そらのおとしものf 09話『激闘!夢の一本釣り(ジャンボカーニバル)』

平和。

「ホント、平和よねぇ……」

美香子から邪悪なオーラが迸る……!
皆それぞれ活躍の場面があるものの、美香子だけがない。それ故の邪悪な怒りをどこにぶつけたらいいのか、美香子はわかっていた。

「殺るべきは……ただ一人」



またもやってきた夏祭り。
平和が一番とことで縁日にやってきた智樹であったが、そこにはやはりJUDASがあるわけで……w

今年の催し物はヨーヨー釣り対決だという。
ここで言うヨーヨーは本来のものとは違う。バインバインしたそれは、女子たちの胸のこと。
画像

二人一組。一人が竿を持ち、もう一人がプールに飛び込んでヨーヨーをゲットするというルールだという。
最初はやる気無しの智樹だったものの、この事実を知った智樹は智子となり参加する。

とことで、早速大ヨーヨー釣り大会が開催される。
恐らく優勝候補であると思われるのは、智子守形ペアと、五月田根夜店のおっさんペア。

智子は女性のパイ拓までとるほどに絶好調。
そんな中、4人目にニンフをゲットする。

「絶対計測とかさせないんだからね!」
画像

智子はそう言うニンフの胸を見て……

「大きくなって…帰っておいで」

ニンフをリリースw
釣り人のマナーと言えど、これはニンフにとって屈辱的だろうw

あまり遊んでばかりはいられない。大物をゲットすべく、英四郎は餌を投げる。すると一瞬ながら大物が水面に姿を現す。
智子はそれをゲットすべく向かうも、妨害自由とことで美香子に殴り飛ばされる。空中に放り出されたところで、夜店のおっちゃんの出番。智子は撃沈させられる。
その隙に美香子は大物ヨーヨー(アストレア)をゲット。

一本釣りでは埒が明かないとことで、智子たちは大量捕獲で逆転を狙うことに。
しかし、大事なところで美香子の妨害にあってしまい、大物は美香子に捕られていった……


小魚扱いされたニンフは憤りを感じ、アストレアはそれを誤魔化す体で笑う。
画像

何だかんだで二人は楽しんでいるものの、イカロスはプールに入っていない。

「水の中には……しばらく入りたくなくて」

カオスとのことがあったばかりなので、仕方のないところだろう。カオスにしたことだって仕方のないことだった。ああしなければイカロスたちがやられていただろうから……


残り時間僅か。
アストレア以上の大物なんてなかなかいないであろうと思われたところで、英四郎はぬしの伝説を話し始める。
そして、今もなお大きくなり続けているというその伝説のぬしが、姿をあらわす。
とてつもなくデカイものの、一筋縄ではいかないだろう。

本気になった智子は智樹へと姿を戻し、嵐が吹き荒れる中を船で出港する。
舵もきかなくなった船は英四郎に任せ、智樹は水中に入ろうとする。その際、智樹は英四郎に言う。

「帰ったら……プロポーズしようと思ってるんスよ」

画像
そして、智樹は水中へ。

『帰ったら……花束を持って……お前に……』

その願いが叶うことなく、智樹は伝説のぬしのチョップを頭部に受けてしまう――――



蝉がうるさく鳴く夏のある日。
イカロスのもとに一通の手紙が届く。

『イカロス、元気か? 今度帰ったら、プロポーズしようと思ってたけど、ごめんな。俺はもう帰れない…。』

イカロスは悲しみに震える……

『でも、後悔はしていない。だって……おっぱいが、大きいんだ』

イカロスは智樹が大事にしていたものを、花と一緒に海に投げ入れる。

『おっぱいが……大きいんだ!』


終了~!
優勝は五月田根夜店のおっさんペアに。



後日。

そはらはヨーヨー釣りでの智樹の不満を呟きながら、イカロスと帰宅する。
その途中、イカロスはそはらに訊く。

「“愛”って……なんですか?」

それに明確な答えを出すことはできない。でも、そはらだってイカロスと同じ。いつも不安ばかりを抱いている。

「それでも、好きな人とは一緒にいたいって、思うよね?」
うむうむ……


昼ドラでのプロポーズの場面。
愛を告白するその場面にて、イカロスが未だ“愛”がわからないと気にしていることを知ったニンフは、智樹が持っている“愛のお勉強シリーズ”を取り出す。
一緒にそれを見てみるも……w

そこで智樹がやってくる。智樹が言っていたプロポーズはこういうことではないのだが……誤った方向で物事を覚えそうで危ないところだった。

それはともかくとして、智樹は二人にお小遣いを与える。


はじめてのおこづかい!
~みかくにんせいぶつへん~

ニンフはお菓子がいっぱい買えると喜ぶ。
画像

イカロスはとりあえず撫でてから使い道を考える。
そはらや美香子に意見を聞いて実行するも、それはお金に関係のないこと。それも、智樹には怒られてしまうような行為。
その後、英四郎からも意見を聞いたイカロスはすぐにそれを買いに行くことに……


ニンフはお菓子を買うとともにリンゴ飴を買い、それを智樹にあげる。

イカロスはスイカを買っていた。それを智樹に見せるものの、これは自分が欲しいものであったため違うと……智樹のためにならないと感じる。しかし、その考えこそが違う。イカロスが自分の小遣いで自分の欲しいものを買ってきたのだから、智樹にとってそれは喜ばしいことだろう。イカロスの幸せは智樹の幸せなのだから。
そういったことを、イカロスも少しは理解してきただろうか。



海中。

カオスは動けないものの、そこで確かに稼働していた。
痛みを感じるカオスはイカロスが言っていた事を思い出し、痛みが愛であるという間違った解釈をしてしまう。
“愛”を知ったカオスは、早く大きくなって今度は自分が皆に“愛”を教えようと企む……


そらのおとしものf<フォルテ> プレゼンツ そらの少女TAI♪ 【CD-EXTRA】
日本コロムビア
2010-12-08
そらの少女TAI♪

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by そらのおとしものf<フォルテ> プレゼンツ そらの少女TAI♪ 【CD-EXTRA】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"そらのおとしものf 09話『激闘!夢の一本釣り(ジャンボカーニバル)』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: