日常 13話

腹減った(´・ω・`)

阪本さんはしょうもない罠に気付くが、獲物には変えられんとことでそれにかかってやることに。が、本来の罠の効果ではない棒直撃という悲劇が。痛そう(´・ω・`)

そんな家の前を学生が通り過ぎ、なのはそれを羨ましげに見つめる。
きっと学校に行きたいのだろう。それを悟った阪本さんがはかせに話してやり、はかせは行っちゃヤダとなのに抱きつく。可愛いけどそういうんじゃないから(´・ω・`)
まあ……今日も平和だ。




『日常の53』
ゆっこはふろふろの状態で学校へとやってくる。
言語バランスがゲシュタルト崩壊までしている。そうまでしてここに来たのは、前から言っていたマジックを披露するため。
アホじゃないかと思える上に、そもそも初耳だ(´・ω・`)

おえーとしているゆっこのカバンからは具が見えている。
この体調で来たのだから見て見ぬふりをしようと考えたみおだが、具が完全に出てさらには逃げてしまい驚愕。
ステッキもでてしまうが、みおはそれを隠す。ともかく、バレていないふりをしてゆっこのマジックを見ることに。

その後もどんどんタネが明らかになっていく……
それだけを見ても、彼女がいろいろと仕込んで頑張ったであろうことが窺える。
だから……

『今は……眠りなさい』




『日常の54』
なのははかせと一緒にスーパーへと出かける。
その道中、サメカステラの屋台を発見。だけど悪さをしたからと購入は禁止。なのははかせを甘えさせまいとする。
はかせはバタバタするも、なのは心を鬼にして……でも結局買ってしまう点がダメだ(´・ω・`)
だから阪本さんから我慢しろと注意してやることに。すると……

「わかった!」
わかってねぇよ(´・ω・`)

やはり東雲家は今日も平和。




『80点モンゴリアン』
ゆっこがまさかの80点を取った。
その秘訣を教えてと、彼女の高得点を訊いてやるみおだが……チョップやめい!(´・ω・`)
画像




『コツ』
80点とれる秘訣をようやく教えてくれようとするゆっこ。
みおはそれ以上取っているのだから正直どうでもよかったのだが、ゆっこは構わず続ける。
それは絶え間ない努力と……

「ハートだよ」
「うざ」
(´・ω・`)




『現実』
教頭は一日孫と遊んで嫌な現実を忘れようと考える。
が、孫は遊ぶことよりも実印を求める。
これは現実よりもまだ酷い……(´・ω・`)




『日常の55』
嵐の夜。
はかせは布団の中で怯える。

頼りのなのはもうぐっすりで、その横に一緒に寝ようとするも背中側はネジがあって近づけず。お腹側にいる阪本さんは排除し、その側へ。
そこまでは良かったものの、おしっこしたくなってきてしまう。
なのを誘うはかせであったが、彼女は夢の中。
仕方なしに……

「寝る」

行けよと感じるところで、阪本さんがついていってやることに。そうすればありがたみも再認識できるだろうから。

「阪本小さくて弱そうだから別にいい」
(´・ω・`)

そんなところでなのが目覚め、一緒にトイレに行くことに。
阪本さんっていったい……(´・ω・`)

雷が鳴り響き、今度はなのが怯える。
一人だとおっかない。けど一緒だとちょっと大丈夫。

「なのは、学校行きたいの?」

そうかも……
てなところで落雷。
これは驚かざるをえまい。




“ヒトコトワドコトバ”
一ヶ月は早いのに
日曜日は遠いのである

最近はそんなことない。
全ての時の経過が早く感じる(´・ω・`)




『ノリノリ』
未だに80点の話題でノリノリのゆっこ。
そのウザさは異常(´・ω・`)




『エデン』
今回の平均点が発表され、92点という高得点だと発覚する。
ゆっこ……(´・ω・`)




はかせが阪本さんに突撃。
そしてなのに報告。

「明日から学校行っていいよ」

その言葉に、なのは徐々に喜びがこみ上げる。
画像
はかせの粋な計らい。素晴らしい(´・ω・`)

その裏に邪悪な意図があるものの、制服まで示されると純粋に嬉しいものだろう。

「はかせ、大好きです!」

それにははかせも喜ぶ。
二人でイチャイチャ。いいじゃない(´・ω・`)


日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray]
角川書店
2011-07-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日常のブルーレイ 特装版 第2巻 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"日常 13話"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: