とある科学の超電磁砲S 07話『お姉さまの力になりたいですの』

同時多発テロ。
美琴のそれは途中で気づかれたものの、これで7割方は潰すことはできたはず。あとは自分の身で回って潰そうと、今宵も彼女は外に。
黒子はまたも一人部屋でお留守番。



夕方に美琴は部屋に戻っていた。
昨晩でまた一つの施設を潰しはしたものの、美琴の疲労もかなり溜まっていた。黒子が安心堂の水饅頭を出しても、それを食すことなく美琴はまたお出かけ。大変なことを抱えているのは一目瞭然なのに、頼ってくれないことを黒子は嘆く……


安心堂の水饅頭は風紀委員の方に持ち込まれていた。
レアものだけに喜ぶ涙子だが、昨日美琴のために買っていくと黒子が言っていたことを思い出す。それに対する黒子の反応から、美琴との間に何かがあるのは明らかなのだが、触れない。

みんなで安心堂の水饅頭を食べながら、また新たな事件について話をする。
最近あちこちの研究施設で原因不明の火災が起こっている、と。そしてまた、今この場でも飾利の分の水饅頭がなくなるという事件が発生していた。……犯人は明白なのだが。

前者の事件に気になる点を感じた黒子はパトロールのため外に出る。
その途中、素敵な先輩後輩関係の女生徒を見かけ、羨まし寂し……

パトロールを続けていると、路地裏で3人の子供を見つける。マネーカードを見つけた様子のその子らによると、マネーカードのシリアルナンバーに同じ数字が並んでいるカードを持っていると幸せになれるだとか。
幸運のカード、というそれは都市伝説の一つだろう。
黒子は子供たちを寮に帰す。そのうちの一人はしばらく路地裏を見つめ何か思うことがある様子であったが……



夕方。
黒子は飾利と涙子に昼間の話をする。
もし幸運のカードが本当にあったとしたら黒子は何を願うか。黒子にも何か願いたいことがあるようだが……非科学的なことだと言ってはぐらかす。



研究施設。
昨晩破壊された施設は何者かによって直接的に破壊されたものだということがトップに報告される。
その詳しい状況データが報告されることで、犯人の目星はついたようだった。しかし彼らにはその能力者に対抗する力はない。無論、その術はあるようだが。



黒子が部屋に戻ると、美琴が無防備な姿で眠っていた。あら素敵とも思うところであったが、じっくり見たらば美琴は苦悶の表情を浮かべており、やはり何か重要な案件を抱えているようだった。
だから黒子は添い寝はせず、そっと布団をかけてやる。
黒子が願うこと。それは単純。

「お姉さまの力になりたいですの」




朝。
部屋に美琴の姿はない。
でも凹んでいたって何にもならないから、黒子は気合を入れ直す。


お外。
昨日カード探しをしていた子供の一人を見かけ、黒子はその子と話をする。
どうやら、その子はお友達に幸運のカードをプレゼントしようと考えているようだった。相手の子はお引越しで離れ離れになってしまう。だからこそ、どうしてもプレゼントしたいと強く思っていたようだ。
大切な友達への想いというものは、黒子も充分に理解できた。だから優しく接してあげる……。
とそんなところで、幸運のカードを嗅ぎ付けた涙子とそれを止めんとする飾利がやってくる。

とことで、飾利の嗅覚を利用して幸運のカード探しをすることに。
それに倣って子供もクンクン。妙な画だ┌(┌^o^)┐

そんなところで美偉もやってきて事情説明。風紀委員としては落し物を与えるという対応はしかねるが……そこで美偉はいいことを思いついたよう。

アナログチック。ベタ最高。
とことで、幸運のカードではなく、四葉のクローバーを探すことにシフト。
……え、そんなんでええのんか?┌(┌^o^)┐

まあいいや。
いろいろあって、黒子は四葉のクローバーを発見。それと同時に、子供も大量のそれを発見。めでたしめでたし┌(┌^o^)┐



夜。
またお出かけの様子の美琴に対し、黒子は笑顔で送り出すことにする。

「黒子。……ありがとね」
どういたしまして┌(┌^o^)┐

黒子のハンカチの中には四葉のクローバー。
今回もまた、美琴の帰りを待つ……



今宵は三ヶ所を破壊した美琴。
これで残るは二ヶ所。さてどうなるか……


幸せを呼ぶ 四葉のフライパン グリーン KS-2808
杉山金属

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幸せを呼ぶ 四葉のフライパン グリーン KS-2808 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"とある科学の超電磁砲S 07話『お姉さまの力になりたいですの』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: