アマガミSS+ plus 08話“棚町薫 後編『ミチヅレ』”

純一と薫は二人してはしゃぎすぎたせいで天罰が下ったのか、サービスエリアに置いて行かれることになってしまった。
やっぱり食べてる場合じゃなかったと呟く純一。それが自分のせいにされていると思った薫とプチ口論になり、なんだかよろしくない雰囲気に突入しそう。しかし間もなくトラックがやってきてくれたため、今のこの状況に光明が見えてくる。

『でも、その時はまだ二人とも、これから自分たちの身にどんなことが起こるのかを想像することさえできませんでした』

トラックの運ちゃんに事情を説明し乗せてもらえることになった。が、その車内でもお互いのことを責める純一と薫。ここらは二人がもとは悪友であったことを感じさせるようなやり取りだ。
でも運ちゃんだってわかっている。喧嘩するほど仲が良いとはまさにこのことなのだと(*´・ω・`*)

運ちゃんは駅まで連れていってくれるという。その近くには温泉宿があるとのことで、そこに泊まることになるであろう。
ひなびたいい感じのその温泉地を想像……もとい、妄想する純一。

「すごくいい!!」
薫も運ちゃんも怯むほどの変態紳士っぷりでさぁ(´・ω・`)

ともかく、二人旅で良かったと運ちゃんは言う。
旅は道連れ世は情け。旅には連れがいるのが心強いように、世の中渡っていくにはお互い支え合う人情が大切。
そんなことを言う運ちゃんの何と良きことか……。

この素敵な運ちゃんのお蔭で、純一と薫はオススメの温泉旅館までやってくることができた。その温泉旅館はと言うと……

老竜神温泉。
二人の恋に涙がポポロ……(´・ω・`)

森の最奥にある館……的な雰囲気を感じさせるそこに乗り込もうという二人。薫が怖がっているであろう様子を悟った純一は、いじわるなことに怯える薫をいじる。
そんなところに旅館のババ……女将が現れる。怖いって(´・ω・`)

ともかく、旅館に入ることになった二人。本日泊まるのは二人だけなのでごゆっくりと言われるものの、怖くてゆっくりできないじぇ(´・ω・`)

トイレに立つ純一。薫は一人になるのが怖いと思ったのか、一緒についていくということになる。
でも実際に怖いのは確かで、向かう先からはぐちゃりと不気味な音が聞こえる。その先には包丁を持つババアの影が……!
って、ただ魚捌いてるだけなんだけどね(´・ω・`)

お食事の前に先にお風呂へとことで、二人はそれぞれ男湯と女湯に入る。
間もなく、女湯から悲鳴が聞こえたためそちらに駆け込む純一であったが……失礼(*´・ω・`*)

一時は出てけと言った薫だが、隅っこの方にならいてもいいと許可。二人は一定の距離を保ち、背中を向けあう形でもじもじ……
そんなところで脱衣所から物音がして、そこからブラを被った猿が現れる。それに過敏に反応した薫は立ち上がり、そして純一はそんな薫の方を見てしまう。つまり……

「純一のバカ!!」
ごめんちゃい(*´・ω・`*)


風呂上がり。部屋には御馳走が用意されてあった。
料金が心配になるところだが、まあ楽しむべきところは楽しんでおくところか。

食事が終わり眠くなってきた二人が床の間を覗くと……二つの布団が仲睦まじく並んでおりました(*´・ω・`*)
せめて照明さんは自重すべきか。
ともかく、二人はその二つの布団に少し間を開けて布団に入ることに。

そこで薫は、少し迷っていたのだということを打ち明ける。
純一とどう付き合っていけばいいのかを迷っていた彼女。友達と恋人の境界線がわからなくなったから今回の旅行で確かめられたらと思っていたのだが……そんな話をしているといつの間にか純一は眠っており、もう……(´・ω・`)
画像

「おやすみ」



翌朝。
支払いの際にお財布がないことに気付いた純一。そこは代わりに薫が払ってくれたから良かったのだが、どうやら財布は公衆電話に置き忘れたようだった。
薫も先の支払いでお金がほとんど残っておらず、こんなことなら昨日のうちに駅まで行って始発電車を待った方が良かったと言う。それで再び二人の口論が始まってしまう。

楽しい旅行になるはずだったのに、マズイ雰囲気になり……それによってか天気も悪くなってきてしまう。
雨に降られながらも二人はなんとか老龍神のバス停にまで辿り着き、その頃には二人の仲もある程度にまで復帰していた。
それはともかくとして、雨に濡れたために薫の服は透けっぽくなっていて……(*´・ω・`*)
薫のブラは猿に奪取されていたことを思い出し、純一はそちらへと慎重に目を向ける……そのことにようやく気付いた薫はムッとした表情を見せる。

「あっいえ、見てません! いや見ました…じゃなくて、大事なところは見てません!」
「純一のバカ!」
すいません……(*´・ω・`*)

前にもこんなことがあったような気がした。デジャブを感じる純一さんの頬にはくっきりとビンタ跡が。
それが二人の空気を和らげてくれる。

その流れで、薫の方から謝罪する。一方が謝ればもう一方も。今度は互いに謝りあう素敵な雰囲気に。
今この時も楽しい旅行の最中でまだそれが続くのだから、これからは楽しくやっていこうと約束する。

その思いが空にも伝わったか天気は晴れる……が、通りがかった自転車のおっさんの話によると、このバス停はもう使われていないとのこと。
どうすっぺかなぁ……(´・ω・`)


なんとか港近くまで降りてこられた二人は、残り僅かな金に希望を託して電話をかけることに。
相手は美也で彼女に説明しようとするも、その前に向こうから一方的にバス会社から連絡があったこと等を伝えられ結局用件を伝えることができず、最後の希望は断たれてしまった。



夕方。
交番でも探そうという結論に至るのだが、その前にもっとここで遊んで行こうと言い、薫は波と戯れる。
それに従い、純一も今をエンジョイ。素敵な青春の1ページだ……(´・ω・`)


存分に楽しんだ二人は砂浜で横になる。
薫は今回のことでわかったがあると言う。

「何だかんだ言っても私、純一と一緒にいると……すっごく楽しいってこと」
「それは僕も同じだ」

だからこれからもよろしく。
とことで、二人は砂浜でチュッチュする(*´ω`*)

そこに間もなく、船に乗った梅原がやってくる。
地獄に仏。寿司修行の梅原は神様仏様だわさ(*^ω^*)





学校。
薫は田中さんに改めてお礼を言う。彼女が旅行を薦めてくれたからこそ、こうして楽しい思い出を味わうことができたのだから。

そんな青春の1ページが純一の美術の宿題として描かれることになっていた。
でもそこに灯台を描くのを忘れていたと、薫は純一の前に座りその修正をする。その関係性は旅行を経てなんら変わりないのだが……

「気にしない気にしない。これが私と純一なんだから」
うむ(´・ω・`)
そう断言できるようになっただけでも、今回の旅行は大きな価値を持っていたと言えよう。


アマガミSS+ plus (4)棚町 薫 【Blu-ray】
ポニーキャニオン
2012-07-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アマガミSS+ plus (4)棚町 薫 【Blu-ray】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"アマガミSS+ plus 08話“棚町薫 後編『ミチヅレ』”"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: