とある魔術の禁書目録II #08『大覇星祭』

大覇星祭開催とことで、上条さんの両親・刀夜&詩菜も学園都市へとやってくる。

そんな刀夜に、美人なお姉さんがぶつかってくる。常盤台中学の“美琴”を捜すその美人さんに、刀夜は頬を染めてしまう。

「あらあら。刀夜さん……またですか?」
画像
怖い怖いw

そんな詩菜が、上条さんを発見する。
美琴と何やら話をする上条さん。負けた方が罰ゲームとして何でも言うことを聞くとことで、二人の勝負は成立する。
そんな光景を見て、刀夜も詩菜も、そして美人なお姉さんも安心する。



ローラはアレイスター=クロウリーと話をする。
内容は学園都市内部に侵入した魔術師について。確認しているのは二名。ローマ正教の重役と、彼女に雇われた運び屋。その目的はとある物品の取引だという。

刺突杭剣-スタブソード-。竜をも貫き地面に縫い止めたる剣であるそれが取引されるのは、イギリス清教としては何としても防がなくてはならないところ。
最大の問題は、その取引が学園都市内部でおこなわれようとしていること。ともなれば、旅のガイドとして“あの少年”を起用するしかなくなる……



インデックスは露店ばかりが並ぶ食の誘惑に目を輝かせていた。
上条さんは後で一緒にまわることを約束し、自分が出る最初の競技へと向かう。

すると、そこには早くも疲れ切ったクラスメイトたちがいた。
どうやって他の学校に勝つかをもめて少ない体力をゼロにまですり減らしたという。本末転倒もいいところだ。
そんな皆の無気力感に驚く者が、上条さんの他にもいた。

吹寄制理。
画像

彼女は上条さんが無闇にだらけたからそれが皆に伝染したと言ってくる。

「俺だって今やって来たとこなんだって」
「つまり貴様が遅刻したからみんなのやる気がなくなったということね」
どう足掻いても上条さんのせいになるようですw

不幸だと嘆く上条さんを、吹寄は立たせる。

「私はね、不幸とか不運とかを理由につけて人生に手を抜く輩が大嫌いなの」

そう言い迫る吹寄に圧される上条さんは、早速不幸能力発動。ホースを踏みつけ水を詰まらせ、暴発した水を吹寄に浴びせてしまう。
自分にかかるのなら普通の不幸だが、上条さんの不幸はたいてい幸運も孕んだもので……
画像

なるほど。
吹寄が豊満な胸を有しているのもまたムサシノ牛乳のお蔭なのか……w


棒倒しを控えるクラスメイトたちが集まる裏。担任の小萌先生と別の教師が何やら話をしていた。
小萌先生の抱える生徒の質が低いと言い同情しつつ貶すその男に対し、小萌先生は自分の生徒たちを庇う。成功も失敗もない、あるのは個性なのだと。
しかし、男はこれから始まる棒倒しで完膚なきまでに撃破すると言い、その場を去っていく……
その様子を見ていた上条さんは、小萌先生が浮かべた涙を見逃さなかった。見逃すはずなどなかった。

「おいみんな……もう一度だけ訊く。 本当にやる気がねぇのか?

答えは“否”だろう。


第一種目棒倒し。
各校が入場する中、美琴は客席へとやってくる。するとそこでお腹を空かせるインデックスを発見。飲み物を与えてやる。一応はそれでインデックスが復活したところで、上条さんたちが入場してくる。

上条さんを中心にマジモードな面々を見て、美琴は若干怯える。

『いったい何なのよあの覚悟……! まさかマジで勝ちにいく気なわけ? あいつ、私に勝って何を要求する気なの!?』
画像

美琴が自分の身を心配する中、競技が始まる。

開始の合図が鳴るや否や、上条さん達は相手に向かって突撃する。
一方、相手である秀才軍団は冷静に能力を使用して迎え撃とうとする。
しかし、ど根性の上条さんたちは意地でも突撃して行く――――


上条さんたちは、見事に勝利を勝ち取った。

ボロボロになった皆を涙目で迎える小萌先生。そんな小萌先生のために捧げた勝利、なんて素敵なものなのだろう……;;



競技を終えた上条さんはインデックスを捜す。
携帯を取り出そうとしたところで、それが学校のカバンにあることを思い出し教室まで取りに行く。
するとそこには……
画像

「こ、これは迷子と合流するために携帯電話を取ってこようとやったことで、決して邪な思いがあったわけでは……」

状況説明して言い訳するも通用せず。顔面にカバンを投げられてしまう。


携帯を得ることができた上条さんだが、インデックスの持つ携帯がバッテリー切れで意味無し。
ともかく、合流したところで屋台エリアに向かおうとする。しかし、そのギリギリのタイミングでパレードが始まるとことで通行止めになってしまう。反対側に渡るには3kmも先の地下街を経由しなければならなくて……。我慢しきれないインデックスは上条さんを捕食せんとす。

食われる寸前のところで、上条さんは美琴に連れて行かれる。
どうやら借り物競走をしていたようで、その条件は“第一種目で競技をおこなった高校生”。とことで、上条さんは連れてこられたという。
他にその条件に合う者はたくさんいるものの、美琴としては上条さんであって欲しかったのだろう。誤魔化しはするものの、その想いは伝わってくる。

タオルを押し付けられた上条さんがむせたとことで、美琴はジュースを与えようとする。でもそれは自分が口をつけたもので……w

「仕方ないからあげるわよ!」
わかりやすいですなw



飾利は黒子の車いすを押す。

「いやー、私たちが炎天下で頑張っている最中に、白井さんは休養とってる姿を想像すると、いてもたってもいられなくなっちゃって。お仕事、手伝ってほしくなってしまったんですよ」
なんて素敵な友情か……;;

(・_・)エッ..?

そんなところで、大覇星祭の中継が流れる。
ちょうど映るのは美琴というところ。黒子は美琴の活躍に目を輝かせる。
それも束の間、上条さんを労る光景までも流され、黒子の喜びは上条さんへの殺意へと変わる。



美琴と別れた後、上条さんはインデックスを捜す。その途中でステイルを発見。土御門との話を聞き、魔術師二人がここ学園都市に侵入していることを知る。
ローマ正教のリドヴィア=ロレンツェッティと、そいつが雇った運び屋のオリアナ=トムソン。ここで霊装の取引を目論むのは、学園都市側と魔術側お互いに手を出しにくいためである。動けるのは、学園都市にやってきた上条さんの知り合いのみ。しかし、神裂などは使えないという。取引される霊装の名は“刺突杭剣-スタブソード-”。あらゆる聖人を一撃で即死させるものなのだから――――


そんなことを考えながら大玉ころがしをする上条さんは苦戦。集中せねば。


“刺突杭剣-スタブソード-”は処刑と刺殺の宗教的意味を抽出し、極限まで増幅、凝縮、収束させた霊装。普通の人間には効果はないものの、相手が聖人なら一撃で葬る力を誇るという。
魔術師が狙うのは戦争。実際に聖人がいなくとも魔術師はたくさんおり戦うことができるのだが、勝てるかもしれないと錯覚してしまうだけで戦争は起こってしまう。それをなんとか防がなければならない。
しかし、今回はインデックスを絡ませてもいけない。何かが起こるとしたらインデックスが中心。そう認識されている今、彼女が動けば魔術師が押し寄せてきてしまう。それも避けねばならないか。


そのインデックスは小萌先生に餌付けしてもらい元気を取り戻していた。しかし、上条さんと離れ離れなことを残念にも思っていた。そんなインデックスを見かねて、小萌先生はインデックスにも大覇星祭に参加してもらおうと考える。


上条さんはインデックスを捜す。その中でスフィンクスの鳴き声を聞きつけ向かってみると……

画像
そこには、着替え最中のインデックスがいた。
インデックスは怒りのまま上条さんに噛みつこうとするも、それすら恥ずかしい結果に。
下着が傍に落ちていて倒れているインデックスたちを吹寄に見られ……

「この裏切り者が!!」
ホント幸で不幸ですねw


吹寄に連れられ、上条さんは皆の応援へと向かう。

「ねぇ上条。大覇星祭ってつまんない?」

決してそういうわけではないだろう。上条さんにはやらねばならないことがあるだけなのだから。
しかし、別のことが気になっているその様子が、運営委員である吹寄を不安にさせる。

「やっぱり、企画を立てて今日まで頑張ってきた身としては、みんなに楽しい思い出を共有してもらいたいと思ってしまうのね。わがままかもしれないけどさ」

そんなことはない。その考えは、とっても素敵なものだろう。
画像


上条さんに女生徒がぶつかることで、二人の距離が急接近する。
まったくもって不可抗力なところなのだが、上条さんは吹寄のヘッドバッドを喰らう。ふらふら上条さんが行き着いた先は豊満な胸。通りすがりのセクスィーな女性の素敵なクッションだった。

「ぶつかってしまったお詫びに、ね?」
そう言い女性は手を差し出してくる。

「キスの方がいい?」
「はい! キスの方が!!」

元気なお返事でよろしい。でも返ってくるのは吹寄のグーパンチだけどw
画像

とことで、上条さんは女性と右手で握手すると……

画像
相手の女性は驚きと警戒の表情を見せる。



上条さんと別れた後。
その女性・オリアナ=トムソンはリドヴィアと連絡を取り、術式が破られたこと、その原因がわからないことを伝える。

「でも……なんか興奮しちゃう」

そんな卑猥な表現をするオリアナが対応策としてまずすべきことは……

「後ろにいるボウヤを撒かないといけないわね」

さすがは上条さん。
オリアナが怪しいことにすぐさま気が付いたか。


[予約先着外付け特典DVD付] とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2011-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by [予約先着外付け特典DVD付] とある魔術の禁書目録II 第1巻 〈初回限定版〉 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"とある魔術の禁書目録II #08『大覇星祭』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: