交響詩篇エウレカセブン 45話『ドント・ユー・ウォント・ミー?』

ray=out最新号の声は世に届いていた。 そしてリフボーダーは、自分たちにもできることがあるんじゃないかと思い始める…… ドミニクのもとに、ユルゲンスが訪れる。 ray=outを読んだ二人は、真実をその目で確かめてみることに。 これだけ頭が柔らかいとええな。 ユルゲンスは月光号と通信をとり接触を図る。 ユルゲンスと一度刃を交えた月光号。ケンゴウはそれだけで相手が信用…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 44話『イッツ・オール・イン・ザ・マインド』

アネモネのペットであるガリバー相手に本気になるドミニク。それは焦っているからこそか。 それにしてもこの生き物、どのくらいの重さがあるんだ? 思うようにワルサワに着陸できないことに憤りをぶつけるドミニク。 その思いを察してか、ユルゲンスは隙を突き着陸させる。 ホランドはボロボロ。 それでも行こうとする。 どうにかできないか……そう思ってしまうな。 デビルフィッ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 43話『ザ・サンシャイン・アンダーグラウンド』

惨状を悔やむドミニク。 その無惨な跡地に、一輪の花を見つける。 それをアネモネに届けるが、その花は偶然にもアネモネだった。 花言葉は“消える希望”。 偶然にしてもこれは悲しすぎる。 「私にすがらないで」 ドミニクは結局は突き放されてしまう…… レントンたちはゾーンの向こう側へ到着した。しかし何をすればいいのかわからない。 そんなエウレカへのレントンの口調は…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 42話『スターダンサー』

レントンとエウレカをゾーンの向こう側に送らせたくないため、デューイの攻撃も激しくなってきた。 結界が解け、攻撃の地響きが聞こえてくるようになったのは、その分の力を別のものに使うとサクヤが決意した証拠。 レントンとエウレカをゾーンの向こう側、真の約束の地へと誘うために。 軍の増兵により危機的状況に陥ろうというホランドたち。その状況を打破するため、ホランドは一つの決意をし、月光号に…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 41話『アクペリエンス・3』

花の蕾。 エウレカは、そこからサクヤの存在を感じていた。 レントンとエウレカは手を繋ぎニルヴァーシュから降りる。 メーテルとリンクは一緒に行くと言うが、モーリスはその二人の手をとる。そしてニルヴァーシュのもとに残らせる。 成長してるなぁ。 足止めをするホランドたち。 通信機が通じず、月光号とは連絡が取れない。 そして周りの様子からして、見えない壁の存在を感じる。…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 40話『コズミック・トリガー』

ついにラストのOP。 ここまできたか…… もうすぐヴォダラ宮に着く。そうなったらレントンに暇はなくなる。 ということで、ray=outの最終確認。人々に真実を伝えるために…… ヴォダラ宮前に着くと、あのおばちゃん、ティプトリーが待っていた。 ノルブがいることがばれるわけにはいかない。 ということで祭にまぎれることに。 祭を行っているのは聖人が生まれたから…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 39話『ジョイン・ザ・フューチャー』

ありえない。 そんな始まり。 サッカーをすることになったゲッコーステイト。 何故かといえば、それがノルブの示した道であるから。グレートウォールを突破するために必要なんだと。 乗り気でないメンバーであったが、レントンとホランドはやる気満々。 レントンはリフをやる前にサッカーで遊んでいたことがあると言う。テクニックはあるが…… エウレカはレントンにサッカーを教わろ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 38話『デイト・オブ・バース』

アドロックのことを知っていたのに、自分に話してくれなかった。 レントンはそんな思考が優先してしまったせいで、またエウレカを傷つけてしまう。 残されたレントンに話しかけるのはノルブ。エウレカとどうしたいのかを問う。 それからはいろんなことを意識し始めたレントン。 その挙動不審さはヒルダの誤解を招いてしまう。まあ誤解でもない気がするが。 ストナーは真実を大衆に知らせ…

続きを読む

被害報告

震度5強の地震を受けた我のプラモ&ROBOT魂の被害を報告します。 最初に言っておくと、深刻な被害を受けたものは(多分)皆無です。 ただ単純に、もとに戻すのが面倒だという考えでの被害報告となります。 まずエウレカ関係では、the ENDが被害を受けました。 棚から落ち首が取れてる状態で発見されました。その時はすでに意識がなく(もとからだけど)、呼吸もしていませんでした。(実際…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 37話『レイズ・ユア・ハンド』

ドクター・ベアとノルブの会談が始まる。 科学と宗教の融合の話ね。 この難しい話は、スカブコーラル知性体仮説に関連する。 大地は夢を見ている。それが現状であり、仮に大地が目覚めたときが危険ということになる。 これらはあくまで仮説の積み重ね。 しかし、それが仮説でとどまらない理由はあった。 それがスカブコーラル。 コンパクドライブはトラパーなどに影響を与える。そ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 36話『ファンタジア』

the ENDがニルヴァーシュと交戦していた情報がデューイに入る。 また争いのときがくるか…… ノルブは月光号でぐうたらな生活をしていた。 エウレカとレントンはニルヴァーシュの手入れ。ニルヴァーシュの傷を治すべきというレントンの言葉に、エウレカは自身のことを悩み始める。 悩むエウレカに声をかけるのはギジェット。 エウレカはメイクすることの大切さをそこで学ぶ。そしてそ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 35話『アストラル・アパッチ』

月光号とターミナス、ニルヴァーシュは正面突破を試みる。 作戦成功はコンビネーションにかかっている。 しかし今の彼らなら可能なこと。 デューイはこんな無謀な突破を試みる人物に心当たりがある。そしてノルブも。 作戦の中で苦しむのはレントンとエウレカ。 それは戦い方が二人のすべきものではないから。 しかしやむを得ないこともある。ここで相手を倒さなければ、また罪のない命が…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 34話『インナー・フライト』

三賢人はノルブについて話す。その中、コーダは一人不敵な笑みを浮かべる。 デューイと対面する、捕えられたノルブ。 そのノルブを助けようと、月光号では会議が開かれていた。ノルブの凄さは会えばわかるものとな。 話し合いが終わり、レントンは雑用をしようとするが、ホランドは話したいことがあるという。そしてムーンドギーに雑用を任せる。ドギーは自身の役割がないということにイライラ。それを理解…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 33話『パシフィック・ステイト』

リフとサーフィン。 その二つが似ているからこそ、世界の違いを実感できる。そんなところから始まった今回。 抗体コーラリアンが出現した跡地に生存者はいなかった。 しかしエウレカは必死に探す。それを止めるレントンに謝るエウレカがまた物悲しい。 月光号が遅かったのではなく、相手が速かった。そう言うケンゴウはさすがな存在。 タルホはホランドに何かを言いかけるがやめる。 …

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 32話『スタート・イット・アップ』

抗体コーラリアンの跡地は悲惨なもの。 活動時間1246秒で停止した抗体コーラリアン。その数字には大きな意味があるという。 ベルフォレストではボードが完成していた。 しかし周りには怪しい人影がいる。そう教えてくれた子供たちに、もう来るなと言うアクセル。それは子どもたちを思ってのこと。貴重な情報を教えてくれた子たちもグッジョブだ。 助かった人たちがいた。 月光号が救…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 31話『アニマル・アタック』

始まりはコーダ。 デューイの行動はやはり気になるところか。 月光号では変わったタルホが驚かれていた。珍獣扱いは変わった大きさを表すもの。 エウレカがコーラリアンであっても、レントンは接し方を変えない。 ちょっとおかしいけど、ホント純粋でいい子だ。 エウレカはレントンといることが好きだと言う。過去を忘れてしまいそうなくらいに。 でもその過去は忘れてはいけないこと。 …

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 30話『チェンジ・オブ・ライフ』

月光号のメンバーとして過ごすレントン。 知らないことを知り、エウレカを守る。それはレイとチャールズと交わした約束でもあるから。 レントンはホランドのもとを訪れる。するとそこにはタルホが。 ホランドは不器用。だからレントンの姉ダイアンを忘れられないでいた。 しかし、レントンはレントン。そして今のホランドを支えられるのはタルホだけ。それは確かなこと。 それにしてもレントンの…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 29話『キープ・オン・ムービン』

ベルフォレストに訪れたドミニク。 サーストンの秘密を探るか…… ドミニクはバイクを壊してしまったため、少女3人に修理してもらえる場所を案内してもらう。 そこはサーストン家。なんの因果か…… 月光号内。 レントンは、レイとチャールズのところで過ごした話をエウレカに聞かせてやる。 レイとチャールズの関係は理想なもの。 それを語りながら、レントンは不条理さを訴える…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 28話『メメントモリ』

レイが目を覚ますとそこにはチャールズが。 レイは子供を産めない体になっていた。 それでもチャールズは構わない。レイでなければ駄目だと。 二人の薬指には指輪が。 それが過去の話。 レイとチャールズの一件以来、引きこもるようになったレントンは、自らを責める。 レントンのしたことがどうであれ、悲劇的な運命は避けられなかっただろうな。 暴走したニルヴァーシュは、その…

続きを読む

ROBOT魂<SIDE LFO> ニルヴァーシュ type ZERO spec2

ROBOT魂 SIDE LFO ニルヴァーシュ type ZERO spec2デス。 今までのものと比べてとにかくパーツが多かったね。 それは変型とかさせてみるとわかるんだが、変型時の差し替えがけっこう多いのね。 そこらはマイナスポイントになるのかもだけど、その分各形態のクオリティが高いと思う。 個人的には満足^^ 高速飛行形態。 劇場版の、交響詩篇エウレカセ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 27話『ヘルタースケルター』

レントンは家出等の罰として禁固刑に。そんな酷いものじゃないけど。 そこにはエウレカや子供たちも一緒。 そんなレントンのところへドギーが防弾チョッキや武器などを持ってくる。嫌な状況だ。 だがその中で、タルホはレントンたちを守る決意をする。 レントンの家出は、タルホたちも強くした。と思うよ。 レイとチャールズが月光号に迫る。 己をギリギリまで追い詰めることで力を発揮する。…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい

劇場版。 限定版を買ったのだが、特典がけっこう立派なものだった。 まあそれなりに高いんだけど、良かったよ。おススメ。 そして本編。 TV版とは別物なのだが、ある意味うまく利用した形になってた気がする。“ホランド”とかね。 以降はメモ程度に軽く振り返っていっている。まあネタバレなんでそこらはよろし。 物語の始まりはレントンとエウレカの子供時代。幼生ニルヴァーシュ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 26話『モーニング・グローリー』

軍が迫る中、月光号のエウレカは憂鬱でいた。 想うのはレントン。それはギジェットへの問いからももはや明確なこと。 エウレカはレントンのところへ行こうと無理矢理ニルヴァーシュを動かそうとするが、うまくいかない。 何も知らされていない子供たちもレントンが戻ってくるか心配になる。 今は、エウレカとの約束を破ったことのないホランドを信じるしかない。 そんなところで、月光号へホランドが…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 25話『ワールズ・エンド・ガーデン』

レントンはエウレカに会うため、歩き続けた。 しかしそれも限界。途中で倒れてしまう。 そんなレントンを見つけたのがウィリアム(ウィル)。 お喋りだが心優しい青年。それだけで心が温まる。 ウィルはレントンに妻のマーサを紹介する。 端から見れば絶望病。それはレントンも感じていた。 ホランドはレントンを迎えに出るが、軍のマークが厳しいようで自由に動けないでいる。 レ…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 24話『パラダイス・ロスト』

KLFを撃破するホランドin909。 帰艦するホランドであったが、考え事をしていたせいで入射角が浅すぎ、失敗してしまう。 幸い大事には至らずに済んだが…… ホランドはエウレカやレントンのことをよく考えている。 もう少し周りがサポートしてやれたらと思うね。 レントンの部屋で、エウレカはジャージを見つめる。 そしてそれを着てレントンの仕事を代わりに行う。 エウレカの気持…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 23話『ディファレンシア』

白鳥号ではよく働くレントン。と言っても、やってることは月光号と変わらないのだが。不思議なものだ。 レントンは、レイとチャールズの子供として街におりる。 そこでの光景は痛々しいもの。 どうやらテロによるものらしいとか。 チャールズたちへの依頼。 それはもう助からないであろう娘をヴォダラクの聖地へと連れて行くこと。 外出の解ける明日の早朝、行くことに。 ヴォダラクの…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 22話『クラックポット』

鱗雲。 地殻変動を予兆させる雲が広がっていた。 仲が良いタルホをヒルダ。 そんな二人を見てギジェットは何を思うか…… 病室。 エウレカの面会謝絶が解かれた。 しかし、レントンの家出はエウレカには伏せられたまま。 レントンの家出も医学的に見れば正常ということなのかな。 反抗期だもん。 精神面は安定しないよね。 レントンはボードに乗…

続きを読む

ROBOT魂<SIDE LFO> ニルヴァーシュ type the END

無理して買ったthe END。 初回版ということで幼年期も。 黒いと不気味さもあるけど、これはこれでかわいいかも^^ しかし携帯の、それもサイズ小さめで撮ったから画質が悪すぎる。 バスクードクライシスのパーツも付属。 微妙な差異だけど、この技けっこう好きだったりするから良か。 てかこれどうしようか。 置く場所に困る現在…… RO…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 21話『ランナウェイ』

ヴォダラクの不思議な秘薬(?)で、完全とは言えないが元の姿を取り戻したエウレカ。 役に立ったあの金色の液体。 あの時ホランドが言っていたように使わないで済んだらどれだけ良かったか。 ホランドはエウレカのことについてレントンのせいにするが、これは苦しいところ。 確かにレントンが大きなきっかけとなったのは間違いではないが、それでけではない。 寧ろレントンはエウレカを救った。…

続きを読む

交響詩篇エウレカセブン 20話『サブスタンスアビューズ』

エウレカのことはレントンとホランドたちしか知らない。 事情の知らない子供たちは心配する…… エウレカにまとわりついたスカブは今の医学ではどうすることもできない。 しかしホランドは子供たちに大丈夫だと嘘をつく。 その言葉を信じられないレントンはホランドに喰いかかる。精神的にね。 そこでヴォダラクから通信が入ったと。 処刑されそうなとある人物Xを救出してほしいと。 …

続きを読む