バカとテストと召喚獣 07問『俺と翔子と如月グランドパーク』後半

後半。 こぼれるから横にしないでという忠告のもと、秀吉は翔子から荷物を預かる。 そしていざおばけ屋敷へ。 廃病院を改造したおばけ屋敷。 なかなかにいい雰囲気を醸し出しているそこに、声が聞こえてくる。 合成か、秀吉のモノマネか。どちらにしろ怖くないと言う雄二だが…… 『姫路、の方が、翔子、よりも好みだな。胸も大きいし』 「雄二。……本当?」 これはなんと恐ろしい…

続きを読む

バカとテストと召喚獣 07問『俺と翔子と如月グランドパーク』前半

とある朝。 雄二が目覚めると、傍には翔子。 とっても素敵な同棲生活。雄二は翔子に携帯をとってもらい、そして電話をかける。 「もしもし警察ですか。不法侵入です」 わかってはいたけどねwwwwwww 翔子はそんな雄二に、とある本を提示しそれが何かを問い詰める。 『エロネタ特選街』 「雄二の机の三番目の引き出しの二重底の下に、参考書の表紙を被せて隠してあった」…

続きを読む

バカとテストと召喚獣 06問『僕とプールと水着の楽園――と、』

夏。 明久の家でシャワーを浴びようとする雄二に、明久は一言。 「今ガス止められてるから水しか出ない」 「先に言えやコラ!!」 とことで、手遅れだったもよう。 ガスは止められてるし食べるものはないし、どうやって生きてるのか不思議なところである明久。サラダ油と砂糖で凌いでいるようすだが、少しはバイトでもしようとは思わないのかな…… 食べ物を買ってきた雄二は、明久の分も買ってき…

続きを読む

バカとテストと召喚獣 05問『地図と宝とストライカーシグマⅤ』

初っ端から頭を悩ませるは学園長。 その学園長の提案により、文月学園主催 豪華賞品争奪 オリエンテーリング大会が開催されることに。 朝。 久しぶりにリッチな朝食にありつけることになった明久。見た目の量は満足できるものだろうが、パン粉はキツイだろうに。 そんな明久が登校していると、狐のフィーというマスコットストラップが落ちているのを発見。 落とした子が拾いにくるかもとことで…

続きを読む

バカとテストと召喚獣 04問『愛とスパイスとお弁当』

日曜日ながらも補習のあるFクラス。辛いものだ。 そんなF組へ翔子がやってくる。Aクラスは補習なんてないが、翔子は一人で自習していたという。 「雄二がいるなら日曜日でも来る」 それだけならまだ良かったが。 「雄二がいないなら平日でも来ない」 問題ありだ。 昼食。 明久の弁当はカップ麺。1/67だと言うが、本当は1/64。まあそんなことなんかどうでもいいんだ…

続きを読む

バカとテストと召喚獣 03問『食費とデートとスタンガン』

試験召喚戦争に負けた者の末路として、明久は予想外の出費を強いられることに。 瑞希、美波と共に行く映画館はそれほどまでに恐ろしいもの。 明久は無駄に金を使いたくなかったため、瑞希と美波二人で映画を見るように言う。が、それじゃあ意味がないんだよな。 明久も大変なとこだが、雄二の方が大変なところ。手錠をかけられた雄二は『地獄の黙示録』を見させられようとしていた。しかも三時間半のそれを二回………

続きを読む

バカとテストと召喚獣 02問『ユリとバラと保健体育』

大化の改新はいつ起きたものか。そう問う一人の少女。 問われた少年は、“無事故”という覚え方を教える。つまり625年のできごとだと…… 瑞希は雄二に訊きたいことがあると話を持ちかける。 それを見逃さない一人の女生徒の影が。 Eクラスに勝ったもののFクラスの設備はそのまま。雄二の意図は未だわからず。 ただ設備はそのままだが、瞬間接着剤は良いものとなり卓袱台の修理は万全。明久…

続きを読む

バカとテストと召喚獣 01問『バカとクラスと召喚戦争』

いきなり説明ナレから開始。 ちょいと急な感がするが…… まずはクラス振り分け試験。 吉井明久が自信満々に試験を受けていたところで、同じ教室で試験を受けていた姫路瑞希が高熱で倒れてしまう。 クラス振り分けという大事な試験だが、途中退席で無得点になるとは、なかなかにシビアなこった。 後日。 振り分け試験の結果が通達される。 鉄人こと西村先生は、明久のことをバカな…

続きを読む