バクマン。 23話『火曜と金曜』

天才エイジに言われた言葉を信じ、サイコーは原稿を描き直すことに。
シュージンはそれに納得するとともに一つの条件を提示する。

「話もいじらせてくれよな」

どちらも上を目指す。とっても素敵なコンビ^^


もちろん、亜城木夢叶だけでなく真太や中井さんも金未来杯に向けて燃え上がる。
画像
一人異質な存在である間界野昂次は余裕の様子だが……


サイコーは自分が納得できる作品を描き上げるため、厳しい生活を送っていた。
そんな彼に二三男じいちゃんは言う。納得するまでやりきるのはいいが、周りの者たちに支えられていることは忘れてはいけないと。
いいじいちゃんだ……


締切まであとわずか。漫画に限界はないのだからと、サイコーとシュージンはひたすら作業をおこなう。
真太と中井さんも限界まで原稿の質を高め、そしてついに完成の時がやってくる。

ようやく原稿を完成させ疲労困憊。とはいえ、連載を開始したらこの生活を続けなければいけないのだからとても大変なことだろう。

サイコー達はそのまま服部さんのところへ原稿を持ち込む。
相談をせずに原稿をいじってあるものの、上を目指すという向上心、そしてそれをおこなうという決心は評価に値するところだろう。
とことで、『疑探偵TRAP』の原稿は服部さんに確かに受け取られる。

「「よろしくお願いします!」」
画像



8月9日(月)
金未来杯 エントリー No.1
「KIYOSHI騎士」 福田真太

ネームの時より面白くなっており、迫力も増している。その結果もすぐに出るとだけあって、サイコーたちも気になるところだろう。
翌日火曜には速報が出て、金曜には本ちゃんが出る。真太への連絡では相当いい結果が告げられたようで、同じ仕事場にいる中井さんは動揺する。


8月23日(月)
金未来杯 エントリー No.2
「疑探偵TRAP」 亜城木夢叶

亜豆もジャックを手にし、その感想を早速サイコーに送る。それを見た瞬間、サイコーは一気に自信を抱く。単純だことw
翌日火曜に速報が出て、服部さんは早速シュージンに知らせる。TRAPで連載ネームを作っていこうと。
金曜の本ちゃん。そこでも変わりなく優秀な結果を残すものの、真太もそれと同じくらいのよう……


8月30日(月)
金未来杯 エントリー No.3
「hideout door」 原作 蒼樹紅 漫画 中井巧朗

これもまた評価は高い。画だけでも素晴らしいと言えるものだろう。
翌日火曜の速報。それもこれまでの作品と同じく評価は高い。
金曜の本ちゃんで少し落としはしたものの、まだまだわからぬところか。
画像


9月6日(月)
金未来杯 エントリー No.4
「カラフジカル」 間界野昂次

………………
明らかに劣っているとわかる作品。
それは本ちゃんの結果にも表れるかどうか……


バクマン。3 Blu-ray 〈初回限定版〉
ジェネオン・ユニバーサル
2011-03-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バクマン。3 Blu-ray 〈初回限定版〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"バクマン。 23話『火曜と金曜』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: