神のみぞ知るセカイ 11話

FLAG. 11.0『おしまいの日』

栞はホームセンターへとやってくる。
そこで必勝だるまという素敵な商品を発見するも、中小サイズは定員に申しつけなければならなかった。意を決して声をかけようとするも叶わず。

栞は大きなだるまさんを購入し、学校の図書館へと向かう。
処分予定の本を運んでは机のまわりに置き、出入り口にはイス等を配置。

『視聴覚ブース導入反対! 汐宮栞 拝』

入り口前にそんなものを貼り、図書館に立てこもる。そんなことをすれば大声で怒鳴られるのもごもっとも。
画像
栞は慌てながらも耳栓で防御する。


こうなる予兆はいくらでもあったと桂馬は言う。エルシィが気付かなかったのは消防車ばっかり見ていたから。まったく、可愛らしい悪魔だ。
これからどうするかはルートの展開次第。どうなるか……


栞は我ながら大それたことをしたと思っていた。でも、ここでやめるわけにはいかない。
コンビニ化されようとしている図書館を守ることは、彼女にとって正しい行動なのだから。

そんな栞は早起きしたためかうとうとし始める。意識が遠のく中で過去を思い出す――――


先生に花瓶を割った理由を問われる。本当は彼女のせいじゃないのに、それを言えない。
遅刻した際も、どう言って入ればいいのか、どのタイミングで入ればいいのかわからないでいた。
画像

そんな彼女を受け入れてくれたのが図書室だった。
誰とも会わなくていいし、誰とも話さなくていい。それは栞にとって実に理想の空間だっただろう――――


外でやかましい図書委員の声で、栞は目を覚ます。

時はもう夜。窓を叩き栞を呼ぶ声に動揺していると、天井から来客がやってくる。

「やあ」

桂木桂馬。
応援にやってきたと言う彼に驚きつつも、栞は彼をアジトへと案内する。

栞は桂馬にへ~いお茶を渡そうとするも、お構いなくとことで無言の時が流れる。
栞は話しかけようと考えるも……

『話題が…ない』

栞は気を使おうと一生懸命頭で考えている。しかし、それが相手に伝わることはほとんどない。

「話さないと、わかってくれないの?」

またもやうっかりと口に出してしまった栞。
桂馬は一旦ゲームをやめ、お茶を貰うことにする。

そこで停電。それは、電源を切ることによって入口のパスワードを初期化するという意図のものであった。
突然の闇に驚いた栞は桂馬と急接近。動揺して動いたことにより、積んだ本が崩れてきてしまう。

「本に圧し潰されて死んだら悲劇だなぁ。まったくリアルってのは、どこまで付きまとうんだ? そっとしておいてほしいよ」

栞は桂馬のその考えと同じ考えを持っている。
『桂木君なら……わかってくれる』

「私もずっと…静かにここで暮らしたいだけなの」

栞は自分の願いを口に出すが……

「それは嘘だね」

桂馬はそれを否定する。

「君は本当は、人と話したいと思ってるんだ。でも、不安なんだ。話して嫌われたりしたら、嫌だから」

確かにそういうものかもしれない。だが、それが話したいと思っていることになるのか、誰しもがそう思っていることじゃないかと栞は考える。
それはごもっともだけど、少なくとも桂馬は違った。

「僕は、リアルの世界なんてなんとも思ってない」

それは、彼が信じている世界があるため。
栞はどうなのか。

「栞は今、本を守りたいのか? それとも……外の世界からの、逃げ場所を守りたいのか?」

栞は確かに本が好き。でもそれは、彼女が孤独な世界でのみ愛することを願ってのものじゃない。
彼女は本の話をしたかった。ただ人と話をしたかった。でも無理だったから、彼女は人に怯えこの図書館にその身を置いた。もちろん今だって一番の願望は変わらない。しかし、その手は…その声は…人には届かない。彼女は堆く積まれた本の山に飲み込まれてしまっていた。

そんな絶望した少女を救う役目を担うのが桂馬である。
画像

「勇気……あげるよ」

彼は本の山に飲み込まれた栞を救い出す。
彼女から駆け魂が現れ、エルシィがそれをビンに拘留する。



時は朝。

図書委員たちは図書館にいた栞に事情の説明を求めにやってくる。

「ご、ご…ご迷惑をおかけしました。わ、私……本が捨てられることが我慢できなくて……ごめんなさい。でも……どんな本にも、伝えたいことがあるんです! 確かに伝えたいと、そう思ってます」

栞は自分の思っていることを確かに伝える。

「お願いです。処分する本について、もう少し話し合わせてください!」

彼女の言葉は図書委員の皆に届き、改めて話し合われることが決定される。
全ての言葉が伝わるとは限らないが、言葉にしなければ自分の考えはまず伝わらない。栞はその可能性を実感できたか。

栞は、へ~いお茶を飲み、間接的な何かを感じる。
ここに誰かがいた覚えがあれど、それが確かなものとはわからないでいた。

『でも私、夢の中で何かを貰った。確かに何かを……』


穴を開けた箇所をエルシィが直している傍ら、桂馬はゲームをしていた。

『またここに来てね! 桂馬くん。』

図書室の少女のその言葉に、桂馬はYESの選択肢を選ぶ――――




栞は物語を書き始める。
それは栞が自分のかすかな記憶を辿ったささやかな物語。恥ずかしい場面もあるその作品に、大いに期待したいところだ。
画像



神のみぞ知るセカイ ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2011-01-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神のみぞ知るセカイ ROUTE 1.0 〈初回限定版〉 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"神のみぞ知るセカイ 11話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: