みつどもえ 増量中! 08話『みつごは続くよどこまでも』

ガチピンクに恨みがあるような様子のひとはであったがそうではなく、サイン&握手会に参加とのことでその練習をしていた。 みつばにも協力してもらい練習するものの、かなり不安なところだ……。 当日。 38.0度の熱が出てしまい困ったところ。しかしながらそれが功を奏したか綺麗なひとはになり、無理をして会場へと赴くことに。 もともとはグラビアアイドルだけあって、危ない人が多いその会場の中で、…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 07話『みそじもえ?』

メリークリスマス! とことで、またもクリスマスw 杉崎に頼まれて龍太へプレゼントを渡すサンタ役を担うことになったみつばだったが失敗。その他にも集まっているクラスメイトに代わりをしてもらうことに。 しかし、個性的な面々ばかりであるため、すぐ気付かれてしまうことだろう。 吉岡は眉毛でばれ、宮下は……宮下は……ばれずw しかしそれが逆に彼女を傷つけ、結局は失敗に終わる。 続いて…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 06話『トイレがあいてないなら雪の上にすればいいじゃない』

今年もあとわずか。 そんな年明け間近において、三つ子は3人同時に腹痛をおこす。 みつばはミカンの皮で汁を飛ばし、2人がそれにムスカっている内にトイレへ。 用を足したのは年越し5分前。まだいつ調子悪くなるともわからないため、みつばは新年になるギリギリまでトイレに居座ろうとしていた。 我慢しきれないふたばは隣の家へ…… だいぶ安定してきたところで、みつばはトイレを出ようとする。しか…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 05話『沈黙の教室』

消しゴムに好きな人の名前を書いて使いきると両想いになれる。 その話を聞いてしまった緒方たちは、早速消しゴムに佐藤の名前を書くことに。 細かく刻んで自分ルールを作る緒方。その姿は実に怖い。 そんな中、伊藤は佐藤の消しゴムに目をつける。 授業開始時。 床に落ちた佐藤の消しゴムを拾ってみると、そこには伊藤の名前が書かれていた。 佐藤は伊藤が好きなのかという話で教室が盛り上がる中…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 04話『ビューティフルトラウマー』

水泳の授業前。 ふたばが作った即席滑り台に挑戦するみつばや杉崎たちであったが、あくまで即席で作ったものであったため、みつばは水着を引っかけて破いてしまう。 周りの者たちも同様の様子であったが、もし違ったらと考えると言いだせず。 授業が始まったところで、お尻に開いた穴を隠すため、みつばはひとはのビート板をかっぱらう。 皆もそれに倣うが…… そりゃこうなるわなw 授業の最…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 03話『変態ざかりの君たちへ』

佐藤の前に巨乳のふたばが現れる。 実際はクリスマスプレゼントに貰ったものを使った虚乳で、気に入ってるようで何よりといったところだろう。 ふたばが18歳以上に見せようと巨乳にしていた理由は、エッチな本を買って千葉にプレゼントしようとしたため。千葉のためというのは素敵だが、それがエッチな本をプレゼントとことになるのが悲しい。 佐藤は、ふたばが絵を描いてプレゼントすればいいと言い、早速丸…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 02話『丸井家、もう一杯!』

遊園地に行った時の写真が出来上がり、ふたばはそれを佐藤に見せる。 ひとははガチレンジャーと撮った写真を見つめ満足気。その写真をみつばにとられ、返すのと引き換えに酷な条件を突きつけられるが…… 「大きくなーれ大きくなーれ大きくなーれ……」 みつばの肉に呪いをかけ、写真を取り返す。 みつばも厄介なところであったが、それ以上に面倒な相手に写真のことが見つかってしまう。 それは…

続きを読む

みつどもえ 増量中! 01話『狙われた子供たち! 日本滅亡カウントダウン!』

毎度ガチレンジャーにやられる悪の組織。 彼らは少子化問題につけ込み、子供を狙う作戦に取り掛かる。 とことで、早速カニラゴンで子供たちを泡へと変えてしまう。 子供たちが泡になった現場を、春菜桃子とゲスラゴンがともに通るが、華麗にスルー。何度もそういった現場を通り過ぎることで、いたるところで泡だらけだということにようやく気付くが、深く疑問に思わず基地(喫茶店)に戻る。 そこで、子供た…

続きを読む

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 其の参

続きです。 ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。 キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。 画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。 演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。…

続きを読む

みつどもえ 13話『丸井さんの家庭の日常』

体調最悪のふたばであったが、体育があるとことで意地でも登校する。 ふたばが放つ負のオーラから、千葉はふたばがひとはだと空目。それほどまでにふたばはボロボロだった。 千葉だけが勘違いするならまだしも、ついにはチクビまでもがふたばに寄って行ってしまう。 イラッとしたひとはは負のオーラを出し、千葉はようやくひとはの存在に気付く。 ひとはの判別法はオーラなんですねw ひとははふたばを押…

続きを読む

みつどもえ 12話『君に届かない』

机に乗って蛍光灯を交換しようと試みるひとはであったが届かず。しかも高いのは苦手であったため通りがかった宮下に頼もうとするも、肩車してもらうことになってしまう。 さすがに机+肩車の高さは無理があったため、ひとはは宮下を拒絶する。 そのことにショックを受ける宮下は、他の変わり者たちとは違うんだと自分に言い聞かせる。 そんなところで吉岡からこっくりさんをやらないかと誘われる。 「恋愛の…

続きを読む

みつどもえ 11話『マジで変する5秒前』

ひとはの頬をぷにぷにして癒されるふたば。 Cカップくらいだと喜んでいたところで、新たなぷにぷにを発見する。 それはみつばのお腹。そのぜい肉はIカップに相当するとことで、ふたばは幸せそう、みつばは悲しそう。 翌日。 太り気味を気にして朝食を抜いたみつば。そんな彼女のもとに、ひとはが広告を見せる。 そこに載っていたのは、バイブシェイプベルトⅡ。魅力的だったが全然安くなく、どうし…

続きを読む

みつどもえ 10話『×××になる』

1年生とのふれあい学習。 ひとはの傍にいたみつばの周りに子供は集まらなかったが、木を蹴りだす少年が現れる。 これはいけない。自然現象でできたものは自然現象で散るのが必然でなければならないため(そんなことを考えたかは別だけど)、みつばはその少年に自然破壊は禁止だと注意する。 「ストレス解消なら許すけど」 ダメだってのw 少年によると、ラジコンが引っ掛かったとのこと。そんなものを持…

続きを読む

みつどもえ 09話『変人はサンタクロース』

いつもと違いひとはが興奮気味に秘蔵本を読んでいることに気付いた千葉。 とんでもなく極上なブツに違いないと考える千葉であったが、ひとはが読んでいたのはガチレンジャーの公式ガイドブックだった。 千葉はその本を密かに覗こうとするが見えず。しかし、見られたと思ったひとはは(ガチレンジャーのことが)好きなのか千葉に問う。もちろん、千葉は(エロが)好きだと言う。 またもすれ違い勘違いか。 ひ…

続きを読む

みつどもえ 08話『RUNNER』

体育の余った時間でドロケイをすることに。 懐かしい…… ドロケイ 鬼ごっこの一種 泥棒と警察ごっこの略 みつばはひとはと相談し、みつばがふたばを引きつけているうちにひとはが囚人を解放するとことに。 そこへふたばがやってくる。早速その作戦を実行するかと思われたが、みつばはひとはををふたばの前に投げ出す。 最低すぎる…… しかし、ふたばはひとはを捕まえず、逃げるみつばを追…

続きを読む

みつどもえ 07話『ガチで愛してしょうがない!?』

家の掃除をしていたひとはは、テレビでやっている特撮ヒーローに目を移す。 最初はくだらないと思っていたものの、次第にそれに惹かれていく。 ノリノリで掃除機を突きあげ、ちょうどやってきた草次郎の顔近くに掃除機をあててしまう。 「何かな? これは。 パパの顔も掃除しろってこと?」 まあそんなとこw 翌日。 登校したひとははガチレンジャーの素晴らしさを教えたい、分かち合いたいと思…

続きを読む

みつどもえ 06話『帽子とパンツはかぶるためにある!?』

AM2:00運動会前夜 校庭に一人、ふたばが立っていた。 そしてその深夜の学校に侵入しようとする不審者が…… 「パパー!」 草次郎でした。 またも警察に御用になりそうな草次郎であったが、ふたばによりなんとか無実を証明される。 警官は疑いつつもその場を後にする…… 草次郎がこんな時間にここに来たのは、明日が運動会で我慢できず外に出たふたばを追いかけるため。 そのふたばは…

続きを読む

みつどもえ 05話『ブラ! ブラ! ブタ!』

みつばはブラを前にして悩む…… それは、少し前での教室での出来事が原因である。 吉岡ゆき 争いごとがきらいで恋話が好き。 眉毛がトレードマーク 宮下 6年3組で唯一の常識人。 面倒見の良さが後に災いする事を彼女はまだ知らない…。 杉崎みく みつばのことが大嫌いなブルジョワ。 みつばはこの3人にブラをしていると公言してしまったがために、ブラを買おうと店に来ている…

続きを読む

みつどもえ 04話『乳と白パンツと小生』

先生をかこうというテーマの授業。 智をモデルとしたそれで、一番に描き上げたのはふたばだった。イマジネーションを膨らませたといその絵は、智の胸まで膨らませていた。とことで当然描き直しとなるが、ふたばのおっぱい画を侮るなかれとひとはは言う。 ひとはがチクビの絵を描いていたのはともかくとして、ふたばはおっぱい職人なのだという。 「その洗練されたおっぱいは、どんな芸術家のそれよりも美しく、そし…

続きを読む

みつどもえ 03話『不審者がいっぱい』

夏なのにまた風邪っぽいふたばに話しかける男子。 佐藤信也 …たぶん優等生… ふたばによると、パンツをはかないとどれだけ涼しくなるかという実験だという。ふたばも佐藤に勧めるが、当然やらず。 佐藤がふたばと仲がいいのは幼馴染であるため。だからといってパンツを見たことがあるわけがない。 そんな佐藤に話しかけるのは、漫画のヒロインのパンツを見ようと試みる男子。 健康優良児 千葉…

続きを読む

みつどもえ 02話『三つ子がとまらない』

寒さの残る春先。 風邪をひくもキャラ作りを大事にするふたばは無理して登校。うつされたら困るとことで心配するみつばだったが、ふたばのパワフルなくしゃみをくらいまたも流血。保健室というか病院ものだ。 授業中も鼻水が止まらないふたば。ティッシュも尽きたとことで、神ならず紙に見放される。 そんなところでくしゃみをし、伸びた鼻水が智にくっついてしまう。さらにそれがどんどんと巻きつき…… こ…

続きを読む

みつどもえ 01話『丸井家! 良い子 悪い子 恐ろしい子!!』

小学校。 矢部智は念願が叶い、小学校の先生となった。 保健の栗山愛子とともに新任の挨拶を終えた智の担当は6年3組。 楽しみにしていた智だったが、そこはとんでもない教室だった。 激しくハイなそのテンション、生徒たちは次々に倒れ…… 「ちょ、ちょっと待って。これは戦争じゃなくて……何でもバスケットでしょーー!!」 そんなゲームがあったっけっかなぁ。もちろん、戦争じゃないの…

続きを読む