日常 08話

晴天。

なのは文字通りの腕時計で時刻を確認し、そろそろはかせを起こさなければと伸びをする。すると、右手の手首から先の部分が射出。
(´・ω・`)

『日常の31』

夏服になったゆっこたち。
しかし、彼女たちの関係性は変わらず(´・ω・`)

ゆっこのボケに対してノーリアクションのみおと麻衣。二人に対して伝家の宝刀を抜くことにしたゆっこだが、それでも変わらず。
ことごとく無視されも、ゆっこはあらゆる可能性を考えて二人に挑戦する。
でもまあ無反応が一番正しい反応なのだろう(´・ω・`)




『囲碁サッカー部5』
三ヶ月も幽霊部員をしていた小木が部室に訪れる。
何故来たかというと、

「退部しに来ました」
(´・ω・`)




『ポップコーン』
ポップコーンを空中に放り、口でキャッチ。
たとえそれがうまくいかなくても阪本さんには当たらないで(´・ω・`)




“ヒトコトワドコトバ”

そういや映画館で
映画が始まる直前に
なんでセキばらい
しちゃうんだろう。

確かに(´・ω・`)




『日常の32』
みさとは笹原を探す。
屋上に上がってくのを見たと言う友人は、もしかしたらの可能性を考えその様子を見に行くことに。

屋上にいる笹原は、とある飛行物体を見て一句。

『青空に
雲をたなびく
右手かな』


そんな彼に、みさとは1枚のハンカチを示す。
それは笹原が落としたものであり、みさとが拾ったとのことだった。
家の方角はまったくの逆だし、アイロンまでかけてある。色々と気になる点はあるが、ともかくこれだけは言おう。
過激すぎ(´・ω・`)

それでも一応ツンデレとしての魅力を存分に発揮していたみさと。彼女のもとに所有者不明の右手が飛んでくる……(´・ω・`)




『日常の33』
ゆっこ、みお、麻衣の3人は助けを待っていた。

どれだけ時間が経ったのかもわからない、絶望的な状況。
しりとりをするにも、早々に“みかん”で終わってしまう。そしてそれを言ったこともすぐに忘れてしまうような、そんな重い空気感。
そもそもしりとりすら成立しない……

そこで一度笑いを堪え切れなくなったら、ゆっことみおはただひたすら笑うのみ。
その中、麻衣は金縛り中(´・ω・`)




『囲碁サッカー部6』
小木の退部により部員は2人きりになってしまった。
これでは部として成立しない。勧誘しなければならぬとこだが、そもそもこの部は何をするのか。

「特に何もしないよ」
(´・ω・`)




『スタート』
位置についてよーいどん!
画像
(´・ω・`)




『しっぽ』
阪本さんは自分のしっぽを気にして回転エンジョイ。
年長者として敬うことは難しいかも(´・ω・`)




『囲碁サッカー部7』
この部ができたのは、囲碁とサッカーを合わせた斬新なものを生み出そうと思ったため。

「しかし……思いつかなかった」
(´・ω・`)




『日常の34』
これから寝るという時間なのに、はかせはお菓子を食べてしまう。
とことで、なのははかせに歯を磨くよう言う。そう言うなのはもちろん歯を磨いた。しかし……

「なのはロボだから虫歯になんないけど!」
だよねー(´・ω・`)

落ち込むなのだが、はかせは虫歯機能をつけてあげることを約束。
たったそれだけのことでも、なのは喜びを感じることができる。
なんかいいなぁ、こういうの(´・ω・`)


日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray]
角川書店
2011-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日常のブルーレイ 特装版 第1巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"日常 08話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: