ちはやふる 16首『おぐらやま』

『ちはやふる』ではなく『ちとせふる』。
本編でのあまりの出番の少なさに、6年前のエピソードを引っ提げて千歳がしゃしゃり出てきました~(´・ω・`)

『おとしだま その①』
千歳は千早の分も含めておばさんからお年玉をもらう。そしてその後、千早に今年から決まったルールを教えてやる。10歳以上はお年玉をもらってはいけない、そういう法律ができたのだと。
千早のお年玉も含めて高い服を買う千歳。千早の服が100%おさがりだとはいえ、それは彼女のためになっているのかどうか……(´・ω・`)


『おとしだま その②』
千早と千歳は雑誌の撮影現場に遭遇する。
モデルはいっつもブランド物の新作を着れていいなーと羨む千歳。そんな彼女に対して千早は……

「ブランドの服じゃなくても、お姉ちゃんの方が綺麗だよ」
あら(*´・ω・`*)

なんていい妹か。その笑顔の輝きに千歳も魅せられ……
お年玉で買ったばかりの服を千早にあげる。

「いいのよ。あたしはまた買ってもらうから」
ヲイ(´・ω・`)

お姉ちゃんってキレイなうえにやさしいんだ!
それは間違いですよ、ええ(´・ω・`)


『おとしだま その③』
学校にて。
正月といったらお年玉の話題も出てくる。たくさん貰ったであろう太一は、新にいくらもらったのかを訊く。が、

「何言ってるんや? 10歳からクリスマスプレゼントとお年玉は、法律で廃止されたんやよ」
新、お前もか(´・ω・`)

新の言うことは嘘だろうと思いたいところであったが、千早もその通りだと言い、

「「法律違反」」
太一にまた不名誉なレッテルが貼られました(´・ω・`)

ただ、これは“卑怯な奴”という自業自得なものとは違い明らかに冤罪。
他の皆もお年玉をもらったと言い、太一の方が立場的に優位になる。
ところで、太一はいくらもらったのかという話になり……

「11万5000円だけど……」
はい、法律違反!(´・ω・`)



『おぐらやま』
千早は新の家に行き、かるたをやることになった。
ただのかるただし…と、千早は最初軽い気持ちでそれに臨んだのだが、始まれば自分の知るかるたとは違って新の一方的な展開に。一矢報いたいと思う千早は、相手陣にある1枚に狙いを定める。

瀬を早み 岩にせかるる 滝川の われても末に 逢はむとぞ思ふ

それが始まりだった。

それから、学校のかるた大会で苦戦することになった新の助っ人として、千早は決勝途中から出場。
新の代わりとしてとではなく自身の戦いとしてそれを楽しみ、かるたが楽しいことを知った。
さらにそこで自分が目指すべき地位“クイーン”を知る――



『友達のイメージを四字熟語で語ってみよう』
店長が居ない時本当はこっそり見ちゃってます。そんなむっつりスケベな新には“温和勤勉”が相応しかろう。いろいろな知識を身につけないとねっ(´・ω・`)

千早は“天衣無縫”。
肉まんくんは“焼肉定食”……ってそれ四字熟語じゃないってばよ(´・ω・`)
机くんは“情報収集”……ってこれも違うしなんだか不穏な空気が…(´・ω・`)
大江は“詩歌管弦”。綺麗な言葉だ(´・ω・`)
ではそんな大江がつける、太一の四字熟語はと言うと……

「器用貧乏?」
一番しっくりくるのがなんとも(´・ω・`)



『おぐらやま』
太一とともにかるた部を発足することとなった千早。
しかしまだ人数は足りず、メンバー集めから入る。

大江、机くん、肉まんくん。
苦労した末にようやっと5人のメンバーが揃い、正式な部として認められることとなる。
ただし部長は太一に変更(´・ω・`)

5人で練習をおこなうも、最初の時点では実力差は歴然。でもその差がモチベーションへと変わってこそ、目標の全国大会出場が成し遂げられるのだ。
近江神宮に向けて、5人は思い新たに始動する――


『肉まんTシャツ①』
HARAPEKO
『肉まんTシャツ②』
大盛
『肉まんTシャツ③』
山盛
『肉まんTシャツ④』
特盛

これらTシャツはどこで買っているのだろうか。
どうやら彼の姉が自作してくれるようで、机くんと大江もTシャツを作ってもらえることに。
もちろんいらないのだが、結局センス悪いそれが出来上がってしまうことに……orz

ちなみに、肉まんくんの姉はツンデレピザまん。
肉まんもピザまんも嫌いなんだよねー……(´・ω・`)

ま、彼女のお陰でチームTシャツもできることになったのだが……、しかしマズイ点がある。
『MI』『ZU』『SA』『WA』『GO』というそれぞれに合ったサイズのTシャツを作ってもらったのだが、それでは団体戦の並び順が限られてしまう。
ちなみに、机くん、大江、肉まんくん、太一、千早という順になっているわけだが、どうしてこういう順番になったのかと言うと……

「姉ちゃんの好きな顔順だって」

太一と千早はその順列にショックを受ける。が、それよりも気にすべきなのは1位の机くんだろう。

『なぜだろう。視線を感じる…』
ロックオン♪されています(´・ω・`)


『男子のここだけの話①』
千早と大江、彼女にするならどっちがいいか。
その話題において、肉まんくんも机くんも大江を選択する。
太一は何も答えずだが、肉まんくんらはわかっているのだ。太一も大江を選ぶだろうと。だって千早はありえねーもん(´・ω・`)
他人の考えで太一も落ち込むことないのに……。


『男子のここだけの話② -太一反撃編-』
「お前ら……乳だろ?」

実に的確な指摘。
確かに、千早と比較したらばその差は歴然。
他世界の千早と比較したらばそれは千早いじめと言われることだろう。
しかし、72が何でも……じゃなかった。何が何でも乳注目を否定しようとする机くんはデートが想像できるかどうかという話に持っていく。
千早とのデートは想像できない。それはホントごもっともで(´・ω・`)
画像

千早がかるたバカということを思い知らされ、またも返り討ちにあった太一。彼が報われる日はくるのだろうか……?(´・ω・`)



『おぐらやま』
県大会。
いろいろと苦労がありながらも瑞沢高校は決勝戦まで勝ち上がった。

太一も部長として確実に成長しており、そんな彼が率いる瑞沢高校は決勝で強豪の北央高校と戦うことに。
エースの千早はドSの須藤のペースに飲み込まれるが、その流れを変えようとするのは机くんであり仲間たちであった。
個人戦ではなく団体戦。札1枚のさらなる重みを知り、千早は集中力を高め流れが変わる。

机くんと大江が先に負けてしまい後がなくなった瑞沢高校であったが、まずは太一が勝利し1勝。続いて肉まんくんが勝利しイーブンに持ち込み、最後は“ちは(や)”で勝負あり。団体戦全国大会出場を決める。


満を持して臨んだ全国大会初戦。
非常に大事な試合であったが、千早は体調不良で途中棄権。せめてもの願いすら叶えられず、千早は無念のリタイアとなってしまう。

団体戦終了後に自分の棄権を謝る千早だが、皆はそこまで気にしておらず。
完全に気持ちを改めて翌日の個人戦を迎えられることができる。

千早はそこでクイーンと戦う。
やはりクイーンは物凄く強く、千早は自分の勝つイメージが浮かばず成す術がなかった。
しかし試合の中でそのメンタルにきっちりと修正を入れ、わずかではあるがクイーンに対抗することができた。

それでも結果は大敗。今の自分とクイーンとの差を思い知り、千早は悔し涙を流す。
それは真剣にかるたに臨んでいるからこその涙であり、ここで千早は真にクイーンとなることが夢となった――



『女子のここだけの話①』
千早と大江がかるた部で付き合うとしたら誰になるだろうか。
それに対して千早が選んだのは……

「かなちゃん」
圧倒的な一人勝ち(´・ω・`)


『女子のここだけの話②』
テイク2。
男子の中で。恋バナがしたいみちるちゃんは、もうかるた部限定じゃなくていいからとその話題を振り直す。
それで千早が選んだ相手は……

本編に支障が出るので、ヒ・ミ・ツ(*´・ω・`*)



『もういちど友達のイメージを四字熟語で語ってみよう』
このコーナーに出番がなくても気にせん男・新は“一意専心”。ただただかるたに打ちこみます。

真面目に考えるならば、机くんは“頭脳明晰”。
大江は“才色兼備”。ホント評価高いなぁ……(´・ω・`)
で、注目の太一は……“眉目秀麗”。ホッとする姿がなんとも(´・ω・`)
千早は“猪突猛進”。こちらの方がわかりやすくていいだろう。
で、そんな千早が評する肉まんくんは……

「養豚狗肉?」

いや、羊頭狗肉。
……それでも酷いと思うのはボクだけ?(´・ω・`)


ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)
講談社
末次 由紀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ちはやふる 16首『おぐらやま』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: