緋弾のアリア 09弾『蜂蜜色の罠』

キンジはアリアから女子寮に呼びつけられる。
訪れた彼女の部屋には様々な衣装がズラリ。
でもって、キンジに抱きついてくる胸はアリアのものとは違い……

「理子」
ビンゴ(´・ω・`)

「ねぇキー君。えっちぃこと……しよ!」
しよ(*´ω`*)

キンジはその誘いに乗らず、兄さんの恨みを見せる。
しかし、理子は誰も殺していないと主張。ここでルート分岐の選択肢を表す。
理子を受け入れる→イベントシーン後に兄の話を聞ける。
受け入れない→???

その選択をする前にアリアが飛び入り参加してくる。別ヒロインが邪魔してくるとは(´・ω・`)
理子は逃げ、アリア達はその後を追うことに。


屋上。
ダメダメホームズとブサイクリュパンの醜い言い合いが始まる。
緊張感のないこった(´・ω・`)

互いに互いの暴言で頭にきて戦闘を始めようとするも、それをヒステリアモードのキンジが止める。

「愛らしい仔猫同士の喧嘩を鑑賞するのは、俺の趣味じゃない」
愛らしい仔猫同士のイチャつきを観賞するのが(ry (´・ω・`)

キンジはアリアに理子と戦わないようにと言う。理子が戻ってこれたのは司法取引をしているからだろうと。
それが事実であれば、理由もなしに彼女に手を出すことは犯罪。それは避けねばならぬか。
でも、かなえに濡れ衣を着せたのは別件。最高裁で証言してもらわねばならない。

「いいよ」
もしダメと言うのならば……えっ?(´・ω・`)

「証言してあげる」
ふむ(´・ω・`)

理子も母が好き。だからアリアの同様の想いを理解していた。しくしく(´;ω;`)

イ・ウーを退学になったという彼女はブラドに宝物を奪われ、それを取り返したいのだという。だから助けてとのことで、一緒に泥棒をやろうと誘ってくる。



翌日。
理子は学校に復帰した。

ブラドに接触できるチャンスとことで、アリアは理子の泥棒に手を貸すことに。
キンジも同様。しかし、その理由はまたアリアと別。その理由をアリアはなんとなく理解していた。
理子は男子受けがいいし、何より胸があるし。
(´・ω・`)

昨日のことで口論になる二人。
だが、話が見えません(´・ω・`)

ともかく、アリアはキンジが自分だけのものだと主張する。
これ以上うるさくさせないため、キンジは変に抵抗することなく。携帯をチェックすると、受信BOXには白雪からのメールばかり。キンジは溜息をつく……



テスト中。
理子はキンジに接近する。
薄闇の中、キンジの腿の上に横たわる理子。
画像
彼女とイチャイチャ……(*´ω`*)

そんなところで闇が開け、キンジのおこないが教師にばれてしまう。

「遠山君。後で職員室まで来てもらえますか?」
ですよねー(´・ω・`)


キンジは理子と相合傘で帰る。
そんな二人の前に白雪登場。

「神聖な学び舎で相合傘なんて、なぁんて羨ま…じゃない、破廉恥な」

キンジと理子は彼氏彼女。
そう言う理子に訂正を求める白雪は、自分とキンジならキスまでしたのだと主張。
しかし、理子はBまでしたと言って白雪を煽る。
新たな泥棒猫に挑む白雪であったが、りっこりこにされてしまう(´・ω・`)
画像
スカートをひらりとめくられ黒だと発覚。
(*´ω`*)b

キンジは白雪を背負って応急処置室へ。
しかしそこには先生がおらず、しかも部屋を出ようとしたところ……

「アカナイヨ。デラレナイネ」

白雪の足も治ったとことで、あとはここから出ればいい。
キンジは携帯で人を呼ぼうとするが、白雪はその携帯を奪取。
しょうがないよね、うん(´・ω・`)

白雪は重要な話があると言い、キンジに出た占いの結果を伝える。
また、星伽に帰るのだと言う。
むーん……(´・ω・`)

それにしてもこの部屋は寒い。ヒーターも壊れているとことで、ならばすべきは……
白雪はふがふがと服を脱ぎ始める。裸で温め合うのが定説だものね(*^ω^*)

とことで、白雪は星伽の術を使い、キンジを布団の中に引き込もうとする。

「もう巫女じゃなくなる覚悟はできてます。星伽がなんだー!」

既成事実!
が、キンジは白雪に伏せをさせた間に部屋から脱出。ならば続きは白雪が星伽から帰ってきた後になるか(´・ω・`)



キンジとアリアはとある場所へとやってくる。
それは会議所として理子に指定された場所。そこでは多くのメイドが二人を熱烈歓迎。
(*´ω`*)


緋弾のアリア Bullet.1 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2011-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 緋弾のアリア Bullet.1 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"緋弾のアリア 09弾『蜂蜜色の罠』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: