11eyes 12話『闇夜の暁 ~a sotet hajnal』

前回で全てが終わりかと思いきや、それは全て駆が見た未来。 どれだけ先まで見据えていたのかというところだ。 駆は皆を助けるため、自らが犠牲になるという選択肢を選ぶ―――― そこで駆の記憶遡行。 駆の傍には常にゆかがいた。菊理が亡くなって悲しむ駆の傍にももちろん。 そんな過去の記憶から戻ると、駆は無事。 ゆかの能力で雷切は消えたためだと。 一難は去っ…

続きを読む

11eyes 11話『滅亡という選択 ~valogatott -hoz kialvas』

ゆかの手助けにより復活してもうたリーゼロッテ。 助けてくれたゆかからも虚無の欠片を手に入れ、さらに力を得る。 ゆかは何がしたかったわからぬまま退場。死ぬことで駆の心を自分に惹きつけることが目的だったやもしれぬが、ぶっちゃけどうだかわからんw リーゼロッテにこれ以上力を与えぬため、アワリティアは駆と美鈴を別空間へと飛ばす。栞はそれを一人それを防ぐ。それは禁書目録聖省として…

続きを読む

11eyes 10話『魔女覚醒 ~bukott angyal』

賢久を殺してしまったことに苦しむ雪子。 菊理がその看病をする。 駆は栞から黒騎士が正義だと聞く。見た目等を抜きにしても到底そうは思えないが。 そして一番の悪はリゼットとな。彼女の目的は七つの欠片を集めること。そのために駆たちは赤い世界へ呼びこまれたのだと。 リゼットは本来の姿ではない。本当の名はリーゼロッテ。 世界の滅びが目的とは、わかりやすいんだが何だか…… 七…

続きを読む

11eyes 09話『壊れた絆 ~torott kotes』

彩子の惨い姿を目の当たりにした賢久は怒りの炎に燃える。 結束力が大事だというそんな今になってこの事態は重大。 怒りに我を忘れた賢久は、スペルビアを殺そうと暴走し、建物も破壊していく。 栞は駆を試していたとな。 悪魔を目覚めさせたのは駆。それと同様に、倒せるのも駆だけなのだからと。 そんなところで、赤い夜でないがスペルビアが現れる。 そもそも赤い夜でなければ現れないとい…

続きを読む

11eyes 08話『逢魔が時 ~felhomaly ov』

互いに互いを守ろうとする駆とゆか。 仲が良くて結構さ。だが周りを巻き込んでほしくないとこよな。 赤い夜が訪れれば、自らを守るために戦う。終わりがあるのかわからないその連続に、不安や焦りを覚える美鈴たちだがそれは当然のことだろう。 今仲間として戦っている者たちもなかなかに正体不明な者。過去の記憶がないという菊理も怪しいものだし。 屋敷のまわりに結界を張ってあるという美鈴…

続きを読む

11eyes 07話『歪んだ覚醒 ~kanyargos ebredes』

ゆか曰く、私の駆くん。 それが変わっていってしまうことを拒むが、そもそも前提がおかしくないか? ま、いいや。 無残な姿に変わった保健室だが、そこにゆかの姿はない。 というよりこのようにしたのはゆかの力ではないかと疑ってしまう…… あまり遠くには行っていないだろうということで、探しに行くことに。 駆と賢久は消耗が激しいということで学校内を捜索。他は周辺を。 「友と明日…

続きを読む

11eyes 06話『心乱れて ~szibtep fajdalom』

能力のことをよくわからないまま使用したことによる駆。 生きているのが不思議なほどの状態になるとは、やはり特殊な能力だけあってその代償も大きいということか。というよりもロロ雑巾のような欠陥品なんだろうか。 そんな駆は病院にいっても治療のしようがない。とことで、美鈴が治すということに。 ゆかには祈ることしかできず、さぞもどかしいことだろう。 ゆかにも力があるはず。だからこそ、能力が目…

続きを読む

11eyes 05話『友と明日のために ~baratoknak, holnapra』

ゆかを守るための鍛錬をする駆のところへ、香央里が駆け付ける。 慌ててたから何事かと思いきや、ゆかが貧血で倒れたんだと。か弱いな、ヲイ。 ただ心配なのはゆかより駆。 思いが強すぎるために考えすぎやがってこの野郎…… 二人の仲は良くて結構。 いや、全然結構じゃねぇ。 ゆかが寝ている隣のベッドからは賢久が出てくる。 そしてそのまま保健室を出て、図ったかのように廊下…

続きを読む

11eyes 04話「仮面の微笑 ~a doboz mogott maszk』

赤い夜では賢久もパイロキネシスの能力を駆使して戦っていた。が、その事実を発覚させるのにあっさりしすぎやしないか? 現実に戻り、時間が動き出す。 ボロボロになった賢久に、凡人は奇異な目で見る。赤い夜を知らない奴らは呑気なものだ。 『汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ』 とことで、雪子が部長を務める考現学部。駆たちはそこに入ることとなった。 赤い夜メンバーの集まる…

続きを読む

11eyes 03話『孤独な誇り ~egyedulallo buszkeseg』

赤い夜の不気味さは、黒い月として現実世界にも顕現する。恐ろしや。 悪魔を目覚めさせたのはあなたです。 その言葉を気にする駆は、悪魔=リゼットと考え出す。 リゼットが悪魔? Why? そんなこんなで頭を悩ませる駆だが、現実では喋るゴミのおかげで教室は賑やか。 その明るさが届かぬくらい駆は悩むか。 駆は美鈴に、自分の中に眠っていると思しき特殊能力を目覚めさせるため、戦い…

続きを読む

11eyes 02話『水晶の少女 ~egy lany -ban kristaly』

化け物に囲まれた駆とゆかであったが、そこに助けの手が。 助かってしまったか駆め…… そんな光景を見る2つの異質な存在。 そして高くそびえるいくつかの塔に、水晶の少女。 謎多し。 駆たちはいったん逃げ、落ち着いたところで助けてくれた者の正体判明。 同じ虹校の先輩、草壁美鈴だと。 この世界は美鈴にもわからないもの。 確かなのは、この世界は意図的に作られたもので…

続きを読む

11eyes 01話『赤い夜~Piros ejszaka』

初っ端の赤が何とも不気味さを感じさせる。そんな始まり。 主人公の皐月駆は、学校の屋上で一人つまらなそう。そんな駆に声をかけるのは水奈瀬ゆか。 7年前に駆の姉が自ら命を断ったことで、心を閉ざしてしまったという駆。同じ施設出身のゆかだけは、微笑みかけてくれていたため、駆は今がある。大きな存在だ。 駆はとりあえず普通の生活を送れているか。とはいっても、他に仲が良いのは照屋匡と…

続きを読む