STEINS;GATE 15話『亡環上のネクローシス』

2036年。世界はSERNに支配されていた。
徹底した管理社会、ディストピア。人々は自由を奪われ、死んだように暮らしている。逆らう者は皆殺された。
鈴羽はそんなSERNの支配から人々を解放するために戦うレジスタンスの一員だった。

「この死んだような世界を変えるため、……私は父さんが遺してくれたタイムマシンに乗り込んだ」

手にするバッジは形見のようなものか。

未来を変えるために、鈴羽はこの2010年へとやってきた。
@ちゃんねるに書きこんだことはほとんど真実。しかし、SERNは研究機関であって、権力を持つ統治機関ではない。

「私は何度もネット上で、ジョン・タイターにそう訴えてきた」
「待て。…ということはお前、あの時@ちゃんねるにいた、栗悟飯とカメハメ波か!」

タイターが名乗り出たのだから自身も名乗り出ないとフェアじゃないと、紅莉栖。
ならば俺もと、

「俺は鳳凰院凶真という真名で」
「「それは知ってる」」
(´・ω・`)

SERNはタイムマシンの開発に成功し、世界の秩序を塗り替えた。そして、牧瀬紅莉栖はSERNのタイムマシン開発に最も貢献した人物で、タイムマシンの母として崇められているという。
鈴羽が紅莉栖のことを目の敵にしていたのはそういうわけ。

未来の凶真はSERNに盾突いたテロリストとして有名だという。
凶真と紅莉栖に共通して言えるのは……

「二人とも、2036年には死亡している」

もう行かなきゃと鈴羽は言う。
絶望的な未来を変えるために、1975年へと。

SERNがタイムマシン開発に成功したのは、電話レンジがあったから。SERNは通信傍受システムを使い、世界中からタイムマシンに関するあらゆる情報を集めており、そのシステムに凶真が最初に送ったDメールが引っかかった。
SERNのデータベースに残っているそれを消しさえすれば……

「未来は変わる」

β世界線へと行くことができ、恐らくまゆしぃは助かることとなるだろう。
それならばすぐにでもSERNのデータベースにハッキングをかけたいところだが、それにはIBN5100が必要というわけ。だから鈴羽は1975年へと行ってIBN5100を手に入れ、それを凶真に託すことが使命となる。
父を探すためにこの時代に長居し過ぎてしまった。もっと早く行くべきだったのだが……というところで、タイムマシンに起きている異常に気付く。

「壊れてる…」

さらにはそこで警備員が来てしまう。
凶真は二人を隠し、自らが時間稼ぎに出ることに。

「近付くな! 機関の謀略を阻止するための、作戦行動中だ! これはレベル17の、極秘ミッションである! わかったら即刻離れるがいい。こっちだ急げ!」

凶真は警備員を誘いだす。
その間に、紅莉栖は逃げると言い鈴羽に手を差し伸べる。

「未来じゃどうだったか知らないけど、今の私はあなたと同じラボメンなのよ!」

ハッとさせられ、鈴羽は紅莉栖の手を掴む。

紅莉栖と鈴羽は凶真と合流し、その場を後にする。
さて、これからどうするか。タイムマシンは座標計算に誤差があり、あの位置に出現したわけだが、その時はまだ正常に機能していた。考えられるとすれば、先日の雷雨。落雷か浸水か……それにより故障してしまった。
どちらにしろ、凶真はあの夜に鈴羽を引きとめた。そのことに罪悪感を感じてしまう。
タイムリープマシンで何とかしたいところであったが、それでは最大48時間までしか遡れない。あの夜までは届かない……

そんなところで買い物帰りのダルとまゆしぃが通りがかる。帰るようにと言ったのに。
完成祝いはまた改めてと言い、やはり今日は帰らせることに。

もう18:49。
電車は止まっており、あの結末に抗いようはないだろう。
画像


今から5時間前、タイムリープマシンの完成した時間まで跳び、そこから改めて48時間前、11日の14時まで跳ぶ。
それが今の彼らに使える最大の時間。その二日の間に、何としてでもタイムマシンを修理しなければならない。

『これは、世界を救うためなどではない。まゆりを助けるためのミッションだ』



2010.08.11 14:21

凶真はラボメンに招集をかけ、事情を話す。
で、ダルたちも含めてタイムマシンへとやってくる。
頼りになるのはダル。二日でなんとかしなければならず、もしそれが達成されたならば何でも言うことをきいてやると凶真は言う。
フェイリスたんとの一日デートだって、

「俺に不可能はない。信じろ」

ダルはそれを信じて、作業に取り掛か……その前にもう一つ。

「無事に直ったらIBN5100と一緒に、75年の伝説の魔法モノ、ラジカル少女オミットちゃんのセル画も持って帰ってきて」
「自重しろ!」

紅莉栖はタイムリープマシンを完成させねばならないからそちらに集中せねば。
その他に重要なことがあると、まゆしぃは主張する。それは鈴羽の父親探し。まゆしぃはそれを達成したいと考えていた。

バレル・タイターはコードネーム。阿万音という名字も母親のもので、手掛かりとなるのは形見として持っているピンバッジくらい。
2010年の秋葉原にいるはずだからと、まゆしぃはそれだけを手掛かりに捜査を開始する。
まゆしぃはとってもいい子。だからこそ……



AD 2010.08.11 17:51

タイムマシンについて直るかどうかの確証は持てないが、ダルはそれにちょっと触ってみたところ、電話レンジに似ているという印象を持っていた。

「阿万音氏の親父さんって、僕達の近くにいるのかな? 2010年に僕達がこのアキバにいるって知ってたんだよね?」

遺書によるとその通り。
SERNとは別にタイムマシンの研究をしていた父の遺志を継いで、鈴羽はここにいる。
でもきっとなんとかなる。鈴羽がまた戻ってくるまでに父親を探しておくとダルは言い、だからセル画を……そこまで言ったところで、鈴羽が涙を浮かべていることに気付く。
画像

ダルはそれを見守るのみ。


ラボ。
凶真とともにそこにいる紅莉栖は、未来ガジェット2号機(タケコプカメラー)を見つける。
CCDカメラが本体下部に搭載されているそれを使えば、上空から探せるのではないかと考えられるが、

「カメラも一緒に回るので、撮影された映像も高速回転する」
(´・ω・`)

Ver2.67なのにそんな不具合がある。それはネーミングが単なるダルの趣味で、特に意味はないから。
そんなところでダイバージェンスメーターを持って鈴羽がやってくる。

ダルは星空を見つめつつ、なおも作業に取り掛かっていた。


鈴羽はダイバージェンスメーターを凶真に預ける。
その数字が1%を突破さえできれば未来は変わる。それを認識できるのは凶真だけ。

鈴羽は未来の凶真に会ったわけではなく、所属しているレジスタンスの設立メンバーであったというだけ。
そんな自分のことをくだらないと言う凶真であったが、そんなことはない。

「世界に自由を取り戻そうとする、勇敢で立派な志だよ!」



AD 2010.08.12 14:20

ピンバッジを頼りに、凶真と鈴羽は父親探しをする。
そんな中、日本語でおkなとあるバッジ店へと辿り着く。
ピンバッジの出所について訊くが、思い出せぬよう。連絡先を渡し、その場を後にすることに。

ピンバッジは近い未来に作られるもので、今はまだ存在しないとも考えられる。
鈴羽は諦めようとするが、まだあと一日ある。

「俺だって、まゆりを助けることを何より優先したい! それでも、お前はラボメンであり仲間だ! その仲間が困っているんだから助けたい! それなのに、お前が真っ先に諦めてどうする!」

うむ。

まゆしぃもビラを配って懸命に探していた。
さすがに、誘拐事件と称して興味を引くのはマズイところだが。

警察に目をつけられて逃げたところで紅莉栖がやってくる。店員が話していることを聞いて、大変なことがわかったと言う。

「阿万音さんのお父さん、誘拐犯かも」
(´・ω・`)


ダルのもとに差し入れへとやってくる。
明日までにはなんとかなりそうとのことで、鈴羽もダルの実力が確かであることを実感する。

「ダルくんと鈴さんってけっこうお似合いだね」
ふむ(´・ω・`)


鈴羽は凶真たちに対しての感謝の言葉を述べる。
初めてここに来た時は知っている人が誰もおらず、最初は怖かったことだろう。でも今ならば確かに言える。この時代に来ることができて、凶真達と同じ時間が過ごせてホントに楽しかったと。

「ほんのちょっとでも、ラボメンの一員になれて良かった。君たちと一緒にいられて……良かった」

鈴羽のためにも、きっと未来を変えねば。

そんなところで、昼間の露天商の男から電話がかかってくる。
で、ピンバッジの男を思い出したのことで、凶真はそちらへと向かって駆けて行く。


STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray]
メディアファクトリー
2011-07-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by STEINS;GATE Vol.2【初回限定版】 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"STEINS;GATE 15話『亡環上のネクローシス』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: