今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 其の参

続きです。 ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。 キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。 画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。 演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。…

続きを読む

生徒会役員共 #13『生徒会役員共! 乙!』

「この件は津田に確認をとらないといけないな」 シノは現在の時刻を確認する。 11時過ぎ。この時間での電話は迷惑かもしれない。入浴中か就寝しているか…… 「いや、それどころか、今まさに絶頂の瞬間を迎えているかも!」 ―――――― 「と思ったら、結局昨晩連絡できなかった~っへへっ」 「なんて迷惑な気遣い」 とんだありがた迷惑ですね。 地震発生。シノとスズは慌てて机…

続きを読む

生徒会役員共 #12

大晦日。 タカトシの来年の目標は…… 「Noと言える日本人になること」 それに対し、コトミの来年の目標は…… 「私は一日一エロ。ちなみに今は十エロくらいね」 「思春期すぎんだろ」 年の最後までらしく過ごし、除夜の鐘が鳴り響く…… 新年。 生徒会役員4人が集まり、正月の恒例行事を始めんとする。 「姫始め?」 「初詣でに行くんだろ」 #12-A『一般的な恥じ…

続きを読む

生徒会役員共 #11 後半

もうすぐクリスマス。 そのパーティーにアリアから誘われたタカトシ。それをコトミに話すと…… 「その辺は近いから生理用品忘れないようにしなくちゃ!」 「ついてくる気満々ですね」 抜かりがないですね。 #11-C『サンタさんの性癖』 アリアの別荘に到着する。 それは何とも素晴らしい建物だった。 「立派だわ」 「萩村! その位置でそのセリフはダメだ!」 言わなきゃ何も問…

続きを読む

生徒会役員共 #11 前半

受験に向け、勉強をするコトミ。 しかし気分が乗らないとことで、タカトシのもとに行き、勉強を見てもらうよう頼む。 「やっぱり人に見られてないと気が乗らないっていうか……人に見られてる方が興奮するっていうか」 「え。ごめん。何の話?」 勉強勉強! #11-A『それは津田君の使用済みティッシュ』 タカトシと同じく桜才を受験しようと考えているコトミ。 桜才の試験には面接もあるとこと…

続きを読む

生徒会役員共 #10 後半

来週はいよいよ文化祭。 秋の一大イベントとことで、アリアの胸もぽよんと踊る。 「踊らすな!」 #10-C『私でよければ付き合うが』 柔道部は文化祭で招待試合をおこなうという。 「異種格闘技です! 盛り上げて部員増!」 「……無事帰ってこいよ……!」 切実に願う……! アリアは演劇部の先輩から劇を手伝うよう頼まれたとことで、タカトシはその練習を手伝うことに。 …

続きを読む

生徒会役員共 #10 前半

「痒い」 「背中ですか? 俺がかいてあげますよ」 「いや、アノ日なんだ」 「なんてゆーかもうホントすみませんでした」 訊く前に予想しておくべきでしたね。 #10-A『メイドは見た! お嬢様の淫らな(略)』 体育祭のせいで筋肉痛になったタカトシだが、スズは平気なよう。 「鍛えてるもの。普段からつま先立ちで歩いてるから」 「気付かんかった…!」 気付いてあげたかった…! …

続きを読む

生徒会役員共 #09

10月でもまだ暑いが衣替え。 しかし、コトミは間違えて夏服を着ていた。 「イヤだなぁわざとだよぉ! キャラも衣替えしたんだよぉ! ドジっ子にね☆」 『今日も愉快な妹だった』 とっても素敵ね。 綺麗好きなアリアは生徒会室を綺麗にする。 素敵なことだが、度が過ぎると潔癖症と言われるから気をつけねばならぬとこ。 「確かに、人間だらしない部分があってもいいかもしれないな」 …

続きを読む

生徒会役員共 #08

共学化して初めての体育祭とことで、何か新しい試みができないかと生徒会で話し合う。 シノとアリア二人で会話させては埒があかないとことで、スズはタカトシに話を振る。 「そうなると競技ですよね。リレー……借り物競走……玉入れ……」 「君は何を言っているんだ?」 「え。知りません? 玉入れ」 「入れるのはサオだろ」 あんたが何言ってんだ。 気を取り直して、去年おこなわれた競技名を書…

続きを読む

生徒会役員共 #07

学校前に6時集合。 引率兼ドライバーのナルコも含め全員揃ったとことでいざ出発。 無事海水浴場に到着したところで、皆は水着に着替える。 今回はちゃんとカバンの中に入っていたことに安心するアリア。 「これつけたままじゃ海に沈んじゃうものね。水着も着れないし」 「何の話だ?」 解錠。 #7-A『だんだん大きくなってくわ』 着替えを終えた女性陣。 「シノちゃん。赤い水着…

続きを読む

生徒会役員共 #06

初主演映画「三姉妹妖憚」公開記念企画 トリプルブッキングの恐怖探訪 怖いその番組にて、幽霊っぽい何かが見られたところでチャンネルは変えられる。 みんな泣いた! 懐かしアニメ大集合! ここは萩村家。そして、チャンネルを変えたのはスズ。 母親は戻そうとするも、スズはそれに抵抗する。 拮抗する力。それはまさにテレビで繰り広げられる正義と悪の戦いのよう。 生徒会室…

続きを読む

生徒会役員共 #05

朝。 タカトシが挨拶をかわすシノとアリアは珍しくもまとも。 生徒会。 そこで話し合われることもいたってまともなこと。調子が狂うタカトシは、変ではないかと指摘。 「会長や七条先輩が下ネタ言わないなんておかしいじゃないですかぁ!!」 タカトシの言うことはごもっとも。まあそもそも生徒会長が下ネタ言うのがおかしいわけだが、それはこの際目を瞑るとして…… 「津田君。それは新手のセク…

続きを読む

生徒会役員共 #04

修学旅行が終わり、シノは恥じらいながらタカトシにお土産を渡そうとする。 異性にものを贈るのは初めてとのことだが、タカトシは気を遣わなくても心がこもっていればいいと優しく言ってシノを安心させる。 「そうか。ではこの、舞妓のおしろいは白濁液という小説を」 「悪意がこもってますね」 善意をこめましょう。 後日。 シノはお土産を渡した者に感想を訊いてまわっていた。その様子を目撃し…

続きを読む

生徒会役員共 #03

京都に到着。 京都といえば、金閣寺、二条城、嵐山etc その中でも外せないのが大人の遊びだとシノは言う。それに対し、アリアは野球拳もオススメだと言う。 誰かツッコミ役をやってくれw #3-A『我ながら見事な包み具合だ』 旅館に到着したところで、アリアは荷物の中からあるものを探す。 その頃、桜才学園では…… スズがアリアから預かった鍵で生徒会室の扉を開けようとするも、鍵穴…

続きを読む

生徒会役員共 #02

タカトシが生徒会に入って一月。 友人に後押しされ、一人の女生徒がタカトシの前に歩み出る。 「津田君! いや、タカトシ君!」 「何で言い直したの」 それに触れてやりなさんな。 その女生徒は、勇気を振り絞ってタカトシに言う。 「私、作りたいの!」 #2-A『時に君はSかМか』 何を作りたいのかと言うと…… 「柔道部を!」 それを何故タカトシに言うかというと…

続きを読む

生徒会役員共 #01

#1-A『桜の木の下で』 女性ばかりが通う桜才学園へ、数少ない男子生徒である津田タカトシは通う。 辺りを見回せば女生徒ばかり。しかしそれも仕方ないこと。去年までは女子高だったのだから。 とことで、男子生徒というだけで新入生とわかるタカトシは、登校早々ネクタイをちゃんと締めるよう、生徒会長の天草シノに注意される。 タカトシはネクタイを直されるも、それはすぐに戻せれるのだからやっても…

続きを読む