好きっていいなよ。 07話『好き、なのに』

大和とめぐたんのモデルコンビがお似合いに見えて不安に感じるめい。それでも、放課後に大和と一緒に帰る約束をして、またいつものように戻れるか……


めぐたんからの話によって、大和モデル続行という話が浮上。めいは否定するわけにもいかないため、そんな彼女の意見を受けた大和はモデル続行を承諾することに。

放課後。
モデル話の延長で皆と帰ることになったのだが、カラオケを…という話になったためめいはリタイア。大和さんよぅ……(´・ω・`)


モデル活動を継続するため、大和はめぐたんと話をすることも継続。
それでもめいとのコミュもなるべくするように気遣い、この日は二人で屋上にて昼食をとることに。
そこで、どうなってかめいを押し倒す形になった大和。この二人の動きは理解できないことが多いのだ…(´・ω・`)

こんな感じでコミュニケーションはとっているのだが、モデルな大和にどこか不安を隠せないめい。大和はそれを悟ってか、モデル活動に向かう前にメールを送ることを約束。こういったちょっとしたイケメン気遣いにより、二人の関係は未だ良好な状態として保たれている。


クッキー作りの際にも風呂上りにも携帯を気にするめい。しかし、メールは届かず。
その頃、大和はめぐたんに誘われ彼女の家へと上がっていた。最悪や(´・ω・`)

家庭的な部分をアピールするめぐたん。正直ドン引きなところなのだが、鈍感大和はそう思いはせず。今後も仕事後のお食事に誘われ、それを了承する。
それらが終わった後帰宅し、ようやくめいに帰宅報告メール。でもめいにとっては何があったのかは知らないため、これで満足なのだ。



その後も、仕事により二人の時間は作れず。
モデルの方ではめぐたんと大和が一緒のことは多く、それがまた不安にさせるのだ。それでも健気なめいは大和からのメールに元気をもらい、なんとか今の現状でも受け入れることができていた……



ある日。
めいがふらふらと廊下を歩いていると、大和がめぐたんの家から出てきたという噂話を聞いてしまう。
鼓動が早まる……。
そんなところへあさみと愛子がやってきて、めいは泣き顔を隠そうとするが隠しきれず。そんな半端な態度を見せるめいに苛立ちを隠せない愛子だが、そのこと以上に謝罪の意を示すのはあさみ。彼女はめいの様子がおかしかったことを悟っていたのだ。それでも見ていて見ないふりをしていて……。
でももう違う。泣いているめいを見て、その辛さを実感。自分が助けてもらったようにめいを助けたいとことで、あさみはめいから事情を聞くことに。

めいはすべての事情と自らの感情を吐露し、あさみと愛子はそれに同意してくれる。
でも壁にぶち当たるということはつまり前に進んでいるということでもあるとことで愛子らに励まされ、めいは再び歩み始める。
あなたのことが、好きだからー(´・ω・`)

とことで、めいは大和のもとへ。ネクタイ掴み、引き寄せてのキス!

……めいが大和に奇襲を仕掛けていたその頃、第二の刺客がこの街にやってきていた……。




"好きっていいなよ。 07話『好き、なのに』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: