緋弾のアリア 08弾『魔剣-デュランダル-』

アリアがやってきた(´・ω・`)

彼女が白雪の護衛を外れたのは、デュランダルの特性を知っているため。敵が複数いる場合、それを分断して1対1で片づけようとする。だからアリアはわざと護衛を外れ、デュランダルをおびき出したのだった。
依頼人との契約を守るのは武偵憲章にあるものだしね(´・ω・`)

しかし、現段階ではデュランダルを見つけ出した段階にすぎない。ここからどうなるかはアリア達の力次第。

倉庫が水で満たされていき、キンジ達はいつの間にか鎖で縛られた白雪を救出しようとする。
白雪が脅されてここに来たのは、昨日の花火時に届いたメールによる。白雪が責任を感じる必要はなかろう(´・ω・`)

デュランダルは恐らく上のフロアに逃げた。それを知ったキンジは、アリアに先に行くように言う。
なるほど、邪魔者を除外して白雪と(ry
そんな意図はキンジになく、前に理子から貰った報告書でアリアが泳げないと載っていたための気遣いであった。

「ち、違う! 浮輪さえあれば!」
ねーよ(´・ω・`)

別に逃げろと言ってるわけではない。白雪の鎖を解く鍵はデュランダルが持っていると予想されるためである。


水位は肩の高さまでに至った。
キンジはアンロックスキルでなんとか鎖の鍵を解除しようとするも、ようやく一つを解いたにすぎない。どう考えても間に合わない。

「キンちゃん。もう行って」
んなわけにゃいかない(´・ω・`)
今は星伽の巫女の定めなぞ関係ない。なのに……

「依頼は取り消します。キンちゃん、生きて……」

水はついに白雪を覆う高さにまで至ってしまった。
それでもまだ諦めてはならぬ。キンジは白雪にキス。キャー!(*>ω<*)
これでヒステリアモードとなった彼は、瞬時にアンロック。最初から(ry

白雪の依頼は解除された。
キンジが彼女を助けたのは、依頼なんて関係なく白雪だから。

「白雪だからどうしても守りたいんだ」
それ以外に理由なんて必要ない。


二人は上のフロアに向かう。

水はもうこのフロアにまで至っていた。
アリアとも合流し、先にこのフロアへとやってきていた白雪のもとへ向かう。
しかし、彼女には何か違和を感じる。
胸元を見ての違和感……
画像
ハッ!Σ(゚д゚ )…ボリュームが足りない……!(違

「なあ白雪。唇大丈夫か? さっきの」
キンジは鎌を掛ける。

「うん、たいしたことないよ」
確信。
この白雪は偽物だ。

とことでキンジはそれにいち早く気付いたものの、そうでなかったアリアは先手をとられてしまう。
双銃を凍らされ、デュランダルとの会話が始まる。

デュランダルはジャンヌダルクの子孫。その30代目だという。
彼女はおしゃべりなアリアの舌から凍らせようと、その口に迫る。あなたもおしゃべりですけどね(´・ω・`)

そんなところで本物の白雪が登場、隙を突いてデュランダルの刀を奪取する。

「上出来だよ。さすが白雪だ」
頬をほんのり赤く。これでこそ白雪(*^ω^*)

アリアは敵の氷を受けたこともあり、万全ではない。
白雪が主戦するとしたところで、デュランダルは本来の姿を現す。

白雪はこれから星伽に禁じられた技を使うため、キンジに自分を見ないようにと言う。

「でもそれを見たら、きっとキンちゃんは私のこと怖くなる。ありえないって思う。嫌いになっちゃう…」
画像
白雪……(´・ω・`)

確かに、ありえないと思うことは一つある。

「俺がお前のことを嫌いになる。それだけはありえない」
キンちゃん……(*´・ω・`*)

白雪はその手に持つ刀に炎を宿す。

「白雪っていうのは真の名前を隠す伏せ名。私の諱、本当の名前は緋色の巫女。すなわち…緋巫女!」
卑弥呼(´・ω・`)

とことで、二人の戦いが始まる。

アリアの両手は復帰。ガス欠を起こした瞬間に仕掛けるべくする彼女に対し……

「俺はアリアを生涯信じると誓うよ」
ふむ(´・ω・`)

とことで、二人はタイミングを見計らってデュランダルに仕掛ける。
それはうまいことかわされたかのように見えたが、相手が振り下ろす剣をキンジは真剣白刃取り。
修業の成果があった……のかな(´・ω・`)

最終的にはその聖剣を白雪が真っ二つにして勝負あり。
デュランダル逮捕(´・ω・`)


白雪は全然怖くなどなかった。

「とても綺麗で強い火だったよ。昔一緒に見た打ち上げ花火と同じくらいに、な」
キンちゃん……(*´・ω・`*)



アドシアードも無事閉会式へと至る。
緊急的にチアを務めることとなった白雪の胸に目がいってしまうのは仕方あるまい(*´ω`*)



夜。
白雪は先日のことをキンジとアリアに謝罪する。
それは、特濃葛根湯のこと。
嫌な女でいたくないからと、特にアリアには真摯な態度で謝罪する。

それはともかくとして。

「あんたも私の奴隷になりなさい!」
(´・ω・`)

奴隷という名の仲間。
その権利として、白雪はキンジの部屋の合鍵を貰う。

「合鍵。キンちゃんの愛の証しだよ~」
画像
愛鍵ですね(´・ω・`)

ただし、アリアの抜け駆けは許さない。
二人はまたも部屋で争い、キンジは海へと逃げる……


緋弾のアリア Bullet.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2011-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 緋弾のアリア Bullet.1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"緋弾のアリア 08弾『魔剣-デュランダル-』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: