Wake Up, Girls! 11話『アイドル狂詩曲(ラプソディー)』

極上スマイルがI-1の曲になったということで、丹下社長も夏夜も喧嘩腰。そんなところで事務所に早坂がやってくる。
彼によると、極上スマイルよりいい曲が浮かんだためI-1にあげただけだという。
予選突破もしたことで、早坂はメガ本気、テラ本気となる。
トップアイドルは一日あれば曲も覚えるし振りも入る。そこに仲間入りするためにも、急遽用意されることとなった新曲を仕上げねばなるまい。
佳乃をセンターに指名し、早坂は去っていく。


体力持久力を付けるなどの基本に立ち返り、レッスンを続ける。


I-1は極上スマイルのレッスンを重ねる。
この曲が元はWUGのものだと知りつつ、だからこそ曲を取り上げられたのかなと笑うメンバーもいたが、志保は違った。逆なのだと認識しており、慢心は一縷もなかった。


ワグナーはいい席のチケットをゲット。
そこで迷惑をかけぬようと盛り上がる彼らだが、今現在店に迷惑をかけているという┌(┌❀◍´╹ω╹`◍)┐



最後のレッスン。
それを見た早坂の評価は、歌2点、ダンス3点、チームワーク3点、体力4点。トータル12点であった。
しかしそれは5点満点であったため、ギリギリの合格。ちなみに4点は生まれて初めて出したという。
ただ、実際のところ点数ではない。お客さん全員をどれだけ楽しめさせられるか、だ。
どんなにやっても100点なんて存在しない。蜃気楼のような難点を追い求めるのがアイドル。本当に認めてもらうべきはお客さんなのだから……。



東京へ向かう当日。
一人だけ夜逃げかという大荷物の未夕はともかくとして、無事全員集まって東京へ。

佳乃はプレッシャーを感じていた。
MACANA100個分の会場を前にしてますます緊張感が高まる。
そんなところでリハのためにI-1がやってくる。ステージを空けようとしたところで佳乃がコードに足をかけてしまって転び、そんなところでI-1と相対する。


I-1のリハも終わり、本番まであと僅か。
佳乃は先ほど転んでから、足首に違和を感じていた…┌(┌❀◍´╹ω╹`◍)┐


極上スマイル[CD+DVD]
エイベックス・エンタテインメント
2014-04-23
I-1 club

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 極上スマイル[CD+DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"Wake Up, Girls! 11話『アイドル狂詩曲(ラプソディー)』"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: