今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?8 其の弐

続きです。 評価項目 ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。 キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。 画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。 演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使わ…

続きを読む

おおかみかくし 12話『嫦娥町奇譚』

事件が終わってからの話。 アイスクリーム店にて。 博士、眠、五十鈴、かなめの4人は、オカルト探究会が正式に部活として認められるのを目指そうとする話し合いをおこなう。 その際の五十鈴とかなめの脳内での博士像は異常なもの。 この二人、何かがおかしいw 既にオカルト研究会のメンバーであることに疑問を持つ博士。正式名はオカルト探究会だが、博士にとってそれは重要ではない。しかし、かな…

続きを読む

おおかみかくし 11話『終焉』

ダム放水の話により、混乱する町民。 そんな中、町田は、便利屋であり製薬会社の担当である賢木に騙されていたことを重三に知らせる。 気付くのが遅かったか…… ダムへと急ぐ眠の耳に、銃声が聞こえる。 そして間もなく、ダムの放水が始まってしまう。 川は大量の水で溢れ、町にも被害を及ぼしていく。一刻も早く止めねばならぬとこ。 眠は駆け付け放水を停止させるが、もう起こってしまった被害を止…

続きを読む

おおかみかくし 10話『八朔祭』

ついにやってきた八朔祭。 正明は、神人の悲しい運命やその存在の意味を考える。 そして、八朔祭は祀られている大神様を鎮めるためのものと推測。八朔は魔を祓うためのものとな。 そんな正明はマナとともに遅れて祭にくるという。博士はかなめとともに祭へ。 メインイベントは、願い事を書いた紙で包んだ八朔を転がす儀式。博士は書けなかったが、かなめは書いたという。どんなことを書いたのか気になるとこ…

続きを読む

おおかみかくし 09話『密室』

眠とともに閉じ込められた博士。 これから何が起きるというのだろうか…… 翌日の学校。 もちろんだが、そこに博士の姿はなく。かなめは博士の家を訪れ事情を聞いてみると、昨晩に知り合いの大学生に戦況を教わると言い出かけたっきりだという。そしてその大学生から、博士が泊まっていくと電話を受けたのだと。 あまり心配していない正明とマナは、それだけ博士を信頼しているのだろうか。むしろ見くび…

続きを読む

おおかみかくし 08話『錯綜』

数え歌を調べていた理由を問われるかなめ。 とことは、そこに秘密があるのか。 そんなとこで眠が現れ、かなめと二人で話すことに。 博士に話した嫦娥オオカミの正体の考えを眠に話す。そしてその考えが間違ったものでないと知る。 「そう。あなたの言うとおり、私たちは嫦娥オオカミ。呪われた宿命を持つ怪物」 うぅむ…… これ以上踏み込まないようにという条件を眠に提示され、かなめは…

続きを読む

おおかみかくし 07話『喪失』

朝起きる博士。 当然ながら、昨日のことは夢でなく。 まわりはいつもと変わらないが、学校には本来ならいるべき人がいない。 それをおかしく感じている人はいるのだろうか……? マナは香織のもとでバイオリンの練習。 いい音ですなぁ…… 放課後。 話があるとことでかなめに呼ばれた博士。 話というのは、嫦娥オオカミのこと。 狼と大神。うぅむ…… かつて存在…

続きを読む

おおかみかくし 06話『恋』

一誠が死んだことを知るのは、家族以外では博士のみ。 とことで、五十鈴のことを気にかけることができるのも博士のみだが、その心配を気にせず五十鈴は今までの元気さを見せてその心を偽る。 博士は自分に何でも打ち明けるように言うが、 「僕だって…博くんに何でも打ち明けたい……」 しかし打ち明けられない理由があるとことだろう。 マナは博士引率のもとに香織のもとを訪れバイオリンを習う…

続きを読む

おおかみかくし 05話『暴走』

いつもと変わらない朝。 しかし嫌な予感を感じている博士。そこにかなめがやってくる。 が、博士ビビりすぎだろw 今日は五十鈴と一緒に来なかった博士。眠の視線が気になってか、眠に話しかけることに。 医者の重次のことについても話すが、周りのようすは微妙なもの。 かなめが止めに入るが、そんなところで担任がやってくる。 その頃、五十鈴は欠席で家に。 一誠の様子がおかしくなったこと…

続きを読む

おおかみかくし 04話『予感』

路地裏でいちゃつく男女で始まる今回。 その様子は何を示すものか…… 放課後。 かなめが図書室に調べ物があるとことで、博士と五十鈴はそれを手伝うことに。 かなめが調べたかったのはこの嫦娥町の民話の伝承。つまりは都市伝説だと。 例えば、行列のなす赤い蛍。見た者には不幸が訪れると言われているが、その蛍が実際に発見されたことがない。 または八朔。八朔は八つ裂きにすると…

続きを読む

おおかみかくし 03話『衝動』

一誠の車に乗り、博士たちはおでかけすることに。 着いたのは川。 自然に囲まれたいい場所だなぁ…… 食料調達のため、まずは釣りをする。 五十鈴やかなめは入れ食い状態なのに、何故か博士は釣れずw ようやく何か釣れたと思いきや空き缶。あまり笑ってやるもんでもないと思うんだけどな…… 食料調達が終わり、バーベキューの準備。 自然に囲まれた嫦娥町はいいところ。そう考えれば…

続きを読む

おおかみかくし 02話『兄妹』

博士父が話す嫦娥町に伝わる言い伝えと童歌。 面白そうな話ではあるが、現実として信じられるようなものではないだろう。 朝の登校。 博士は未だに小笠原のことが気になっていたが、五十鈴にその話をするとやはり詮索しないようにされる。 周りの生徒から未だ興味を持たれている博士は、この町の言い伝えに関する狼の話を訊いてみる。が、どうやら周りの人たちはそのことを知らない様子。 …

続きを読む

おおかみかくし 01話『嫦娥町』

九澄博士のことを追い詰める(?)摘花五十鈴。 初っ端から怖いわw そんな二人のところへ大きな鎌を持った何者かが襲いかかってくる。 かぶってる仮面が不気味だ。 主人公の博士は、父親の正明、妹のマナと共に嫦娥町に引っ越してきた。全てはここから始まったか。 引っ越してきたばかりの博士の前に、五十鈴が現れる。 博士はすぐに気に入られ、会っていきなりなのに抱きつかれる。 …

続きを読む