[ C ] #11『control(未来)』

運命ではなく必然。 でもそれを運命と呼ぶか。 決済までは一時間ほどという今この時、公麿と壮一郎のディールが開始される。 オーロールを使ってくる壮一郎に対し、公麿は5000万のミクロフレーションで攻撃を仕掛ける。 壮一郎は…… 「10億!」 ダイレクトで公麿への直接攻撃を試みる。 公麿を守ろうとする真朱は黒煙で撹乱を試みるも、それをあっという間に振り払われ、自分もオー…

続きを読む

[ C ] #10『collision(衝突)』

アメリカ市場が動き出した。 世界中の通貨をつぎ込み、Cの連鎖を止めようとする。それにより、連鎖ははじき返されて再び日本へと襲いかかることに…… 壮一郎は輪転機を再び動かすよう真坂木に申し出る。 もちろん、そのための担保はまた新たに必要となる。 多くのアセットが苦しみだす…… 二度も輪転機に手を出した壮一郎を止めたいところだが、輪転機を動かすことができるのはダークネスカー…

続きを読む

[ C ] #09『collapse(破綻)』

3時間前。 東南アジアの市場で変動が起き、それは世界的な規模の金融危機に繋がるのではないかと懸念されていた。 それは金融街のせいではないか。 各国のお偉方は直接にそこに行けているわけではないが、情報としての知識は持っていた。カリブ共和国があったはずだということも、一応は知っている。それが消失したのは南米金融街の破綻によるもので、リーマンショックもそれに連鎖するものであった。金融街を出入りす…

続きを読む

[ C ] #08『confidence(信用)』

東南アジア金融街。 そこは近々破綻すると予想されていた。 金融街が破綻すると国が消える。それは前からここにいた者ならば知っていること。 カリブ海はかつて陸地だったが、南米金融街の破綻により国ごと消えたのだと。なんと恐ろしいことか…… 日本も確実に変わってきている。 それでも、情報屋の竹田崎はいつもと変わらぬ調子でサトウに情報を売る。 新しい情報は、椋鳥の中に一人寝返りそうな者…

続きを読む

[ C ] #07『composition(組成)』

金は金。しかし、それを束ねることで力となる。 壮一郎は父親にそう教わった。 大学を卒業し、壮一郎は父親の秘書になった。 見て考えて学ぶ。それが、今の彼に繋がっている。 父親がやっていたのはネットワーク作り。金で強固な絆を形成し、助け合いの“力”を形成した。 それは既にあるシステムで、そこに父親が入っていっただけのことである。 壮一郎が大学時代に組んでいたバンドは契約寸前で…

続きを読む

[ C ] #06『conflict(葛藤)』

宣野座功(29)。 57戦56勝1敗。 個人資産98億7000万円。 そんな彼の次の対戦相手が公麿であった。 その前に、公麿はある者とディールを行う。 まずはアセットを倒し、その後はアントレから消費した分をいただき僅差の勝利を手にする。 公麿もこちらのディールに慣れてきたか。 真朱も勝つことで気分が良くなることを実感する。 そんなところでお腹ぺこぺこ。 カップラーメ…

続きを読む

[ C ] #05『cultivation(修練)』

壮一郎の仲間たちは順調に僅差の勝利をおさめていた。 それは現実への影響を最小に抑えるために必要なことで、そのことに一番大切なのは量る力。相手はもちろんのこと、自分の力を誤差なく完璧に把握しておくことである。 「資産、知識、IQ、運動能力、あらゆることだ。多岐にわたり正確に把握しているほど、多角的に相手を量ることができる」 アセットももちろんね。 ディールをコントロールするテス…

続きを読む

[ C ] #04『conversion(転換)』

戦闘開始。 公麿の二度目のディール相手は、彼のよく知る講師である江原だった。 彼の妻は三人目の子供を身篭っており、公麿をそれを見たばかり。なのに戦わなければならない。 負けるわけにはいかない公麿は、メゾ・フレーションで勝利を手にする。 それは、傷ついた公麿を気遣った真朱がアセット株を売ったために手にしたものでもある。アセットにもともと備わっている十株のうち九株まで売ることができる…

続きを読む

[ C ] #03『cospiracy(陰謀)』

金融街は世界各国に存在し、その規模は国の経済状況に比例する。 極東金融街はその中でも広大。 サトウはそこへとやってくる。 ディール目的でやってきたわけではない彼女は、実質的にこの街を牛耳っている男と、彼が手なずけようとしている少年を観察する。 彼の二度目のディールの行く末がそのまま待ちの行く末になる。そう彼女は実感していたのだから―― 公麿は壮一郎とのことを思い出す…

続きを読む

[ C ] #02『coincidence(暗合)』

金融街の中心・ミダス銀行広場へと到着~♪ なんて、楽しい気分にはなれないだろう公麿は。アントレは週一回、ディールという名の取引に参加しなければならない。その勝負に負ければ、ここでは終わりなのだから。 そんな公麿だが、ここへ来て早速勝負をしなければならなくなる。 とことで、カードの表面をなぞりアセットを呼ぶ。すると、真朱という少女が出てくる。 「あんた同様新人なんでよろしく」 い…

続きを読む

[ C ] #01『complication(複雑)』

Automated Teller Machine。 男はそこでとあるカードを使う。 暗証番号は666。対戦相手を指名したその男はその後、近くにやってきた怪しい車へと乗りこむ。 「金融街へ」 車は加速し、壁の向こうへと消えていく。 三國壮一郎。彼のもとに真坂木という男からディールの時間であることが告げられる。 予定は明日のはずであったが、ディールを受けるのは決まり。とこ…

続きを読む