2012年アニメアウォーズ!

年末恒例とことで。
『おちゃつのちょっとマイルドなblog』様の『2012年アニメアウォーズ!』企画に参加させていただきます。


~2012年アニメアウォーズ~
・最優秀作品 
・特別賞
・キャラ部門 (男性・女性それぞれ)
・OP部門 (映像込みの評価) 
・ED部門 (同上)



最優秀作品:『夏目友人帳 肆』
改めてこの一年を振り返ってみると、ほっこりもっこりとくるこの世界は外せませんでした。
このシリーズの初期の頃の方が切なさレベルでは高いのですが、その頃と比較して夏目が変化しているという点に注目すると、各話の微視的感性だけでなく巨視的感性も刺激されてやはりほっこりもっこりとくるものです。
この世界を知ることができた感謝と僥倖の意も込めて最優秀に……┌(┌^o^)┐


特別賞:『黄昏乙女×アムネジア』
最初ははらみー目的で見たこの世界。その期待通りにはらみーがヒロイン役として活躍していたこともそうですが、すぐにこの世界の持つ雰囲気に魅せられていったのがポイントの高い点です。
可愛い子をただ愛でるだけで終始するのではない(それもそれで魅力的ですが)……。夏目でも同じことを言えますが、時間は有限であり、その強いられた変化は私の心を切なくさせました。それでも最終的にはとても素敵な時間であったと清々しく振り返ることのできるすっきりとした試聴了感を抱くことができました。
とにもかくにも、私は完全に夕子さんの虜です(*´ω`*)


女性キャラ部門:『庚夕子』(黄昏乙女×アムネジア)
はらみーprpr(*´ω`*)


男性キャラ部門:『富樫勇太』(中二病でも恋がしたい!)
人はこうあるべきだという理想形を示していた人物です。もちろん、ダークフレイムマスターのことですよ(`・ω・´)
特殊能力は生まれつきもありますが、それを信じ続けることでも身に着けることができるのです。もちろん凡庸であることを望むのであればまっとうに生きればいいですが、少しでも異能に未練のある方は今からでも遅くはないので彼のような姿を参考にして日々鍛錬に励むといいです(`・ω・´)


OP部門:『ブレイブルー』(エウレカセブンAO)
『交響詩篇エウレカセブン』の初期OPだった『DAYS』のアンサーソングとなるこの曲。でありながらも、どちらかというと前作のケリをつけるという形で終わった本編とはやや異なり、今作の主人公であるアオにスポットを当てたことが強く感じられる点がまた好印象でした。
『DAYS』を今でもよく聴いている私としては、これは非常に嬉しくテンション高まるOPでした。シャングリラ~(*´Д`)


ED部門:『アイオライト』(エウレカセブンAO)
OPに続いてこちらもエウレカセブンAOから。
交響詩篇が好きな私としてはその長きに渡る世界の終りが悲しく、その終焉が近づいているのだなぁということを感じさせる音楽という位置づけとなっていました。そのことから、私もエウレカセブンAOはあくまで前作の延長戦であるのだと感じていたのだなぁ……と感じ。そう思ったらば悲しい見方をしていたのだと気づきましたが、それはともかくとしてこの歌もいいものでした。
『夏目友人帳 肆』の『たからもの』もポイント高いですが、映像におけるポロリ込みでこちらに軍配┌(┌^o^)ノ



とことで、評価(?)は以上になります。
今年は見た作品がまた一段と少なくなっていたので、そこまで迷わなかった感がします(´・ω・`)
キャラに関しては、アニメとは別の媒体で触れていた人物の方が印象深いので個人的にはそちらをプッシュしたいのですが、それはまた別の機会で。ま、生き別れだった弟が先日某所でプッシュしていたのでもう満足ですけど┌(┌^o^)┐

"2012年アニメアウォーズ!"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: