偽物語 11話『つきひフェニックス 其ノ肆』

忍によると、今回のはホトトギスの怪異だという。 托卵する修正がまんま怪異にも表れており、厳密に言うならば阿良々木のご母堂に怪異がついていたというわけ。15年以上前に胎内に怪異を宿し、その結果が月火なのだと。 怪異としては無害な部類だというが、偽物だということと不死身だということが問題。寿命まで生き切り死んでは転生。そうしてこの怪異は現代まで生きてきたのだ。まったくおかしな状況だ…… …

続きを読む

偽物語 10話『つきひフェニックス 其ノ參』

折り入って相談したいことがあると、忍が阿良々木に話しかける。 何やら深刻な話のようで、それに耳を傾けてみると…… 「ミスタードーナツが…今、…全品100円セールをおこなっておるらしいのじゃ!」 ドーナツ祭開催中……ですね(´・ω・`) ちなみにちょうど昨日食べたばっかりだったりします(´・ω・`) 阿良々木は夕食前に気分転換がてら買いに行ってやると言うも、忍はこの目で見て買いた…

続きを読む

偽物語 09話『つきひフェニックス 其ノ貳』

約束を果たすのはなるべく早い方がいいだろうからと、月火の千枚通しの魔手から逃れ得た阿良々木はその直後、駿河に電話をかけた。 しかし駿河は困った旨を伝える。何故彼女がこんなにまで慌てた様子なのかと言うと…… 「妹さんの処女なんてもらえないよ!」 「誰がやるか! お前にやるくらいだったら、僕がもらうわ!」 でもやめてね(´・ω・`) 紆余曲折あった末、正午過ぎに火憐を連れていく約束…

続きを読む

偽物語 08話『つきひフェニックス 其ノ壹』

阿良々木月火ノ正體ヲ開示スルコトニヨツテ ソレデハイヨイヨ僕達ノ物語ニ終止符ヲ打ツコトニシヨウ アノ小賢シクモ小ウルサイ チツチヤイ方ノ妹ノ話デ 僕ト僕ノ愛スベキ仲間達ノエピソードハ完結ダ 阿良々木月火 ファイヤーシスターズノ片割レ 下ノ妹 チツチヤイ方ノ妹 中學二年生デ 四月生マレデ 14歳デ B型デ ヒステリックデ―――― ズル賢ク 感情ガ ピー…

続きを読む

偽物語 07話『かれんビー 其ノ漆』

すぐに火憐を見つけた阿良々木。 だが、彼女はやはりそう簡単に止まりそうにない。 火憐はマジな喧嘩で自分の言い分を納得させようとする。しかしもちろん阿良々木がそれに乗るわけがない。火憐の状態だって通常じゃないのだから。 しかしそんな考えなど知ったこっちゃない火憐。彼女がいつの間にか懐に近付いてきたと思いきや、阿良々木は投げ倒されていた。 この技は道場以外で使うなと言われていた大技。…

続きを読む

偽物語 06話『かれんビー 其ノ陸』

結果から言えば、囲い火蜂の毒を全て阿良々木に移すことはできなかった。 ただそれでも熱はある程度引いたとことで、翌日阿良々木は外出する。 早速真宵を発見。いつものように……ではなく、普通に彼女と接触する。 「阿良々木さんですか」 「いや、名前噛めよ!」 いやいや(´・ω・`) 真宵が今まで嫌がっていたのは単なる振りだったとのことで、それに応えられなかった阿良々木に対して辛辣…

続きを読む

偽物語 05話『かれんビー 其ノ伍』

でっかい方が羽川に看てもらっている間に、阿良々木はちっちゃい方から詳しいことを聞く。 その前に一つ条件を提示しようとする月火。そんな立場じゃないように見えても妹だから出せると言い、それに対し阿良々木は兄だから断ると、どちらも譲ろうとしない。 結局月火の方が諦めたが、どんな条件を出すつもりだったのか訊いてみると、これまでに散々言っていたことの繰り返しだった。要は火憐を怒るなと。月火になら怒…

続きを読む

偽物語 04話『かれんビー 其ノ肆』

「あたしは正しい」 帰ったら武勇伝が聞けるはずだったのに、火憐は何があったのかそう主張する。 阿良々木が詳しく事情を訊こうとするも、火憐はそれに答えたがらず。そんな彼女に阿良々木は手をあげかけるが、 「阿良々木くん」 羽川が制止する。 以前、羽川が父に叩かれた時、阿良々木はすごく怒ったことがある。その阿良々木がどうして火憐を叩こうとするのか。そんなことを言われたらば、阿良々…

続きを読む

偽物語 03話『かれんビー 其ノ參』

目を見張るものがある阿良々木の清掃スキルにより、だいたい形にはなるほどに片付いてきた。 「私は阿良々木先輩のそのスキルが見たくてこうして部屋をちらかしているのかもしれないな」 迷惑ッス(´・ω・`) 「阿良々木先輩は、いいお嫁さんになる」 「なりたくねぇ!」 まあ実際そんなことになったら……ポジションが逆であっても、駿河と阿良々木はひたぎに殺されるだろう。 駿河は阿良々木…

続きを読む

偽物語 02話『かれんビー 其ノ貳』

上の妹・阿良々木火憐。 6月末に誕生日を迎え15歳になった中学3年生。子供の頃から運動が得意な活発な奴であったが、その才能はどうやら戦闘行為にこそ向いていたらしく、あっという間に空手の黒帯をとった。その姿ははまりすぎていてあんまり女の子という感じはない。男勝りとまでは言わないにしても、攻撃的な釣り目も手伝ってどこかボーイッシュである。 下の妹・阿良々木月火。 4月の頭に誕生日を迎え14…

続きを読む

偽物語 01話『かれんビー 其ノ壹』

あまりに脈絡のない展開で申し訳ないことを前置きにして。 『どうやら、拉致監禁されてしまったらしい』 夏休みに入っておよそ十日が過ぎた7月29日のこと。もしかしたらもう30日になってしまっているかもしれないが。 捕まり身動きがとれないでいた阿良々木の前に、ひたぎが現れる。 「戦場ヶ原、手錠を外せ」 「嫌よ」 ふむ……(´・ω・`) 「やっぱお前が犯人かよ!」 な…

続きを読む

今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9 其の壱

『ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人』様の「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?9」企画に今回も参加させていただこうと思います ^^ 評価する項目は以下のようになってます。 ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。 キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合ってい…

続きを読む

化物語 15話『つばさキャット 其ノ伍』

羽川は阿良々木のことが好き。それはブラック羽川が言うのだから事実なのだろう。 そうだとしたら、阿良々木が別の相手と付き合いそれを見せつけられたとあらば、ストレスが溜まっても仕方のないところ。 傍から見たら、羽川は阿良々木のことを応援しているように見える。しかし、それは羽川の性格故。略奪愛などできぬその性格は自身を余計苦しめてしまっているのであろう。 「そんな……羽川が…………」 …

続きを読む

化物語 14話『つばさキャット 其の肆』

「ニャーハハハ」 そんな開始。 ブラック羽川が出てきたのは、羽川のストレスが再び溜まったから。 そして、羽川が頭痛に悩まされたのは、その再びを感知するため。それでとりあえずは早期発見することができたとことか。 しかし、問題はそのストレスの原因。 こうも短期間に、今まで溜めてきたものと同等のストレスが溜まるのかは気になるとこ。 対処法については、言葉を濁すメメ。 「僕は猫…

続きを読む

化物語 13話『つばさキャット 其の參』

阿良々木は戦場ヶ原のことを思い出しニヤニヤ。 上機嫌に自転車をこぐ。 そんなところで真宵を発見。 気付かれないように忍び寄り…… 「八九寺~!! 久し振りじゃねぇかこの~!!」 とすり寄る。 「もっと触らせろ、もっと抱きつかせろ! パンツ見ちゃうぞ、このこのこの~!!」 上機嫌なのはいいがどう考えてもやり過ぎだからw とことで、真宵も暴走してしまう。 …

続きを読む

化物語 12話『つばさキャット 其の貳』

「デートをします」 戦場ヶ原のそんな言葉から始まった今回。 阿良々木とラブラブなシチュエーションを披露するが、阿良々木はそんな戦場ヶ原に怯える。なんて贅沢な。 阿良々木のほっぺたに付いている(付けた)ご飯粒を取ってやると言う戦場ヶ原。 ……捨てるんだw 阿良々木は戦場ヶ原のデートの誘いを渋々受ける。 文化祭の準備が終わり次第戦場ヶ原の家に来るようにとのこと。 それは…

続きを読む

化物語 11話『つばさキャット 其の壹』

ゴールデンウィーク。 羽川の今の両親は本当の両親じゃない。羽川は、自身は邪魔な存在であるのだと言う。 だから羽川はいい子になろうとしたのだと。周りの偏見の目があっても、その程度のことじゃ変わらないと決めていた羽川。強いな。 今朝も父親に殴られたのだという羽川。しかしそれは仕方のないことだと考える。 しかし阿良々木にとってはほっとけないことだろうな。 羽川は、このことは誰にも…

続きを読む

化物語 10話『なでこスネイク 其の貳』

蛇切縄。 それが今回の怪異。 撫子に呪いをかけたのはクラスメイト。その友達が好きだった男の子が撫子に告って、撫子がそうとは知らずに振ったのだと。 そのためにかかった呪いを解くために、蛇殺しをしていたという撫子。 それは正しい行為であるはず。しかし、手順の間違いと運の悪さが、呪いを解くのを妨げた。 帰宅した阿良々木は、解呪の術を教える。 それには、神社で儀式をすることが…

続きを読む

化物語 09話『なでこスネイク 其の壹』

「僕が千石撫子に最後に会ったのは、6年以上も前のことだ」 という阿良々木は、駿河と腕を組みながら階段を上る。 そんな阿良々木の横をすれ違っていたのが撫子。そこで気付いていればというが…… すれ違った少女はかわいい女の子。駿河が言うと危なく感じて仕方がないよ。 阿良々木はメメに頼まれこの山に来たのだと。神社の本殿にお札を一枚貼るというのが阿良々木の仕事。借金をしてるからしょうが…

続きを読む

化物語 08話『するがモンキー 其の參』

亡き母に託された左手のミイラに、足が速くなるように願ったという駿河。 徒競走で一番になりたいと願ったがために、一緒に走る予定の4人の生徒たちは化け物に襲われる。 運が悪ければ死んでいたかもしれない。 それを知った駿河。 2つ目に願うことがあるとすれば、一つ目の願いをキャンセルする。 しかし、一つ目の願いの叶い方を知った以上は、それすらもできないでいた。 徒競走で一緒に走る…

続きを読む

化物語 07話『するがモンキー 其の貳』

倒れている阿良々木だが、金を忘れていったことをまず責められる。 が、一応は心配される。 阿良々木は一人で転んだと言うが、それで自転車は電柱にめり込まないだろw 倒れている阿良々木に、戦場ヶ原は大サービス。 これだけで元気になるんじゃないか、阿良々木は。 翌日、阿良々木は駿河の家を訪れる。 が、その部屋の本の山は尋常ではない。 それを片づけた後、改めて話をというところ…

続きを読む

化物語 06話『するがモンキー 其の壹』

初っ端から普通に阿良々木に話しかけてくる真宵。 普通すぎだろ。 テストが近いため、阿良々木は戦場ヶ原の家に勉強を教えにもらいに行く。 阿良々木と真宵が話しながら歩いているところを、一人の女生徒が豪快に跳ぶ。 阿良々木先輩と呼ぶ彼女は、神原駿河。 真宵はいつの間にか逃げていた。 こんな仕組まれた奇遇があるかとは、まさに核心を突いた言葉。 駿河は阿良々木を追ってきたとい…

続きを読む

化物語 総集編『化物語スペシャル』

阿良々木……というより神谷の語りで進行する総集編。 キャラが語ってるというわけでもなく、文字通りそのままの総集編。 しかしその語りすら特徴的。機械的な喋りがまたツボる。 内容的には、まんまひたぎクラブとまよいマイマイ。 ひたぎクラブの方では、ひたすら戦場ヶ原。 その変化は目まぐるしいものだった。 まよいマイマイでは、阿良々木の大人げなさがよくわかる。 …

続きを読む

化物語 05話『まよいマイマイ 其の參』

お腹が空いたという真宵は、食べ物なら何でも好きだと言う。 阿良々木の手も美味しかったと言うが、リアルに血肉を口に含んだからマジで洒落になんねぇ。 母親に会いたいという真宵。 一緒に住んでる者にはわからない気持ちか。 阿良々木はいい子で、親に感謝していた。 しかしその分、高校で勉強についていけなくなるとその反動が出てしまった。 いつまでも大人になれない子供。それが阿良々木。…

続きを読む

化物語 04話『まよいマイマイ 其の貳』

迷い牛。 メメによると、それが今回の犯人だとか。いや、人ではないけど。 戦場ヶ原の案内で目的地へと向かう一行。 戦場ヶ原が住んでいた場所は、現在では道になっている。 悲しいね、こういうの。 浅学菲才な阿良々木。 返す言葉もないか。 真宵は目的地を問う阿良々木に黙秘権を行使。 真宵にとって、これくらいの迷いは日常茶飯事ではなく、日常自販機。定価販…

続きを読む

化物語 03話『まよいマイマイ 其の壹』

母の日。 日曜の公園に一人の阿良々木は、一人の少女を発見。 その少女が去ってしまうのを残念に思うのはいいのやら悪いのやら…… んでもっていつものような書き方になってしまっている我もいいのやら悪いのやら…… 孤独な阿良々木のもとに戦場ヶ原。 私服に至福ですぁ。 見蕩れる阿良々木には納得。 蕩れるは萌えのさらに一段上の言葉だとか 戦場ヶ原蕩れ~。 …

続きを読む

化物語 02話『ひたぎクラブ 其の貳』

前回の続きとして、戦場ヶ原の体重を戻すために蟹と相対する今回の序盤はサービスシーン。 それを目の前で見た阿良々木w 阿良々木のいじられっぷりは個人的にかなり好きかも。 戦場ヶ原もこのいじりがいのある阿良々木を気に入ってるんじゃないかな。 頭の中に脳が入ってることを本気で驚かれたときの阿良々木の表情はとても魅力的。 そして本題。 蟹が神様であることは事実…

続きを読む

化物語 01話『ひたぎクラブ 其の壹』

一ヶ月以上遅れて見ることとなった化物語。 最初っから新房×シャフトってな感じで、独特な演出が怒涛。いつものような書き方は難しそうだから。簡単な書き方をしようかなと思ふ。 主人公は阿良々木暦。 戦場ヶ原ひたぎ、羽川翼、忍野メメ、忍野忍。 ここらが今回の主な登場人物。 戦場ヶ原が阿良々木をカッターとホッチキスで動きを止めるとこは怖かったな。 なんだろ、陰がやっぱそう感じさせる…

続きを読む