STEINS;GATE 08話『夢幻のホメオスタシス』

救世主。
狂気のマッドサイエンティストとは程遠いそのワードに、凶真はおかしく笑う。

「これより、過去を司る女神作戦-オペレーションウルド-を再開する」

ミスターブラウンがいることも構わず実験をしようとする凶真だが、紅莉栖はそれに反対する。

「何を…。昼間は協力的だったではないか」

その言葉により、実験がおこなわれたこと…つまりは世界線が変わったことを紅莉栖たちは知る。
その実験のせいで、彼女たちは改変前の記憶を一部失っている。
凶真だけが記憶を残しているのは何故か。それを確かめるために……凶真に力があることを確かめるために、もう一度世界線を移動せねばなるまい。

「世界線を超えてなお、記憶を持ち続ける力…魔眼・運命探知-リーディングシュタイナー-」


実験を行う。
送信履歴は残されてなく、その代わり着信履歴は残っていた。
つまり実験は成功。
しかし、ダルたちがそれを覚えているということはつまり過去は変わらなかったということ。

今回の実験では五日前のダルにメールを送り、フェイリス杯でのカードの配置を知らせダルが優勝するはずだった。
それをまゆしぃに電話して確認してみるも、やはり瞬殺されたとのこと。多少ゲームの流れは変わったかもしれないが、その程度では世界線は変動しないということか。

「もっとわかりやすく過去が変わったと確認できるものでないと、ダメか……」
ほう(´・ω・`)

「べ、別に実験に賛成とかそういうことじゃなくて……!」
ふむ(´・ω・`)

運命探知-リーディングシュタイナー-の力を確かめるためにも、紅莉栖にもDメールを送ってもらいたいところであったが、紅莉栖はそれを嫌だと言う。
過去を変えることに抵抗感を感じるのも無理はない。それは卑怯だとも言えるし、
「失敗したことも含めて、自分の人生なんだから……」

だが実験は大好き。
紅莉栖は高みの見物を決め、他人を犠牲にしてほくそ笑む。実にマッドサイエンティストらしい(´・ω・`)

そんなところで閃光の指圧師からメール。
『私もDメールを送ってみたい!』

立て続けにそれを願うメールが送られてきて、

「ダメ?」
画像
怖ぇよw

結局押し切られ、それを了承することになった凶真。
ブラウン管工房前で人を待っていると、クレープを食べてエンジョイしてきたであろう天王寺親子(ミスターブラウン&綯)が帰ってくる。

綯はやはりミスターブラウンの陰に隠れる。
そこでまゆしぃがやってきて、綯は彼女に飛びつく。
仲が良いんだな(´・ω・`)

まゆしぃは綯に飴をプレゼント。凶真にもね。
そこで今度は鈴羽がやってくる。

「あれから、どうしたの?」

タイムマシンについてジョン・タイターに訊いたのかどうか、鈴羽は凶真にひっそりと訊いてくる。

「あぁ、だが奴の言うことが正しいのかどうか、わからなくなってきた」
「えー!? どの辺が!?」

ムキになるのは何故か。さてはタイターヲタなのかというところで紅莉栖がやってくる。

彼女にはやはり鋭い視線を向ける鈴羽。
それにボケーとした表情の紅莉栖を含め、皆の写真を萌郁が撮る。とことで、これでラボメンは揃ったか。

ダルも含めて研究所で実験を行う。
今回は萌郁がDメールを送ることになるが、私的なメールは禁止。過去が変わったかどうかわかりやすいシンプルな内容でという条件が付く。
萌郁は四日前に携帯の機種変をしたが、それをやめるようにと伝えるのだという。
それならば一目瞭然。わかりやすい実験と言えるだろう。

とことで、早速実験を開始。
電話レンジ(仮)を起動……しようとしたところで、誰かが訪ねてくる。

やってきたのはルカ子。ロト6を間違えたお詫びとしてスイカを持ってきてくれたのだった。
ルカ子の心眼が開かれる日もそう遠くはないだろう(´・ω・`)

お取り込み中であることを察したルカ子は、早々にここを立ち去ろうとする。

「今度はまゆしぃのコス着に来てよね」
「ご、ごめんなさい。ボク、そういうのはちょっと……」
あらん(´・ω・`)
ま、いい子であるのは確かだ。


実験再開。
放電現象が始まり――


0.523299


また同じ感覚。
それはつまり、過去が変わったということ。

まず身近で起きた大きな変化と言えば……

「シャ、閃光の指圧師-シャイニングフィンガー-はどこへ行った!?」
「シャイ? は?」
「日本語でおk」

先ほど貰ったはずのスイカもない。
とは言え、一番に気になるのはやはり萌郁のこと。今日は来ていないのかと問いかける凶真であったが……

「それ誰?」

ダルをはじめとして、誰一人としてその存在を知らなかった。

「まさか、またDメールを!?」
応。

萌郁の存在自体が消えた?
その最悪の事態を考えた凶真はすぐにメールを確認。7月31日まで萌郁のメールが残っており、彼女にメールを送ってみる。するといつものような閃光の早さでメールが返ってくる。

彼女はいる。
そのことにとりあえずは安心……


萌郁がDメールを送ったことにより、ラボに来なかったという形で過去が改変された。
そのことがわかり、世界線を超えて記憶を継続する力・運命探知-リーディングシュタイナー-も本物であろうことがわかったか。
とりあえず、詳しいことはまた明日とことで、紅莉栖とまゆしぃは帰路へ。

まゆしぃのもとにルカ子から電話がかかってくる。

「えー! 本当ー!?」



AD 2010.08.05 14:01

ラボにルカ子がやってくるが、彼女は妖刀「五月雨」 を持ってきてはいなかった。
ま、そんなのはどうだっていい。今日はまゆしぃのお客さんとしてやってきたのだから。
とことで、まゆしぃはルカ子にコスプレさせるために、カーテン1枚隔てた場所で脱ぎ脱ぎお着替えさせることに。

「すごく……百合です」
だが男だ(´・ω・`)
まったくもってけしからん(´・ω・`)

雷ネットのキラリちゃんのコスを着たルカ子は予想通りお似合い。
かわいいは正義(`・ω・´)
凶真の心は浸食されていく……

そんなところでやってきた紅莉栖も、ルカ子を見てけしからん展開。

それはともかくとして、本題へ。
ルカ子が今日ここに来たのはコスを着に来たからではなく、凶真たちにお願いがあったからだという。

「ボクも、過去にメールを送らせて欲しいんです!」
ふむ(´・ω・`)

ルカ子は昨日、ロト6を外したお詫びをしようとスイカを持ってラボ前まで来ていた。しかし、ラボに入る前にDメールの話を聞いてしまい……

まあ聞いてしまったものは仕方ない。
それよりも、ルカ子は何を願おうのかというと……

「女の子になりたいんです!」
画像

皆ぼーぜん(´・ω・`)
その中でも特に紅莉栖がイミフ状態であった。
それもそのはず、彼女は唯一事実を知らないのだから。

「ルカ子は女ではない。男だ」
「何の冗談だ、それは」

紅莉栖はじっくりルカ子を見てみる。

「こんな可愛い子が男の子のはず……」

冷静に考えてみればわかるはず。
正しくは、こんな可愛い子が“女の子”のはずがない、であることに……

しかし、それに気付けなかった紅莉栖はわかりやすい確認方法をとる。
胸に手を触れてみるも……
そこに感じるのは男の鼓動。下の方がわかりやすかったろうに(´・ω・`)

ともかく、紅莉栖はルカ子が男の娘であることを知ってしまった。
そして、ルカ子は女の子になることを願う。

「聞いたことがあるんです。赤ちゃんがお腹にいる間に、お肉をいっぱい食べると男の子が、野菜をいっぱい食べると女の子が生まれるって」

つまりは、ルカ子がお腹の中にいる時に、母親に野菜をいっぱい食べるようメールを送ればいい。
それでうまくいとは思えない。しかしだからこそ、ルカ子の気を済むだけで終わるだろうと判断し、凶真はそれを許可する。

これでルカ子はラボメンNo.006に任命。早速実験をというところであったが、ここで大事なことに気付く。
ルカ子が生まれた当時、携帯電話は普及しているのだろうか……?

調べてみると、日本にそれが普及したのは1996年頃。メールの機能が付くのはさらに後。ルカ子が生まれたのは1993年であることを考えると、実験を実現するのは難しいだろう。
しかし、ここで凶真は自分の才能の恐ろしさに気付く。

「携帯がないのなら、ポケベルに送ればいいじゃない」

懐かしい。
ルカ子にはラボメンとしてのファーストミッションが与えられる。

「母親がポケベルを持っていたか調べ、その番号を入手せよ!」



AD 2010.08.06 11:54

「お母さん、ポケベル持ってました!」

その番号も入手でき、ワードも用意してきた。

『やさいたべるとげんきなこをうめる』

これを数字に変換すればいいはずだが濁点は数字2個で表現しないとダメであるため、このままでは半角36文字までという条件を4文字オーバーしてしまう。
とことで、“たべると”→“くうと”に変更。それでメールを送ることに。

放電現象が始まり、メールを送信――


0.456903


運命探知-リーディングシュタイナー-が発動し、凶真は別の世界線と記憶を共有することに。
ラボにはルカ子がおり、その胸を見つめてみるが……

「こら変態! どこを見つめている」
おっぱい(´・ω・`)

ルカ子は女になったかは訊きづらいものの、その胸を見れば一目瞭然。
失敗であろうことを凶真は悟る。

だが、確かに世界線は移動した。
何かは変わったはずなのだが、その“何か”はいったい……?


STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(初回限定版)
5pb.
2011-06-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(初回限定版) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"STEINS;GATE 08話『夢幻のホメオスタシス』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: