聖痕のクェイサーII #03『玻璃の罠』

深雪の仇とことで、あやめがサーシャを闇討ちする。が、彼女のそれが成功するはずもない。
卑怯な真似をするあやめに遠慮はいらないとことで、サーシャはその乳をいただく。
……その前にあやめのその格好どうにかならんのかw



放課後まで仕事を手伝ってくれる生徒に、之宣は温かいココアをプレゼントしてやる。
それにはもちろん睡眠薬が仕掛けてある。
貰える飲み物にはいつだって疑ってかからねば。自分は絶対貰うけどw



お洗濯。
華はサーシャが今穿いてるパンツも要求。最初はそれを拒んでいたサーシャだが、仕方なくそれに従う。

「勝手にしろ!」

洗濯機にパンツをぶち込み、ノーパンサーシャのスカートがひらり。

「あ。見えた」
見たくないがな(´・ω・`)

そんな二人のところへ翼がやってくる。
サーシャと華の会話が外まで聞こえたとことで、二人のことを仲良いと言う翼。それを否定したいサーシャであったが、ケツを強く握られ否定しきれず。

翼もお洗濯というところであったが、ドジって今着ている服まで汚してしまう。
とことで、風呂へ。

翼と華は、そこで会話をする。
翠玲学園は翼のおじい様が作った学校であるということで、そこに深雪と翼の何らかの秘密がある様子。しかし、彼女はその点については言葉を濁し、一緒に入らないサーシャの話題へ。

「彼女、今日はあの日なんですって」
あら大変(´・ω・`)

それはともかくとして、華は翼が避けた話題を逃しはしない。
いやらしい手つきで翼に触れ、彼女と深雪のことを聞き出そうとする。
画像


あやめはサーシャに汚されたことに涙を流しつつ、深雪のもとへ向かう。
しかしそこに彼女の姿はなく。悲しいことだが、あやめは深雪にとってそれほど重要な存在ではないのかもしれない……


華にいやらしい手つきで触れられる翼は、自分と深雪のことについて話す。
二人は同じ頃に両親を事故で亡くし、だから学校でもずっと一緒だったという。彼女のおじい様が作った仮想空間でも二人で遊んでいたため、戦闘スキルはそこで磨かれた。

翼は6年前に仮想空間で事故に遭い、そのすぐ後におじい様が死んだという。一人きりになった翼を支えたのが深雪。二人はまるでまふゆと燈のような関係であった。
しかし今になって、翼はこのままじゃいけないと思うようになっていた。それは深雪が自分のために何もかもを犠牲にしているように見えるから。

「このままじゃ、みーちゃんは私の奴隷だよ」
「奴隷ー!?」
興奮すんな変態w

翼は一人で大丈夫だと深雪に言ったのだが……

「溢れるほどの思いやりも、たった一言の言葉にはかなわない」
それくらい、言葉には重みがあることを理解せねばなるまい。

「言葉にしなければ、気持ちは伝わらないわ」

勝手に理解した気になってはいけない。その気持ちが真実であるのか、言葉で確認しなければ。
そのためにはスキンシップも必要……なのかもしれない。

華は翼を敏感にして弱らせたところで、サーシャにソーマを吸うように示す。
しばらく迷ったサーシャだが……

「わかった!」
カッコいいんだか悪いんだかよくわからない決意だ(´・ω・`)

結論。
「違う。翼も雷の携香女ではなかった」



之宣の手伝いをしていた女生徒が目覚めたのはイミフな空間。
そこで彼女は之宣……もとい汪震に乳を吸われ、液体で満たされたカプセルの中へ。

「雷の携香女の覚醒は近い」


あやめはまだサーシャへの復讐を諦めていなかった。
しかしそれが成功するはずもなく、事あるごとに乳を吸われてしまう。
それでも負けないとめげず立ち向かうあやめは素晴らしい……と思いたい(´・ω・`)


之宣は翼に話しかける。
かつての理事長のもとで働いていたという彼は、翼のことをよろしくと理事長に直々に頼まれていたのだと言う。
とことで、翼をつれて例の場所へ。

翼のおじい様が研究していた新世代のスーパーコンピューターの前へとやってきて、翼が“雷の携香女”という言葉に覚えがないことを確認。それにより汪震は翼の記憶が消されていることを確信し、その力を貰い受けんとする。



何かを見落としているのかもしれない。
本能的にそれを感じたサーシャは、改めて学園を調べなおすことにする。

てなところでトラップ発動。
あやめの仕掛けたそれが華を捕獲する。

「あなたも懲りない方ね」
サーシャは健在。
またもあやめは汚されて……

「癖になっちゃう……」
ヲイヲイ(´・ω・`)

一方サーシャは、
「この味にも飽きてきたな」
あら残念(´・ω・`)


そんなところでサーシャを襲撃する者が現れる。

「よくも私を愚弄してくれたな!」
そう言うのはジータ。

「男のおっぱい! よくもそんな汚らわしいものを吸わせたな!」
勝手に吸ったやん(´・ω・`)

「お前の男を切り取ってしまえば、お前は女だ。そうなれば、私の屈辱はないも同然。おとなしく切り取られろ!」
「断る!」
どんな会話や(´・ω・`)


サーシャがジータを追い込んだところで、また別の者が現れる。

現れた汪震はジータの力も利用し、炭化ケイ素を作り出す。
ダイアモンドに迫る硬度を持つそれを武器にし、さらには仮想空間に実態を与えたものまでもが登場し、サーシャは苦戦。
てなところでまたも新たな人物が現れる。

今度はサーシャを助ける立場の者。
その正体は、カーチャ。華は彼女の姿を確認しかかかかかか歓喜!

数的不利になった汪震は撤退。その間際に、携香女のしもべとすべくカーチャに針を投げつける。
それに気づいていなかったカーチャだが、華がその身を挺して彼女のことを救う。
画像

華……(´;ω;`)



「聖痕のクェイサーⅡ」ディレクターズカット版Vol.1 [Blu-ray]
JVCエンタテインメント
2011-07-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「聖痕のクェイサーⅡ」ディレクターズカット版Vol.1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"聖痕のクェイサーII #03『玻璃の罠』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: