DOG DAYS EPISODE 02『はじめての戦!』

勇者降臨。
ロランにこの世界の戦の作法を確認し、シンクは早速参戦する。

ミルヒオーレから教わったことを思い出しつつ、シンクは襲いかかってくる相手を倒していく。
武器で強打を与えられれば相手はノックアウト。その判定をされた相手は獣玉に……獅子団で言うと猫玉に変化して一定時間無力化。相手の頭部や背中に触れることでも同様な効果が得られるという。
とことで、シンクはいったん武器を捨て、華麗な動きで相手の背中や頭部に次々と触れていく。このタッチアウトは危険が伴う分、ボーナスが入る。シンクに相応しいノックアウト方法か。
そんなこんなで、一人で戦況をひっくり返すことも充分現実味を帯びてくる……


勇者が躍動する戦場を前にし、レオンミシェリ達も動き出す。

勇者などいなくてもと考えていたエクレールだが、倒しきれなかった相手の突破を許しピンチを迎える。
しかし、そこはシンクの勇者キックでフォロー。

エクレールはシンクのことをあまり快く思っていないようだが、シンクはそんなことお構いなし。彼女が繰り出していた銀河十文字斬り……もとい、タウ銀河ビーム……もとい、紋章砲について訊く。

ミルヒオーレからパラディオンを受け取った時にその説明はされていた。そのことを思い出しつつ、シンクはフロニャ力をエネルギーに変換する。
エクレールから漠然としたことを学んで、シンクはその紋章砲を発動する。さすがは勇者様だ(´・ω・`)

雑魚はこれで一掃できるものの、戦士長や騎士には防がれることもよくある。それに使うと疲れるのだから、よく考えて発動せねばならないか。


そんなところで、相手の攻撃が降りかかる。
エクレールがなんとか防いだそれは、レオンミシェリによる攻撃。

「閣下と呼ばんか。この無礼者が!」
ノリノリだね(´・ω・`)

先を急ぐ閣下に対し、シンクとエクレールは図らずもイチャイチャ。
その流れでシンクがエクレールに胸タッチ。
画像
ぐへへ……(*´ω`*)

「……女の子?」
もみもみして初めて気付くとは、さすが(すっとこ)勇者様(´・ω・`)


素敵タイムの後、閣下を追ってその行く手を阻もうとするシンクとエクレールであったが、逆に攻撃を受けてまたもラッキースケベ状態に。
さすが勇者だ(*´ω`*)

閣下は圧倒的な力を発し、それに対し勇者たちは……
「「とにかく逃げる!」」
逃げるのも肝心だものね(´・ω・`)

それにしてもこれほど大規模な攻撃をして本当に怪我人すら出ないのか甚だ疑問なところ(´・ω・`)


圧倒的な力を前にして両軍かなりの人数が獣玉化したものの、そこにシンクは含まれていなかった。
空に逃げていたシンクとエクレールは、改めて協力して閣下と戦うことにする。

先陣を切るのはシンク。エクレールに蹴り落とされて閣下に突撃して初撃を防いだのち、エクレールとのコンビネーションで閣下の装備を破壊する。

このまま続ければ両国民へのサービスが過ぎてしまう。でもいいじゃないの、ねえ(*´ω`*)
しかし、閣下はここで素直に降参。これで決着というわけではないが、獲得ポイントから考えるにこれでビスコッティの勝利は決定的になる。

閣下とのスリルある戦いができたことに加え、その素敵な笑顔も見ることができ、シンクにとっては満足な初陣だったのではないだろうか。

そんな勇者シンクから、ラッキースケベなおまけがプレゼント。
彼が閣下に防具破壊の攻撃を加えた際、エクレールにまで誤爆攻撃をしており、彼女の服が見事に破れ散る。
画像
閣下の指示のもと、撮影班はその瞬間を逃しはしなかった。とことで、戦場は歓喜に包まれる。
それにしても、さすが勇者様だ(*´ω`*)

エクレールにも感謝を言っておかねばなるまい。

『おいしい映像、ありがとうございました!』


もしガレット軍が勝つのであれば地酒祭がおこなわれる予定であったが、ビスコッティが勝つのであれば音楽と歌の宴になるのだという。
とことで、活躍したシンクも姫様の歌を特等席で聴けるとのこと。シンクとしてはその前にいったん家に戻るか連絡をしたいと申し出るが……

「召喚された勇者は、帰ることも元の世界と連絡をとることもできない」

ミルヒオーレもそれを知らなかったよう。というか覚悟が足りなかったと言うべきか。

画像
姫様やっちゃったねー^^;


SCARLET KNIGHT
キングレコード
2011-04-13
水樹奈々

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by SCARLET KNIGHT の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"DOG DAYS EPISODE 02『はじめての戦!』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: