。
とことで桂馬はそのまま進めようとするも……

画像
うわぁ……w

「も……文字化け……」

幾多の困難にもめげず、桂馬はさらに燃え上がる。

「僕はゲーム世界の神だ!」

ゲームにかける彼の想いは立派なものだ――――


くれよん~空の芸術~
そのwikiでは、こんなエピソードが記されていた。

ただ一人、エンディングを見た者がいる、という噂がネットで流れたが、誰も信じず、やがて忘れられた。

きっとそれは真実であろう……


神のみキャラCD.0 エルシィ starring 伊藤かな恵
ジェネオン・ユニバーサル
2010-11-10
エルシィ starring 伊藤かな恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神のみキャラCD.0 エルシィ starring 伊藤かな恵 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"神のみぞ知るセカイ 04話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: