夏目友人帳 肆 07話『人と妖の間で』

妖怪が見えるようになった田沼の背後に近づいてきた者。彼が言うに、田沼は妖の世に迷い込んできたとのことだった。
見つかったら宴の肴にされる。見逃してあげるからさっさと去るようにと言われるものの、夏目が奪われた以上はそういうわけにはいかない。かといって詳しい事情を説明するのもマズイであろうから、田沼は口を閉ざす。
結局、相手の忠告には感謝しつつも一人で潜入しようと考えた田沼。その前に現れたのは……!

「うわぁぁぁぁぁぁ!!」
「静かにせんかぁ! バカちんがぁ!!」
ニャンコ先生でした(´・ω・`)



オミバシラ様への貢物を持ってきた妖怪たちはたくさんいた。
とりあえず貢物は祭壇へと置かれ、その間に夏目はなんとか脱出できないものかと必死に瓶のふたを開けようとする。
田沼のことだ。きっとここに来てしまうだろう。だから余計必死になるのだが、夏目のことは妖怪の間でも有名。妖怪たちが注目する。
そんな中、

「おいみんな。騙されるな。 その瓶は偽物だ」

と、チープな面をつけた田沼がやってくる。
考えがあるとのことで田沼に一任したニャンコ先生だが、それが吉と出るか凶と出るか……(´・ω・`)

田沼は自分が本物の夏目を持っていると主張。どちらが本物の夏目であるか確かめさせようとする。
なんとなく意図を悟った夏目は制服を被ってその姿を隠し、鬼猿が瓶を開けなければならない状況を作りだす。
そのタイミングで田沼から人間の臭いがするということがばれてしまうものの、ここからは強行。鬼猿が瓶を開けたところでタックルし、夏目を瓶の外に出してやる。でも通じるのはここまで。
妖怪だらけのここから逃げるなんて余裕はなく、鬼猿の攻撃が襲い掛かる……。
が、そこで助けに入ってくれたのは先ほど田沼に忠告されてくれた者。

「世話が焼けるね」

そう言う彼は煙幕を使い、夏目と田沼を逃がしてやろうとする。


騒ぎを起こさないように心掛けて逃げていたニャンコ先生はとりあえず安全な場所までやってきているようだった。
イカさんを咥え、酒を背負ってという土産付きで(´・ω・`)



夏目と田沼はある者の協力により、とりあえずは妖怪たちから逃げて別室へとやってきていた。
田沼は手引きしてくれた彼が心配いらぬ存在であることを夏目に説明しようとするが、

「妖怪じゃない」

その者のことは夏目の方がよく知っていた。

「何やってるんですか、こんなところで」

どういうこと?(´・ω・`)
ていうのが田沼の状況。
彼を巻き込んでしまった責任は夏目にあり、妖怪に関わりすぎて名前を覚えられることの危険性はよくわかったことだろう。
そんなこんなでネタばらし。

「私は、名取周一。裏稼業で妖怪祓いをしている者だ」

でもそれよりも有名な表の顔がある。俳優をやっている彼は今度映画に出るとのことで、ただ券をくれると言う。
わーい(*´・ω・`*)

でも今はそんな場合じゃなくて……というところで柊らがやってきて、夏目らは変装しようということに。
しかしその前に、夏目らを探す妖怪がこの部屋を嗅ぎつけて迫ってくる。
その到来に構えるが……

「ここか!!」

やってきたのは女子高生ニャンコ先生。
その姿には、名取も田沼もそれぞれの理由で驚く。

そもそも人に化けられることを知らなかった名取はそのことに驚きつつ、容姿についても言及。ニャンコ先生は夏目かレイコくらいしかガン見したことなく、どうしても似てしまうのだという。

まあそれはともかくとして、ニャンコ先生も含めて皆で脱出の術を模索する。
窓を割ろうにも結界のために割れず。入口に戻ろうにも入り組んだ作りになっていて、それも容易にはいかないだろう。

各自分担して様子見をすることになり、田沼も一人で行こうとするも、夏目がそれを止める。
田沼としては力になりたいようで、その気持ち自体は嬉しい。しかし、もし田沼に何かがあったらということを考えるに、夏目は黙っていられないのだ。
それだけ妖怪の世界は危険だということで……。

間もなく妖怪の悲鳴が聞こえ、その現場に駆けつけてみると血の跡がべっとりと残っていた。
オミバシラ様が食ったのだろう。力のないうちに封印しといたほうが良かっただろうと思って名取はここに来たのだが、そうもいかなくなったか。

ともかく、これでニャンコ先生は悟る。鬼猿たちがビラをまいたのは低級の妖怪を集めオミバシラ様の餌にするためだったと。
だから、この館は異常なまでに入り組んでいるのだろう。
ここを出るためには、出口を見つけるか、オミバシラが完全に力を取り戻すまでに封印するかだ。

「大丈夫だ。絶対。絶対ここから田沼を帰す。何があっても」
うむ(´・ω・`)


ここからは二手に分かれることにする。
夏目と名取はオミバシラ探し、ニャンコ先生と田沼は出口探し。
一時間後にここで落ち合うことにし、名取は念のため田沼にお守りの石を渡しておく。

「女性の手を煩わせないのが、私のポリシーでね」
女性なのは見た目だけですけどね(´・ω・`)


田沼は名取がいい人であると感じていた。
高圧的でちょっと嫌な感じがしたものの、それはそういった癖が染みついているからだろう。敵が多いと厄介。こちらの世界には深入りをすべきではないのだろう。

そんなところで、オミバシラが食い荒らした場所を見つける。
それを見て、田沼は夏目が友人や家族を関わらせないようにしていた理由を悟る。
だから、田沼は自分が協力を申し出た時に夏目が瓶の中でどんな顔をしていたかニャンコ先生に訊く。自分の思い違いがあったのだとわかったから。

それに対する明確な答えはニャンコ先生から返ってこず、そこでオミバシラの足跡を発見する。
すぐにその跡を辿るニャンコ先生とは違い、何らかの気配を感じた田沼はそちらの方へ歩いていく。すると壁から不気味な目が現れ……

「ぐわぁぁぁぁぁぁ!!」

田沼の悲鳴は夏目にまで聞こえ、夏目はすぐ現場に駆け付ける。
田沼は石のお陰で助かっていたようだが、毒気にあてられ気を失っていた。
少し遅れてニャンコ先生がやってくる。つかえねー(´・ω・`)

ともかく、オミバシラがこうまでなった以上は封印が必須になった。と言っても、名取は最初からそうするつもりだったようだが。
封印の準備を始めようと夏目に声をかけるも、彼はこうなってしまったことを悔いていた。
こうなってしまうことがずっと怖かった。それが現実になってしまい、自分を責める夏目……。そんな彼の手に優しく触れるのは名取だった。

「夏目は強いんだよ。私はそういうのが嫌で煩わしくてとっくに捨ててしまったから、うまく言ってやれないけど……。夏目は捨ててはいけないんだよ。キツイかもしれないけど、夏目にはきっと必要なんだ。必要なんだよ」
ふむ……(´・ω・`)

間もなく、上階でオミバシラを発見したと柊が報告にやってくる。
田沼のことは柊に任せ、名取は封印へと向かおうとする。
その手伝いには夏目が、彼の意思で向かう。


夏目がオミバシラを誘い出し、名取が準備した結界の中へと誘い込む。
そしてオミバシラ様を封印。
実に見事な手際で(´・ω・`)

悲願を邪魔された鬼猿はその恨みを晴らすべく、人の子がいることを言いふらして低級を集める。
が、ここで堂々と説明するのはニャンコ先生。脅しも込めて低級を祓う手際はこれまた見事。
悪役っぽい堂々とした佇まいは板についてます(´・ω・`)
画像



無事に館から離れた後、夏目は田沼のもとへ。
館から離れたために毒気が抜けて目覚めた彼に、夏目はまず言わねばならないことがある。

「ありがとう」

お礼だ。
田沼がいたから夏目は瓶から出ることができ、オミバシラも封印することができたのであろう。
だから礼を言ったのだが……

「本当のことを言ってくれ」
と、田沼。
自分のせいで負担になったのではないかと、夏目に問うてくる。
不安に思えてしまうのは仕方がないだろう。相手を思えばこそ、辛く辛く思えてしまうことがあるのだから。

『どうすればいいんだろう。

どうしていけばいいんだろう。

それは多分、名取さんが諦めてしまった道。

レイコさんが、歩きたくても歩けなかった道。

俺は、行けるだろうか……?』


それはこれからの夏目次第か。



田沼との別れ際、夏目は明日もちゃんと学校に行くことを約束する。
文句を言わなければならないのも理由の一つだ。

「文句は瓶から出たら言え。って言ってただろ?」
うむ(´・ω・`)




帰宅。
帰りが遅いと言っていた通り、塔子さんたちはおらず。

飯だとはしゃぐニャンコ先生とは裏腹に、夏目は疲れて玄関で寝てしまう。
大変な一日だったものね。仕方ないさね(´・ω・`)


夏目友人帳 肆 1【完全生産限定版】 [DVD]
アニプレックス
2012-02-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夏目友人帳 肆 1【完全生産限定版】 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"夏目友人帳 肆 07話『人と妖の間で』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: