今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?12 其の弐

続きです。 評価項目。(各5点満点) ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。 キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。 画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。 演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 25話『僕たちのアプリボワゼ』

ザメク復活。 とことで、タクト達の前に巨大なサイバディが現れる。 久しぶりに来たレイジングブルもビックリだ。 ケイト曰く、ザメクは壊れていたのではなく自分が封印していたのだという。 そして今その封印が解かれた。 「アプリボワゼ。 ザメク!!」 スガタはザメクへと乗りこむ。 ワコはそんなスガタを追おうとするが、あまりに危険である。とことで、タウバーンが彼女を確保する。…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 24話『ひが日死の巫女』

タクトとスガタはいつものように朝稽古後に登校してくる。 タクトは自席につくなり素敵な笑顔でケイトに話しかける。それはワコにとって非常に気になることだろう。 ケイトの様子からは、彼女に何かいいことがあったのであろうことが窺える。 「さあ……どうかしらね」 ケイトは意味深な言葉を残すのみ。そんな彼女を、カナコは後ろの席からじっと見つめる…… タクトとスガタはヒロシと…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 23話『エンペラー』

日曜の朝でも稽古はおこなわれる。 「人を好きになるって……何なんだろうな」 眠そうなタクトとは裏腹に、スガタは一人語り始める。 思い出すのはケイトのこと。 「抱きたいとか……支配したいとか、結局はそういうことじゃないのかな」 これは新手の精神攻撃というわけではない。スガタの純粋な考え。 スガタはこれまでうやむやになっていた賭け試合の話を再び持ち出す。ワコとの婚約を白紙…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 22話『神話前夜』後半

後半。 コルムナの前に魔女が現れる。 彼女はその短いスカートを際どい所まであげてセクスィーな見せ場を用意していた。男を誘惑するとはなんという恐ろしき魔女か……! この船を引き渡してもらうために現れた魔女。彼女は、この星で一番大きな魔力を持ったこの船が動くのを7000年も待っていたのだという。その瞬間を逃すわけにはいかない。魔女はコルムナの動きを魔法で止め、当初彼に掲げた条件を思い出…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 22話『神話前夜』前半

少女が歌う。その歌声は実に綺麗だ…… その近くで、少年マルクは謎の女性に出会う。その身なり、その髪の色はこの辺りで見かけない姿。もしかしたら夜になると大海原で暴れるというイカ大王の化身だろうかとマルクは予想する。 マルクのその予想を華麗にスルーし、女性は遥か遠いところからマルクに会いに来たのだと言う。 「ねえマルク。君は今恋をしてるだろ?」 虚を衝かれたというわけではないだろ…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 21話『リビドーなお年頃』

コフライトとの再戦。 しかしながら、ニードルスターとタクトとの差は短期間では埋まっていない。 タウバーンはまたもタウ・ミサイルで決着をつけ、ニードルスターと勝利を同時に手中にする。 サイバディは何度も復元できる。もちろんそれにはドライバーのリスクも伴うわけだが、ニードルスターたちにとってはそんなこと関係ない。そういった意味では、何度タウバーンに負けようがそのこと自体は問題ないか…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 20話『描かれたあの日の虹』

カタシロ・リョウスケが見つける先。そこには綺麗な虹が架かっていた。 久しぶりに見るはずのそれだが、彼はいつも見ていた。描かれたあの日の虹を…… コフライトの復元は完璧。やられたばかりだというのにこうなっては、タクトもたまったものじゃないだろう。 しかし、ヘーゲントの復元はまだ完了していないという。それはプロフェッサー・シルバーが開発しているシステムの実証実験に協力しているた…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 19話『三人の日曜日』

ワコは歌いながら早朝に登校する。 教室一番乗りかと思いきや、そこには既にルリがいて先輩と熱いガラス越しのキスをしていた。 先週の誕生日に貰ったというラケットを抱き、ルリは幸せそう。 「順調ですな」 「まだガラス越しのキスで遊んでるくらいよ」 しかし、ベテランの目は誤魔化せない。 「ガラス越しにしているだけじゃ、こんないけないキスマークはつかなくてよ?」 人妻女子高生…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 18話『ケイトの朝と夜』

心地よい日差しを浴びながら、ケイトは校舎の上で歌う…… 南十字学園高等部学生寮。 そこでバーベキューパーティーが催されようとしていた。 しかし、集まったのはタクトとベニオとテツヤの3人のみw 皆は実家に戻ってしまっているようだが…… 「せっかくの南の島なのに、夏休みこそここで過ごさないと、もったいないじゃないですか」 タクトの言うことはごもっとも。 数日間帰ることが…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 17話『バニシングエージ』

ヘッドことミヤビ・レイジはとある病人の傍らに立つ。 目覚めが近いというその者の正体はいったい……? 皆水の巫女、アゲマキ・ワコ。 ザメクのドライバー、シンドウ・スガタ。 タウバーンのドライバー、ツナシ・タクト。 彼らはサイバディの存在の秘匿を守っている。しかし、機密保持はもはや無意味だと、ある男は言う。ほどなくサイバディの存在は全世界が知ることになるのだから。 その一方で…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 16話『タクトのシルシ』後半

タクトはミズノのもとに駆け付ける。 その前にヘッドが立ち、演説を始める。 「諸君! 我がスターソードが、日死の巫女の封印を破り、綺羅星十字団を第3フェーズに導いた。そして、今日という良き日に、タウバーンを破壊する」 その宣言は今はどうだっていい。 「タクト君……」 ミズノが目を覚まし、一安心なところだ。 「アプリボワゼ」 ヘッドの胸からレシュのシルシの光が放たれ…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 16話『タクトのシルシ』前半

ミズノは帰宅する。 出迎えるのはミズノのおばちゃんで、フジノが島に帰ってきているという話をする。 「会うわけないじゃん」 フジノのことなどたいして気にしていないことを伝えるべく、ミズノは無理矢理笑顔を作って返事する。 「これ、お母さんの住所。京都に住んでるって」 おばちゃんはフジノの住所が書かれている紙をミズノに差しだす。とは言っても、おばちゃんはミズノに強要したりはし…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 15話『封印の巫女』後半

夜。 「風邪気味だったんならしょうがないけど、休むんなら連絡くらいしなよ」 ミズノはベッドに寝込んでいた。 「心配した。巫女であることが誰かにバレたんじゃないかと思った」 そうでなくて安心したとこだろう。しかし、不安はいつまでも続く。 ミズノが日死の巫女であるという事実はいつまで隠していられるのか…… 「ずっとだよ。嘘をつき通せば、ホントになる」 嘘には真実を作…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 15話『封印の巫女』前半

タクトとミズノが対面した思い出の場所。そこにいたカースケのヒナたちは、いつの間にか姿を消していた。 それは大人になったための巣立ち。時の経過は寂しさを感じさせるものの、二人の思い出が色褪せないことも証明してくれる。 タクトのカッコイイ姿を思い出し、ミズノは頬を染めうっとりした表情を浮かべる。 実に魅力的な表情だ。 「タクト君のおかげだね」 「違う。君だよ」 ヒナが巣立…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 14話『アインゴットの眼』

『大丈夫だよ、ミズノ――――。 私は、あなたを守るために、ここにいるんだから』 いつものように、ミズノはバスの上で風を感じる。 バスが信号で止まると、その心地よい風は感じられなくなる。その代わりにというわけではないが、ミズノは目の前にある木へと飛び乗り、先ほどまでともに風を感じていたカラスとの対話を試みる。 その間に信号は赤から青に変わり、ミズノを放置したまま彼女の靴だけを運んでい…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 13話『恋する紅い剣』

シンドウ家の休日の朝食。 「タクト君、最近終末はよくここに泊まってるよね?」 そう言うワコも、休日は毎度朝早くここに訪ねてきている。 誤解されていたら嫌とことで、ワコは宣言。 「私は、朝ごはんが目当てでいつも来てるわけじゃないんだからねっ!」 「僕だってそうだよ。ただ、スガタが寂しいんじゃないかって思って、遊びに来てやってるんだ」 どうやらワコもタクトも朝ごはんが目当…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 12話『ガラス越しのキス』

ガラス越しのキス。 それにケイトは最近注意しなくなった。 「穴のあいたバケツに水を汲むのは、無意味だから」 It's a cool. カナコは欠陥品とことですかw 授業中。 「ねえタクト君」 キタ━*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*━ !!!!! 「私たち、まだ一度もしてないわね。私ガラス越しのキスを、入学…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 11話『サイバディの私的活用術』

事故。 救急車のサイレンの音が聞こえる―――― シモーヌは目覚める。 『何か、嫌な夢で目覚めた……』 船上。 シモーヌはカナコに朝の挨拶をする。その裏で、彼女は考えていた。 『この女はどんなに夜更かししても、いつも必ず私より先に起きていて、既に仕事を始めている』 それでいて美容を保っているのだからたいしたものだろう。 学園。 その授業…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 10話『そしてマリノの初恋』

ミニマムでプリチーな双子が手を繋ぐ。 『ミズノが教えてくれた魔法の呪文が……私を、私にしてくれたの』 球技大会が開催される。 1年生は野球トーナメント戦。 一組イチゴスターズ vs 二組ニンジンファイターズ。 早速その試合がプレイボール。 1回表 ニンジンファイターズの攻撃 イチゴスターズのピッチャーはタクト。幸先良く、相手の先頭打者を三振に切って取る。…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 09話『そんなミズノの初恋』

タクトとスガタ。 朝から男二人で温泉に入り、贅沢な時間を過ごす。 もうすっかり仲直りして深い仲になっているようで、何よりなところか。 坊ちゃんのお背中を流すかどうか、ジャガーとタイガーはすりガラス越しでスガタに問う。 「いや、今日はいい」 今日“は”。つまりいつもは……w スガタの生まれの不幸は、その全てが不幸というわけではないだろう。いつも不幸だと嘆いているツンツン頭の…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 08話『いつだって流星のように』

「サムは少女を殺した」 サカナちゃんの口から衝撃的事実が告げられる。 「眩い銀河の世界に旅立つために、少女の赤い血を船のエンジンに注いだ。結局サムが恋したのは、少女ではなく、銀河の世界への憧れだった。恋する少女は最初から、憧れの旅路を飾る花でしかなかったのだ」 サムは銀河の世界へ旅立つ。未知の世界を知った彼は、間もなく気付く。 「あれほど憧れた銀河の世界。だが、それらの星…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 07話『遠い世界』

一夜明け、ワコとスガタは学園を休む。 それが何故か、その理由をタクトはよく知っている。だから授業中に集中力を欠いてしまうのは無理もないだろう…… 綺羅星十字団総会。 昨夜、王の柱が空を貫いたことについて、話し合いがおこなわれる。 スガタがザメクとアプリボワゼした責任は、ブーゲンビリアに向けられる。 今一番大事なのはスガタの状態。彼を敵にするのは厄介とことで、状態を確認するた…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 06話『王の柱』

タクトは懐中時計を学園に持ってきていた。 特別な日であるためだというが、いったいどんな日なのか…… タクトは壊れた時計を今日中に直したいとことで、商店街に行くついでにワコが案内することに。スガタもというところであったが、彼はそれを断る。 空気を読んだのだろうか。だとしたらちょっと悲しいかも。 ともかく、これで決定。 「今日はデートだ!!」 えっ!? 一斉に反応するク…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 05話『マンドラゴラの花言葉』

芝居は格闘技だとことで、演劇部はストレッチをおこなう。 それをやるのは室外にて。もちろん理由はファンサービスw メインのメンバーに話しかけてくるのは、準部員のアオキ・ツバサ。なかなかの美少年なだけに、彼も表舞台に出てくればいいのに…… ただ、サイバディの秘密や綺羅星の秘密を知っているのは正規部員である6人だけとことで、彼が準部員のままであるのも仕方のないところか。 そんなところで…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 04話『ワコの歌声』

『今、世界には…………私たち二人きり』 その前日。 放課後。 タクトは演劇部に入部し、新入生歓迎会が催される。 ああ、それにしても副部長がプリチーだ……(*´Д`) 演劇部は人気があり敷居が高いという。そのため、多いのは裏方系の準部員とな。 ともかく、表舞台に出る部員としては、美少年二人が揃った。サリナはその二人に期待を寄せる。 「二人の魅力を最大限に活かした舞…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 03話『おとな銀行』

「ねぇタクト君。あなた、人妻女子高生ってどう思う?」 カナコはあろうことか授業中にそんなことを訊いてくる。 「イケてます」 いちいち応対してあげるタクトは実に銀河美少年だ。 カナコの夫はレオン・ワタナベ。グラン・トネール財団の総帥で、65歳だという。 その者とは別々に暮らしているというカナコ。 「まだ新妻の私が、毎晩一人きりのベッドで何を考えてるか、タクト君にはわ…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 02話『綺羅星十字団の挑戦』

新学期。 クラスの席もいよいよ決まる。 ルリとお隣で廊下側のワコ。スガタもその近くにいる。 それに対し、銀河美少年タクトは当然と言うべきか窓際。さすがは銀河美少年だ。 タクトと目が合い、ワコは視線を外す。二人の間で通ずる何かが感じられ、周りの者にとってはニヤニヤしてしまうところだろう。 ルリにからかわれてムキになるワコがこれまた可愛いね^^ 窓際のタクトの席は、素敵な海の…

続きを読む

STAR DRIVER 輝きのタクト 01話『銀河美少年』

綺麗な星々。 その下でアゲマキ・ワコは春の風を感じる。 シンドウ・スガタとともに素敵な一時を過ごしているようにも見えるが、何か事情があってか複雑な感じに。 そんなところで、ワコは知らない男の子の匂いを感じ取る。 海岸に倒れていた美少年。彼に人工呼吸と心臓マッサージをする―――― 美少年が目覚めたそこは、広い一室のベッド。 素敵な海の景色が臨むその部屋は、いかにも豪…

続きを読む